スポンサーリンク

「転スラ」ディアブロの正体がバレるのは何話目?ギィとどっちが強い?

※本ページはプロモーションが含まれています。

この記事を読んで「転生したらスライムだった件」の分かる事

  • この漫画、アニメ、ドラマはどこでみられるのか
  • この漫画の特徴とおおよそのあらすじ
  • 漫画の見どころと面白いと納得できる点
  • 一部でつまらない等の酷評がある理由
  • アニメ情報、原作のどこまで進んだかと3期の予測
  • ディアブロの登場話と正体がバレたかどうか
  • ユニークスキル「変質者」と「暴食之王」について
  • ルミナスの大事な棺とはなにか

『転生したらスライムだった件』は、伏瀬氏により執筆された日本のウェブベースの小説であり、「小説家になろう」というサイトにて2013年2月20日より連載が開始されました。

この作品は、「転スラ」という略称で親しまれており、オリジナルのウェブ小説を基に大幅な改訂を加えた上で、2014年5月からGCノベルズ(マイクロマガジン社)によって出版されています。

また、原作小説を基にした漫画や外伝漫画、さらには漫画を原作とするアニメーションなど、多岐にわたるメディアミックス展開が行われています。

本作の原作者である伏瀬氏は、ウェブ小説の連載を行う一方で、外伝の執筆や公開を進め、ウェブ小説をもとに加筆・修正を施した商業版の小説の執筆を開始しました。

引用元:pixiv はるなん 様

商業版の第6巻の発売と同時に、川上泰樹氏による漫画版が『月刊少年シリウス』にて連載されることが決定し、その後には単行本も発売されました。

さらに、伏瀬氏が監修し、岡霧硝氏が作画を担当したスピンオフ漫画『転生したらスライムだった件 魔物の国の歩き方』が、マイクロマガジン社のウェブコミック配信サイト「コミックライド」で連載を開始しました。

伏瀬氏は、『オーバーロード』など「小説家になろう」で人気を博した作品からの影響を公言しており、主人公のスライムの設定はテーブルトークRPGに登場する魔物のイメージに基づいています。

また、伏瀬氏の学生時代のテーブルトークRPGのプレイ経験から、「ソード・ワールド」「ウィザードリィRPG」「ガープス」などの影響も受けていることが明かされています。

リムルの配下の一部の悪魔は、スーパーカーにちなんで名付けられています。

書籍化の話は、2013年11月に「なろうコン」に応募していた際に持ち上がりましたが、伏瀬氏は高い評価ポイントにもかかわらず、本作にオファーが来るとは予想していなかったと述べています。

書籍化に際しては、担当編集者からの大幅な指摘を受け、改稿を重ねた結果、ウェブ連載版との整合性が取れなくなっていったため、ウェブ連載版をプロットとして捉えるようになったと伏瀬氏は語っています。

『このライトノベルがすごい!』では、2017年版で単行本・ノベルズ部門で8位、2018年版で6位、2019年版で5位、2020年版で7位、2024年版で6位にランクインしています。

シリーズの累計発行部数は、2017年3月時点で200万部、2018年3月にテレビアニメ化が決定した際には450万部、テレビアニメ第1期放送中の同年11月時点で1000万部、テレビアニメ第2期第1部放送前の2020年9月時点で2000万部、テレビアニメ第2期第2部放送後の2022年1月時点で3000万部を突破しました。

さらに、2023年2月時点では、海外での発行部数を含めるとシリーズ累計4000万部を超えることが明らかにされています。

第3回『次にくるマンガ大賞』コミックス部門では、本作のコミカライズ版が5位に入賞しました。

また、AnimaniA Award 2019ではBester Manga International(国際漫画賞)を受賞し、第46回講談社漫画賞の少年部門を受賞しています。

スポンサーリンク

「転生したらスライムだった件」どこで読める、観れる?

少しずつでも無料で読むなら【マガポケ】

マガポケ|少年マガジン公式無料漫画アプリ
マンガアプリ「マガポケ」公式WEB! ここでしか読めない話題のオリジナル漫画に、「週刊少年マガジン」「別冊少年マガジン」の名作・連載作品まで無料で楽しめる!
  • 1話、飛び飛びで無料話があるが、1話読むのに135pかかる。
  • 1話読む毎に5pが1~3個と、動画を見て5p~50p貰える。
  • ポイントを毎日貯める事で無料で読める。
  • rawなどの違法アップロードじゃない公式だから安心して読む事ができる

ドコモユーザー以外で一気に読むなら【ebookjapan】

★今ならクーポンでお得に買えて『各759円➡︎228円』になります!!

