※本ページはプロモーションが含まれています。

「ダンダダン」祝アニメ化!でも怖い、気持ち悪い、パクリ…面白さの裏側を探る

ダンダダン
この記事を読んで「ダンダダン」の分かる事
▶この漫画のおおよそのあらすじ
▶アニメ化決定!現時点で決まっている全容
▶この作品の面白さ、見どころ
▶各SNSなどで、ジョジョのパクリと言われている理由
▶怖い、気持ち悪いなどの悪評がどんなものなのか
▶電子書籍で漫画を読むとお得な情報が分かる
「ダンダダン」を読むなら、電子書籍がオススメ!

 

\今なら70%OFFクーポン×6枚をもらえる!/

(↑クリックで公式サイトへジャンプします)

★今ならクーポンでお得に買えて『各528円➡︎158円』になります!!
★ebookjapanの魅力★
70%OFFクーポン×6枚をもらえる
PayPayポイントがザクザク貯まる&使える
日替わりクーポンの割引率が高い
ソフトバンクユーザーは最大35%OFFで買い物できる(毎週金曜)
その他ユーザーも最大18%OFFで買い物できる(毎週金曜)
★こんな人にオススメ★
PayPayを利用している方
長く愛用したいと思える電子書籍のサイトを探している方
ソフトバンク、ワイモバイルユーザー、Yahoo!プレミアム会員の方

\「ダンダダン」がお得に読める!/
スポンサーリンク

「ダンダダン」あらすじ

ダンダダン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
幽霊肯定派の女子校生・綾瀬桃と、同級生の怪奇現象オタク・オカルト君。互いに否定するUFOと怪異を信じさせるため、桃はUFOスポットの病院廃墟へ、オカルト君は心霊スポットのトンネルへ行くのだが…。運命の恋が始まる!? オカルティック怪奇バトル...

地味で目立たないオカルト愛好者の高倉健は、一部のクラスメイトからいじめを受けており、その中で綾瀬桃が高倉を助ける事となりました。

この出来事が契機となり、高倉と桃は初めて対話することとなります。

高倉は超能力やUFOを信じていますが、幽霊には否定的である一方、桃は幽霊以外のオカルトに対して否定的でした。

二人は異なる立場から意見を述べ合い、お互いの主張を証明しようとする流れとなります。

その夜、高倉は桃が指定した隣市の心霊スポットのトンネルへ向かい、一方の桃は高倉が指定したUFOの聖地へと向かいました。

高倉はそこで妖怪・ターボババアに呪われ、男性器を奪われるという出来事が起きます。

一方、桃は宇宙人のセルポ星人によって誘拐され、繁殖活動の実験体として襲われそうになります。

しかし、桃はチャクラが刺激され超能力に目覚め、高倉もターボババアの呪いから人間離れしたパワーを手に入れることになります。

この危機を乗り越えた二人ですが、高倉の男性器は未だに奪われたままでした。

綾瀬星子から呪いを解くには除霊が必要だと聞かされた高倉と桃は、再びトンネルへと向かうことになるのです。

スポンサーリンク

「ダンダダン」アニメ化決定!!

2024年、10月に『ダンダダン』(作者:龍幸伸)が、少年ジャンプ+にて連載中の漫画として、テレビアニメ化が決定いたしました。

本アニメーションの制作は、アニメ映画『犬王』やテレビアニメ『映像研には手を出すな!』などで知られる制作会社であるサイエンスSARUが担当致します。

併せて、ティザービジュアルと約45秒のプロモーションビデオ(PV)が一般公開されました。

キャスト情報に関しては、12月16日に開催された「ジャンプフェスタ」のステージイベントにおいて発表され、若山詩音がモモ(綾瀬桃)役、花江夏樹がオカルン(高倉健)役、田中真弓がターボババア役、そして中井和哉がセルポ星人役を演じることが決定しました。

4人のキャストからコメントが寄せられており、さらにはキャラクターボイスが聞ける「ティザーPV-CharacterVoiceVer.」も公開されています。

TVアニメ「ダンダダン」ティザーPV-CharacterVoiceVer.-|2024年10月TVアニメ放送開始

若山詩音は、霊媒師の家系に生まれた女子高生・モモの役柄について、「モモは非常に力強いキャラクターなので、私はそのエネルギーに負けないよう、全身全霊で、体力が擦り切れるほどの全力で演じるつもりです」とコメントしました。

一方、花江夏樹が演じるオカルンは、オカルトに夢中な男子高生であり、「原作を読みながら役にどのようなアプローチをするか考えていますが、キャラクターが提供する面白い要素が多いので、今から楽しみにしています」と期待を述べました。

そして、公開されたティザービジュアルは、サイケデリックカラーで描かれた色彩が特筆され、中央には進行中のモモとオカルンが描かれています。

彼らの後ろには、宇宙人や幽霊など、作品に登場するであろうキャラクターたちがモモとオカルンに向けて狙いを定めて立っており、上空にはUFOによって吸い込まれる牛の様子が描かれています。

