スポンサーリンク

アニメ2期も期待「実は俺、最強でした」つまらない?コードギアスゼロ似てる…?

シャルロッテ
※本ページはプロモーションが含まれています。
この記事を読んで「実は俺、最強でした」の分かる事
▶この漫画の特徴とおおよそのあらすじ
▶漫画の見どころと面白いと納得できる点
▶つまらないと噂されるのはどうしてか
▶好調だったアニメの1期、2期はあるのか
▶コードギアスゼロに似ているってどういう事なのか
▶検索で出てくる「エビフライ」とは何を指すのか

『事実上、私は最強でした』(実は私、最強でした)は、澄守彩作による日本のライトノベルであり、2018年9月1日より「小説家になろう」で連載が開始されました。

また、2019年5月31日からは講談社のKラノベブックスより出版されており、イラストは高橋愛氏によるものです。

書籍化に際しては、原作に対して大幅な加筆修正が施されました。

さらに、原作のイラストレーターである高橋愛氏によるコミカライズ版が、同社の『水曜日のシリウス』で2019年4月3日から連載が始まりました。

2022年9月時点でのシリーズ累計発行部数は約138万部に達しています。

また、2023年7月から10月までの期間にテレビアニメ版が放送されました。

スポンサーリンク

「実は俺、最強でした」どこで読める、観れる?

少しずつでも無料で読むなら【マガポケ】

マガポケ|少年マガジン公式無料漫画アプリ
マンガアプリ「マガポケ」公式WEB! ここでしか読めない話題のオリジナル漫画に、「週刊少年マガジン」「別冊少年マガジン」の名作・連載作品まで無料で楽しめる!
  • 1話、飛び飛びで無料話があるが、1話読むのに65pかかる。
  • 1話読む毎に5pが1~3個と、動画を見て5p~50p貰える。
  • ポイントを毎日貯める事で無料で読める。
  • rawなどの違法アップロードじゃない公式だから安心して読む事ができる

ドコモユーザー以外なら【ebookjapan】

★今ならクーポンでお得に買えて『各528円➡︎158円』になります!!

  • 70%OFFクーポン×6枚をもらえる
  • PayPayポイントがザクザク貯まる&使える
  • 日替わりクーポンの割引率がどこよりも高い
  • ソフトバンクユーザーは最大35%OFFで買い物できる
  • その他ユーザーも最大18%OFFで買い物できる(毎週金曜)

\「実は俺、最強でした」がお得に読める!/

ドコモユーザーなら【dブック】

★今ならクーポンでお得に買えて最大『各528円➡︎71円』になります!!

  • クーポンで一冊あたり71円~と、他の電子書籍サービスと比較してもリーズナブル
  • ドコモポイントがザクザク貯まる&使えるので、ドコモユーザーに嬉しい。
  • 使いやすいインターフェースを備えており、初めての方でも簡単に操作できる。
  • 定期的にセールや割引キャンペーンがあり、お得に購入するチャンスが沢山。
  • 初回50%割引クーポンが利用でき、「dブック毎日くじ」で更にお得に。

\「実は俺、最強でした」がお得に読める!/

アニメを観るなら【dアニメストア】

★今だけ、はじめての方限定で『初月無料』になります!!

  • 月額550円の料金で、4,200以上のアニメ作品が見放題
  • ドコモポイントがザクザク貯まる&使えるので、ドコモユーザーに嬉しい。
  • 使いやすいインターフェースを備えており、初めての方でも簡単に操作できる。
  • アニソンライブや2.5次元ミュージカルなどのコンテンツも充実
  • 地上波のリアルタイムで放送されている最新作から過去の名作まで視聴可能

\「実は俺、最強でした」がお得に観れる!/

「実は俺、最強でした」raw・zip・pdf等、違法サイトで読むのはやめよう

実は俺、最強でしたなどの漫画が、zip、rar、pdf、rawなどのファイル形式で海賊版サイトに違法にアップロードされている場合であっても、絶対に利用を避けるべきです。