  • 70%OFFクーポン×6枚をもらえる
  • PayPayポイントがザクザク貯まる&使える
  • 日替わりクーポンの割引率がどこよりも高い
  • ソフトバンクユーザーは最大35%OFFで買い物できる
  • その他ユーザーも最大18%OFFで買い物できる(毎週金曜)

\「転生したらスライムだった件」がお得に読める!/

ドコモユーザーで一気に読むなら【dブック】

★今ならクーポンでお得に買えて最大『759円➡︎142円』になります!!

  • クーポンで一冊あたり71円~と、他の電子書籍サービスと比較してもリーズナブル
  • ドコモポイントがザクザク貯まる&使えるので、ドコモユーザーに嬉しい。
  • 使いやすいインターフェースを備えており、初めての方でも簡単に操作できる。
  • 定期的にセールや割引キャンペーンがあり、お得に購入するチャンスが沢山。
  • 初回50%割引クーポンが利用でき、「dブック毎日くじ」で更にお得に。

\「転生したらスライムだった件」がお得に読める!/

アニメを観るなら【dアニメストア】

★今だけ、はじめての方限定で『初月無料』になります!!

  • 月額550円の料金で、4,200以上のアニメ作品が見放題
  • ドコモポイントがザクザク貯まる&使えるので、ドコモユーザーに嬉しい。
  • 使いやすいインターフェースを備えており、初めての方でも簡単に操作できる。
  • アニソンライブや2.5次元ミュージカルなどのコンテンツも充実
  • 地上波のリアルタイムで放送されている最新作から過去の名作まで視聴可能

\「転生したらスライムだった件」がお得に観れる!/

スポンサーリンク

「転生したらスライムだった件」あらすじ

引用元:pixiv はるなん 様

転生と新生活の始まり

主人公・三上悟は、ある日通り魔によって命を奪われた後、異世界の洞窟にてスライムとして転生を遂げました。
この異世界で「リムル=テンペスト」という名を得た彼は、暴風竜ヴェルドラをはじめ、様々な友人、仲間、そして配下を増やしながら、魔物たちの町を建設し始めました。

運命的な出会いと変化

リムルはその後、同郷である日本から転移してきた女性、シズと運命的な出会いを果たします。
ある騒動の末に死に瀕したシズの最後の願いを受け入れ、彼女の肉体を食べることで、生前のシズの姿へ変身する能力を得ました。

町の発展と試練

町づくりを継続していたリムルですが、魔王たちの妨害に遭遇します。
しかし、彼の努力と仲間たちの支援により、魔王の工作行為を退けることに成功しました。
この結果、大鬼族(オーガ)6人、蜥蜴人族(リザードマン)勢力、およびオーク軍残党15万などがリムルの配下に加わり、魔物の町は急速に規模を拡大しました。この成果により、リムルはジュラの森大同盟の盟主となりました。

スポンサーリンク

「転生したらスライムだった件」面白い?見どころは?

⓵強さのインフレーションを楽しむ

「転生したらスライムだった件」(以下、「転スラ」)の最大の魅力は、主人公および他のキャラクターの強さが徐々にインフレしていく過程を楽しめる点にあります。
RPGゲームにおいて、序盤に苦戦した中ボスが終盤には容易に倒せるようになるという経験を彷彿とさせます。

⓶主人公「リムル・テンペスト」の成長

主人公「三上悟」は、前世で不慮の事故により命を落とし、スライムとして異世界に転生します。
スライムは一般的にRPGで最初に登場する最弱のモンスターであるため、リムルは最初は視覚もなく、ただ草を食べるだけの存在からスタートします。
しかし、リムルは「捕食者」と「大賢者」という二つの特殊能力を持っており、これにより異常な速度で成長し、最終的には「魔王」としての地位を獲得します。

⓷リムルのカリスマ性

リムルは他の「俺サイキョウ」系の作品の主人公と異なり、圧倒的な信頼と忠誠を仲間から勝ち得ています。
リムルには一般的ななろう系主人公にありがちな煩わしさがなく、多くのファンに愛されています。

⓸魅力的なキャラクターたち

「転スラ」はリムルだけでなく、登場するキャラクター全員が魅力に溢れています。
ゴブリンやオーガ、竜族や魔王といった多様な種族のキャラクターが登場し、それぞれに独自のビジュアルや属性があります。

⓹ストレスフリーなストーリー展開

「転スラ」のストーリーは極端なシリアスさやエロ・グロ描写が少なく、誰でも分かりやすいシンプルな流れを持っています。
このため、安心して楽しめる作品となっており、ハッピーエンドが待っていることも魅力の一つです。

⓺原作小説の深み

アニメを2周視聴した後に原作小説を読んだところ、クロエの正体や勇者との関係性など、複雑に張られた伏線が存在することが分かります。
これらの要素は、作品にさらなる深みを与えています。

スポンサーリンク

「転生したらスライムだった件」きつい、つまらない、面白くないの声…?