ティザーPVでは、幽霊や宇宙人が存在するという事実が強調され、モモとオカルンが何かに追われ、全力で逃げる様子が描かれています。

映像の最後に登場する妖怪の一言「イチモツしゃぶらせろ」については謎めいた要素が含まれ、期待が高まる要素となっております。

さらに、『ダンダダン』の世界観を構築するメインスタッフ陣も発表されました。

監督は山代風我氏、シリーズ構成・脚本は瀬古浩司氏、音楽は牛尾憲輔氏、キャラクターデザインは恩田尚之氏、宇宙人・妖怪デザインは亀田祥倫氏が担当し、アニメーション制作はサイエンスSARUが手がけます。

TVアニメ「ダンダダン」ティザーPV|2024年TVアニメ化決定
スポンサーリンク

「ダンダダン」の面白さとは?

「少年ジャンプ+」2021年18号から掲載の作品。

「次にくるマンガ大賞2021」Webマンガ部門で第2位、「全国書店員が選んだおすすめコミック2022」で第1位を獲得。

「ダンダダン」は、物語が非常に濃密で魅力的です。

作中の設定は緻密かつ独自であり、非常に興味深い作品となっています。

それでいて、物語が複雑になりすぎず、ハイテンポで読者を飽きさせない点が素晴らしいと言えます。

また、作品は独特かつ斬新なストーリー展開が見られ、読者は次にどのような展開が待っているのかを予想することが難しく、読み応えがあります。

絵も非常に緻密であり、確実に物語に引き込まれる要素があります。

さらに、作品には男心をくすぐるバトル要素が適切に盛り込まれており、バトル漫画好きにも満足いくでしょう。

キャラクターたちは生き生きと描かれ、そのツッコミとボケの応酬が面白みを加えています。

加えて、ちょっとしたラブコメディーな展開もあるので、上手い差し色が付くのも、また良いところです。

物語が深刻な場面になる中でのキャラクターたちの会話は、シリアスさを損なうことなく、逆に良い塩梅であり、これが作品にとって素晴らしいスパイスとなっています。

キャラクターたちは個々に立ち上がっており、読者は彼らに愛着を感じることでしょう。

「ダンダダン」の独特かつ斬新なストーリーを最新話まで見れる
スポンサーリンク

「ダンダダン」口裂け女はカシマレイコ?

カシマレイコは、身体の欠損を経験した女性の霊であり、物語においてその存在が明らかになります。

作中においては、『ダンダダン』において綾瀬桃(とバモラ)がカシマレイコとの遭遇を経て、一時的に彼女を撃退しますが、その際に桃自身もカシマに呪われるという展開が描かれています。

この呪いにより、桃は一週間のうち、夜10時以降に外出するとカシマレイコに襲われる生活を余儀なくされます。

カシマレイコは家の中では攻撃することができませんが、オカルンの声マネを通じて外に誘き寄せる試みを行います。

興味深いことに、口裂け女とカシマレイコは同一の霊であるとされています。

口裂け女は「私キレイ?」と問いかけ、適切な回答ができないと襲われるという特性を持ちます。

一方で、「ポマード」と10回唱えることで口裂け女を一時的に消滅させることが可能であり、撃退後は100回唱える必要があります。

カシマレイコは作中で最も強力な存在とされており、優れたフィジカル能力を持ち、鏡を介して一方的に攻撃するなどのチート的な特長が描かれています。

綾瀬星子は彼女に対し、「誰も倒せねえから廃墟に放置されている」と述べています。

カシマレイコは成仏せず、綾瀬桃を追い続けましたが、物語が進むにつれて彼女の行動は変化します。

特に、侵略的な宇宙人の襲来を目にした際、過去の空爆の記憶がよみがえり、カシマは宇宙人を討伐し、最終的には桃を守るために奮闘するオカルンを見て、あきらめて去っていく様子が描かれます。

カシマレイコの過去は昭和時代における空爆被害者であったと回想シーンからうかがわれ、かつては家族や恋人といった人間関係を有していたことが示唆されます。

スポンサーリンク

「ダンダダン」がジョジョのパクリと言われる理由

本作は妖怪モノのバトル漫画として位置づけられます。

ただし、それは単なるバトルにとどまらず、頭脳戦に近い要素を含んでいます。

敵キャラクターも奇天烈であり、その発想はGANTZにも近いと言えるでしょう。

しかし、率直に言わせていただきますと、本作は明らかにジョジョの影響を受けているコマが存在します。

作者の密かなジョジョの奇妙な冒険への深い愛情が感じられます。

特に「ドグサレ」という言葉は、ジョジョ以外では初めて目にする表現であり、その影響が顕著です。

ヒロインである綾瀬桃が口にする「いいんだよこれで」「この深さがいいんだ」というセリフには、圧倒的なジョジョの雰囲気が漂っています。

このような一見失敗や敗北といった状況で語られる「これでいい」というセリフは、まさにジョジョのスタンドバトルの典型的な展開です。

この逆転の発想や戦術は、ジョジョの第一部においてジョナサンの回想でジョースター卿が語る「逆に考えるんだ」という発想に由来しています。

水中でピンチなのに逆に潜って岩の下の空気を吸ったり、ワムウがシャボンのレンズを浴びながらもシーザーの影になる瞬間を待ったり、仗助が居直ったと見せかけて作戦終了していたり、ミスタがジョルノが作った短い草を「これでいい」とむしり取って氷のボードを作ったり…。