海賊版の漫画サイトの利用は、単なる著作権の侵害だけでなく、法的に重大な問題を引き起こす可能性があります。

漫画を閲覧するだけでなく、ダウンロードやアクセスすること自体が刑事罰を引き起こす可能性があります。

特に、2021年1月の法改正により、漫画や雑誌なども違法アップロードの対象となりました。

また、海賊版サイトを利用することはデバイスのウイルス感染や、クレジットカード情報の不正取得など、さまざまなリスクを伴います。

安全かつ合法な方法で漫画を楽しむためには、公式なサービスを利用することが重要です。

また、令和3年1月1日以降、インターネット上で明らかに違法にアップロードされたコンテンツを知りながら、それをダウンロードする行為も広範囲にわたり違法となります。

これにより、刑事罰の対象となる可能性もあります。

違法なコンテンツのダウンロードや利用は絶対に避け、法律を順守するよう心がけましょう。

スポンサーリンク

「実は俺、最強でした」あらすじ

主人公の背景

中学時代の虐めが原因で引きこもりとなった主人公は、女神から魔法レベルが四桁にも及ぶ特別な魔力を授けられ、ハルト・ゼンフィスという名で魔法の存在する別世界での生を開始しました。

しかしながら、魔力を測定する装置が二桁までの表示しか出来ないため、彼の最大魔法レベルは2と誤解されることとなりました。

さらに、特定の属性を持たず結界魔法しか使えないことから、彼は王と王妃により死産だと偽装され、森の中に置き去りにされました。

主従関係の結成と新たな生活

彼はそこで自分を襲ってきたフレイムフェンリルという獣を結界魔法で倒し、かつて人間によって討たれた魔王の生まれ変わりと誤解される過程で、その獣にフレイと名付け、主従関係を結びました。

その直後、森で見つけたラインハルトを救おうと現れたゴルド・ゼンフィス辺境伯にフレイと共に保護され、ゼンフィス家の長男・ハルト・ゼンフィスとして新たな生活を始めました。

ゼンフィス家での生活

ゼンフィス家での生活の中で、ハルトは自身の魔法レベルが誤解されていることから大きな期待を受けることもなく、裏で結界魔法の研究を行い、引きこもり生活を快適に過ごしていました。

しかし、彼の妹であるシャルロッテが暗殺者に襲われた際に、彼が強大な力を持っていることが知られることとなりました。

彼女が兄を正義のヒーローと信じ込んでしまったため、ハルトは結界魔法で作り出した黒い衣装を身に纏って正体を隠し、領内の犯罪者を退治する一方で、シャルロッテが繰り返し危機に陥る原因が、彼の実母である王妃ギーゼロッテの陰謀であることを突き止め、その活動が全国規模に広がることとなりました。

学院生活への転換

そして数年後、王族たちの計画により不本意ながらも学院への通学を始めたハルトは、周囲の人々の勢いに押され、次第に引きこもり生活からは遠ざかる様々な騒動に巻き込まれていくこととなりました。

スポンサーリンク

「実は俺、最強でした」面白い?見どころは?

引きこもりから異世界への転生

「引きこもりの状態から異世界へと転生し、赤ん坊として放置される」という非常に厳しい状況に置かれている主人公は、一般的にはあまり見受けられません。

初期の段階から非常に特異な設定が展開されていますが、その後も、妹にアニメを魔法を用いて見せたり、故意に学校を退学しようと試みたりと、その独特な雰囲気が病みつきになります。

しかし、その軽快さだけでなく、魔王と関連がある可能性のあるイリスの存在や、極めて邪悪なキャラクターであるギーゼロッテが登場するなど、考察する価値のある展開も続いており、今後の展開が期待される作品です。

ギーゼロッテとの対立

元々ラインハルトを捨てた親への好意はありませんが、日常生活を楽しんでいた愛らしい妹、シャルロッテの命が次々と脅かされていきます。

命を狙う相手は実母でした。

母、ギーゼロッテは、閃光姫と称される実力者でありながらも、自身の息子であるライアスすら道具として扱う、救済の見込みのない人物です。

彼女を直接対決で打ち負かし、反逆を許さない首輪をつけるのが初期の見どころでした。

母に首輪をつけることに苦痛な表情を見せるラインハルトの描写も印象的でした。

引用元:pixiv、xssxsxk様

ハルトと恋愛?