物語の予測可能性

『転生したらスライムだった件』における魅力が感じられない主な原因の一つは、物語の進行が予測しやすい点にあります。主人公の圧倒的な力により、どのような難局も容易に解決されてしまうため、物語に緊張感や期待感が希薄になりがちです。
加えて、キャラクターたちの成長過程が十分に描かれていないという意見も存在します。
主人公、リムルが初めから非常に強力であり、その能力を活用して問題を解決する場面が多いため、キャラクターの成長や努力の過程を感じ取りにくいのです。

主人公の圧倒的な能力

もう一つの原因は、主人公リムルの能力があまりにも強力すぎることです。
リムルは転生直後は無力なスライムであったにも関わらず、「捕食者」と「大賢者」というスキルを得たことで、急速に力をつけていきます。
これらの能力により、リムルが特別な努力をせずとも強くなっていく様子は、一部の視聴者にとって物語の魅力を損ねる要因となっています。
リムルの過剰な強さが物語に緊張感やドラマを欠如させていると感じる視聴者もいます。

アニメの原作忠実性の欠如

さらに、アニメが原作に忠実でないことも、物語の魅力を感じられない一因として挙げられます。
原作の魅力は、リムルがスライムとして転生し、自身の能力を駆使して成り上がっていく物語ですが、アニメ版ではこの魅力が十分に伝わっていないとの声があります。
ストーリー展開やキャラクター描写の変更、原作エピソードの省略や新エピソードの追加は、原作ファンにとって違和感や不満の原因となっています。

以上の点から、『転生したらスライムだった件』は、一部の視聴者にとっては物語の魅力が感じられない要因が存在する一方で、他の視聴者にとってはその魅力が十分に楽しめる作品であると言えるでしょう。
アニメ版独自の魅力や展開があるため、原作ファンも新たな視点で作品を楽しむ余地があると考えられます。

スポンサーリンク

「転生したらスライムだった件」アニメはどこまで?

引用元:pixiv 桜楽よろず 様

第1期のアニメ化範囲

アニメ『転生したらスライムだった件』第1期は、原作小説の第4巻途中までおよびコミックスの第1巻から第11巻までを映像化しております。
具体的には「地位向上編」「森の騒乱編」「魔王来襲編」「人魔交流編」を含みます。

第2期のアニメ化範囲

第2期は、第1部および第2部に分けられており、第1部では原作小説の第5巻途中まで、コミックスの第12巻から第16巻の第71話「解き放たれし者たち」の途中までを、「魔王覚醒編」として映像化しています。
第2部では、小説の第6巻、コミックスの第16巻から第19巻の第86話「八星魔王」までの「八星輝翔編」を描いています。

劇場版「紅蓮の絆編」について

劇場版「紅蓮の絆編」は、原作小説の伏瀬氏がストーリー原案を手掛けた完全新作となっております。
リムルの仲間であるベニマル、シュナ、シオンらが、大鬼族の兄貴分であるヒイロとの出会いから物語が展開し、隣国・ラージャ小亜国の陰謀に巻き込まれるという内容です。

第3期のアニメ化予測

放送話数と期待される範囲

2023年12月16日に、第3期が連続2クールの放送となることが発表されました。
過去の放送を踏まえ、全25話となる見込みです。2期までの話数のカウントを引き継ぎ、2期最終話が第48話であったため、3期の初回は第49話から開始される可能性が高いです。

予想されるストーリー範囲

公式からの詳細な発表はありませんが、映画がオリジナルストーリーとなったこと、および2期第2部の続きから始まることを考慮すると、小説版では第7巻、コミックスでは第19巻第87話以降からの内容が予想されます。
アニメ化される範囲としては、小説第7巻「聖魔対立編」から第9巻「魔都開国編」完結までが順当と考えられます。

スポンサーリンク

「転生したらスライムだった件」ディアブロの登場話は?正体がバレるのは何話?