様々なシーンが挙げられますが、具体的な例は手元にジョジョがないため詳細は伝え切れませんが、ジョジョの影響が随所に見受けられます。

私個入的には変身オカルンの「萎えるぜぇ」が好きです。

パクリと言われる理由には、こんなのもあったりします。

ここまで、純粋に他作品に寄せているのは、今風に言ってオマージュとでも言うべきかリスペクトと言うべきか、それでもって悪意を感じず、作品に馴染んでいるのは作者の「愛」でしょうか。

【楽天市場】[新品]ダンダダン (1-13巻 最新刊) 全巻セット:漫画全巻ドットコム 楽天市場店
ダンダダン (1-13巻 最新刊) 全巻セット
スポンサーリンク

「ダンダダン」怖い、気持ち悪いなど悪評も

悪評①気持ち悪い怖い

理由は、不快に感じる表現が多いためです。

読者の間で議論がある作品のようなもので、一部の人にとっては不快な言葉や描写が含まれているようです。

オカルト漫画なので、気持ち悪く怖いキャラクターを描くのが一般的ではあるものの、一昔前では受け入れられていたものが、今の時代に合わない描写になったのかもしれませんね。

妖怪や宇宙人のビジュアルはなかなかの気持ち悪さで、怖いと言われるのにも納得できます。

しかし、「気持ち悪い」や「怖い」はオカルトギャグ漫画という看板を背負っていますと、作者側からすれば賛美の言葉ではないでしょうか。

悪評②展開が同じ

多くの読者が指摘している中で最も一般的な批判点は、ダンダダンの物語展開に関するものです。特に、敵との遭遇から始まり、協力して敵を打ち負かすという展開が同様であることが挙げられます。

この展開の類似性から、物語が途中で単調に感じられ、序盤しか興味を引かないという意見もあります。

悪評③下ネタが多い

ネガティブな意見の中には、下ネタが過剰に使用されているというものもあります。

過度な下ネタ表現が含まれているため、これに敏感な読者からは低評価を受けているようです。

悪評④情報を詰め込みすぎて疲れる

異なるジャンルやテーマが多く詰め込まれており、その結果、作品が過度に多岐にわたっていると感じる読者もいます。

一つの作品でホラー、恋愛、ギャグなど異なるジャンルを組み合わせるアプローチは、一部の読者にとっては疲れるとの意見もあります。

ジャンルやテーマ性の統一性が欠如していると感じる読者もいるようです。

総じて、読者がツッコミを入れることに焦点を当てすぎている印象がありますが、一方で各エピソードが異なるジャンルにアクセル全開で描かれている点は、多くのネタが豊富であることを示しているとも言えます。

\「ダンダダン」がお得に読める!/
スポンサーリンク

「ダンダダン」raw・zip・pdf等、違法サイトで読むのはやめよう

レッドブルーなどの漫画が、zip、rar、pdf、rawなどのファイル形式で海賊版サイトに違法にアップロードされている場合であっても、絶対に利用を避けるべきです。

海賊版の漫画サイトの利用は、単なる著作権の侵害だけでなく、法的に重大な問題を引き起こす可能性があります。

漫画を閲覧するだけでなく、ダウンロードやアクセスすること自体が刑事罰を引き起こす可能性があります。

特に、2021年1月の法改正により、漫画や雑誌なども違法アップロードの対象となりました。

また、海賊版サイトを利用することはデバイスのウイルス感染や、クレジットカード情報の不正取得など、さまざまなリスクを伴います。

安全かつ合法な方法で漫画を楽しむためには、公式なサービスを利用することが重要です。

また、令和3年1月1日以降、インターネット上で明らかに違法にアップロードされたコンテンツを知りながら、それをダウンロードする行為も広範囲にわたり違法となります。

これにより、刑事罰の対象となる可能性もあります。

違法なコンテンツのダウンロードや利用は絶対に避け、法律を順守するよう心がけましょう。

スポンサーリンク

最後に一言

色んな意見のある漫画「ダンダダン」ですが、ジャンプ+の中でも絶大な人気を誇り、更にアニメ化も決まって、これぞ飛ぶ鳥を落とす勢いです。

描写が怖いや気持ち悪いと言われていても、作画に関しては全体的によくまとまってバランス良いように見受けられます。

ストーリー的にも読者の大敵である「飽き」がこないように工夫されていて、パクリと言われる部分もうまく溶け込ませている印象に思えます。

総じて、今後も長いスパンで人気になっていく予感のする漫画です。

この記事を読んで「ダンダダン」が読みたくなったと思って頂けたら幸いです。

「ダンダダン」の独特かつ斬新なストーリーを最新話まで見れる
タイトルとURLをコピーしました