引用元:pixiv 亜美 様

ディアブロの正体の発覚

ライトノベル『転生したらスライムだった件』において、ディアブロの真の正体が明らかになるのは第12巻である。
ディアブロは当初、上位魔将(アークデーモン)として召喚されるが、その圧倒的な力から、彼がただの上位魔将以上の存在であることが示唆されていた。
ディアブロはライトノベルの第5巻、漫画の第14巻(第67話)、そしてアニメの第1期第23話にて初めて登場する。
この時点で、漫画およびアニメでは彼の正体が明かされる展開には至っていない。

原初の悪魔:ディアブロ

ディアブロの正体は、『原初の悪魔』の一人であり、『原初の黒(ノワール)』とも呼ばれる。
悪魔の階級は生きた年月と種族によって決定され、ディアブロは世界で最初に誕生した7系統の悪魔の一柱とされる。
彼はその後、悪魔神という最上位の階級へと進化を遂げる。

リムルとディアブロの関係

リムルは魔王への進化の過程でディアブロを召喚する。
ディアブロはその時を狙っており、リムルに召喚されることを望んでいた。
彼はリムルの存在を以前から知り、興味を持っていた。
特に、リムルがシズから受け継いだ特異な仮面を割ることができたことから、リムルに対する興味はさらに深まった。
ディアブロはリムルが「世界の真理」に導いてくれると確信し、彼の配下になることを強く望んだ。

まとめ

『転生したらスライムだった件』におけるディアブロの正体は、ライトノベルの第12巻で明らかにされる。
彼は「原初の悪魔」の一人であり、リムルとの関係は非常に深い。
リムルに召喚されることを望み、その後の彼の配下になることで、二人の絆はさらに強固なものとなる。

スポンサーリンク

「転生したらスライムだった件」ディアブロとギィどっちが強い?

引用元:pixiv 桜楽よろず 様

ギィ・クリムゾンについて

ギィ・クリムゾンは、原初の赤(ルージュ)及び暗黒皇帝(ロード・オブ・ダークネス)という二つ名で知られています。
彼は、ミリム、ラミリスと並ぶ最古の魔王の一人であり、世界及び人間を管理する調停者としての役割を果たしています。
ギィのスキルには、悪魔系の究極能力である「傲慢之王(ルシファー)」があり、これによって一度見た技を完全に再現する能力を持つことができます。

原初の黒ディアブロについて

ディアブロは、リムルの配下となった後、原初の黒(ノワール)と呼ばれるようになりました。
リムルはディアブロの強さを確かに感じているものの、原初の悪魔については知らない状態です。ディアブロのスキルには、「大賢人(モトムモノ)」があり、これはリムルの大賢者と似ており、思考加速、詠唱破棄、神羅万象、法則操作などの能力を含みます。
さらに、自分に屈した相手の生殺与奪を握り、半強制的に従属させる「誘惑者(オトスモノ)」が覚醒進化によって究極能力「誘惑之王(アザゼル)」に進化しています。

両者の比較

過去に一度戦ったギィとディアブロの勝敗は引き分けでありました。
しかし、現在では、覚醒進化し魔王となっているギィの方が強いと考えられます。
特にディアブロ自身が強さを望んでいないようであり、これが両者の力の差に影響を与えていると思われます。
「転生したらスライムだった件」の11巻において、ギィはディアブロに進化しなかった理由を尋ね、ディアブロはギィよりも強い者がいるかを訪ねました。
ギィは「いない」と答え、ディアブロは「我らが最強だと知りながら進化するのはつまらない」と述べました。
このやり取りから、両者の間には一定の尊敬と理解があることが伺えます。
しかし、ギィが太古の昔から魔王としての地位を確立し、研鑽を積んできたのに対し、ディアブロは比較的最近になって悪魔公になったことから、能力においてギィの方が上位に位置すると考えられます。

スポンサーリンク

「転生したらスライムだった件」リムルのユニークスキル「変質者(うつろうもの)」はどこへ?「暴食之王(ベルゼビュート)」はどこで?

引用元:pixiv はるなん 様

ユニークスキル「変質者(ウツロウモノ)」

シズから受け継いだユニークスキル「変質者」は、相反する性質を持つものを統合したり、分離したりする力を有しています。
リムルはこのスキルを活用し、自身の固有スキル「溶解」「吸収」「自己再生」と「擬態」を統合し、「超速再生」を創出しました。
また、このスキルは後に「暴食者(グラトニー)」へと進化する過程において重要な役割を果たしています。

「暴食者(グラトニー)」から「暴食之王(ベルゼビュート)」へ

「暴食者(グラトニー)」は、リムルが魔王へと進化する「収穫祭(ハーヴェストフェスティバル)」を経て、「心無者(ムジヒナルモノ)」と統合され、「暴食之王(ベルゼビュート)」へと進化しました。
この進化により、リムルは能力の受容と供給を魔物たちと行うことが可能となりました。

「智慧之王(ラファエル)」への進化とスキルの消失

リムルの魔王化に伴い、「大賢者」スキルは「智慧之王(ラファエル)」へと進化しました。
この過程で、シズのユニークスキル「変質者」は「智慧之王(ラファエル)」へと統合され、その機能は進化したスキルに吸収されました。
この進化は極めて稀な出来事であり、無限に近い試みの末に達成されたことから、後の奇跡へと繋がる重要な転機となりました。

結論

リムルのスキル「変質者」および「暴食者(グラトニー)」は、彼の魔王化と共に進化を遂げ、「智慧之王(ラファエル)」および「暴食之王(ベルゼビュート)」へと統合され消失しました。
これらの進化はリムルの能力拡張に不可欠であり、彼の成長の過程において重要なマイルストーンとなっています。

スポンサーリンク

「転生したらスライムだった件」ルミナスの大事な棺とは?

引用元:pixiv はるなん 様

※小説を見てない方はネタバレ注意

クロエ・オベールとルミナスの繋がり

クロエ・オベールは、異世界転生(以下、転スラ)における勇者の一人であり、過去に暴風竜ヴェルドラがルミナスの都を破壊した際に、迅速に救助に入りヴェルドラを封印した重要人物である。
この行為により、クロエはルミナスにとって重要な恩人であり、また情愛を抱く存在となった。
以降、二人の間には深い絆が生まれ、親密な関係へと発展していった。
ルミナスが氷の棺に安置され、その棺を守る役割を担うに至ったのも、この絆がきっかけである。

ルミナスの経歴について

数万年前

  • 始祖トワイライト・バレンタインからの血統を基に創造される。
  • 霊子崩壊の魔法を用いて始祖を討伐。
  • 始祖が創造した鮮血の覇王を従え、その力を分割し、ルイ・ヴァレンタインおよびロイ・ヴァレンタインという二つの異なる存在に命名。
  • ギュンターを配下に加える。

二千年前

  • 幼少期のクロエ・オベールと遭遇し、友情を築く。
  • 暴風竜ヴェルドラによって自らの都市が破壊された際に、これを地下に隠蔽。

千五百年前

  • 新たな魔王に対する蔑視感から、ロイ・ヴァレンタインを影武者として魔王の座に就かせ、自身は隠遁生活を選択。
  • 三公にそれぞれの役割を割り当て(ルイ:宗教的指導者、ロイ:魔王、ギュンター:都市の管理者)。
  • クロエの体内に宿るヒナタの邪悪な意志を聖櫃で封じ込める。

数年前

  • リムルが魔王達の宴に参加することを知り、久しい隠遁生活の後、公の場に姿を現す。
  • 暴風竜の影響で隠遁生活が困難となり、魔王位に復帰。

最近

  • テンペストとルベリオスの音楽交流会でヒナタを失った際の怒りをきっかけに、「色欲之王」の究極能力に目覚め、元勇者グランベルとの戦いに勝利。
  • ヒナタの蘇生に成功。
  • 天魔大戦において魔王軍の一員として参戦。
引用元:pixiv はるなん 様
スポンサーリンク

最期に一言

この作品は、平凡な日常を送っていたサラリーマンが、ある日突然の不運に見舞われ、通り魔によって命を落としてしまうという衝撃的な出来事から幕を開ける。

スライムとして異世界に転生し、そこで新たな生を受け、未知の力を手に入れる。

その力を使って、異世界で国家を築き上げ、多くの仲間たちと共に成長していく。

この斬新な発想と展開には、深い魅力を感じざるを得ません。

その魅力は、ただのファンタジー物語にとどまらず、転生後の主人公が直面する困難や、異世界での政治的な謎解き、戦いなど、多岐にわたります。

この物語は、視聴者それぞれに異なる魅力を提供し、それがSNS上での評価の分かれ目となって、一部の視聴者は、このユニークな設定やストーリー展開を高く評価しているが、一方で理解しづらいと感じる人もいるようです。

私は、この作品が大好きで、今後さらに物語に深みを増していくと感じています。

より複雑に絡み合う物語や、新たなキャラクターの登場により、面白さがあり、この作品をただの一度だけではなく、時間を見つけては何度も繰り返し観る予定です。

そして、この物語の魅力を多くの人に伝えたいと思っており、是非多くの方に視聴してもらいたいと願っています。

転スラが好きな人は下記の記事もおすすめ▼

タイトルとURLをコピーしました