面倒な事を避ける傾向にあるハルトが恋愛という面倒な事に興味を持つとは考えにくいです。

しかし、シャルロットからの好意に対しては、全く無反応ではなさそうです。

しかし、血の繋がりはないとはいえ、彼女は妹であるため、何かが起こるとは想像できません。

それよりも、彼女の正義の味方という夢を壊さないように、日々を頑張らなければならないという事が、彼の苦労の一つです。

フレイも魅力的な女性ですが、彼女は完全に主君への忠誠心を持っているため、こちらも進展する可能性は低そうです。

それよりも、学園編に入れば新たなヒロインが登場する可能性が……あまり高くないと感じます。

イリスが本命か…?

\「実は俺、最強でした」がお得に読める!/

スポンサーリンク

「実は俺、最強でした」つまらないという意見も

近年、多くの作品が異世界転生ものとして描かれており、その中でも主人公が最強であるという設定には飽き飽きしているという意見が多く寄せられています。

つまらないという意見・・・

  • 多くの異世界転生ものが存在する昨今、本作品のキャラクターの衣装や設定なども既視感があると感じ、世界観に馴染むことが難しいとの意見があります。
  • キービジュアルやタイトルから男性向けであり、ラノベ的な要素を感じるため、一部の視聴者には興味を引くことができなかったようです。
  • 一見すると萌え系のアニメに見え、特定の視聴者層しか見ないようなアニメに感じられたという意見があります。
  • 最強と名乗る主人公が異世界で無双するという設定は、多くの異世界転生ものに見られるため、展開が予想できてしまい、面白みに欠けると感じる視聴者がいます。
  • 主人公が異世界転生し、特殊能力を授けられるという設定自体は既視感があり、主人公の成長などの追加要素があれば別ですが、あらすじだけでは面白さが読み取りにくいという意見が寄せられています。
  • コミカライズ版を読んだ視聴者からは、序盤は見れるが、それ以降は面白くなくなっていくため、制作サイドが何か工夫をしない限り、面白くならないという意見があります。
スポンサーリンク

「実は俺、最強でした」打ち切りの噂…?

『実は俺、最強でした』に関しまして、一部で打ち切りの噂が流れたことがありますが、実際にはそのような事態には至っておらず、連載は継続されております。

この噂には二つの要因が考えられます。

第一に、『実は俺、最強でした?』は「小説家になろう」にて原作小説が連載されており、また「水曜日のシリウス」にて漫画版が連載されているという背景があります。

原作小説は2021年1月から2022年2月まで、そして2022年2月から2023年3月まで、それぞれ1年以上の更新間隔が生じたことが確認されています。

更新が長期間途絶えると、打ち切りの疑念を持たれても無理はないと思われます。

第二の要因として、漫画版は2022年4月より作画を担当されている高橋愛先生の「一身上の都合」により、一時的に休載された経緯があります。

具体的には、妊娠・出産が理由であり、これは多くの読者にとって理解される、また祝福されるべき事由です。

現在では連載も再開されております。

以上の二点が複合的に作用し、『実は俺、最強でした?』が打ち切りに至ったとの誤解が生じたと考えられます。

スポンサーリンク

「実は俺、最強でした」アニメ2期はあるのか?

「実は俺、最強でした?」というアニメの第二シーズンの制作については、公式からの発表はまだない状況です。

しかし、その可能性は十分に存在します。

アニメの続編制作には売上や話題性が必須であり、「実は俺、最強でした?」の現在の人気や売上を考慮に入れると、今後第二シーズンが制作される可能性はあります。

原作となる小説と漫画版の状況

原作となる小説は2023年時点で6巻まで、漫画版は11巻まで発行されており、アニメ版では原作小説の3巻までが描かれています。

そのため、アニメ終了時点でも第二シーズン制作のための素材は存在します。

再生数と初動売上枚数

また、アニメ第二シーズンの制作が決まる一つの基準として、動画配信サービスでの再生数が重要となります。

「実は俺、最強でした?」の再生数は、各配信サイトで上位にランクインしており、特に「dアニメストア」のウィークリーランキングでは毎週TOP5以内に位置していました。

しかし、円盤の初動売上枚数は発表されておらず、おそらく300枚以下だった可能性があると推測されます。

created by Rinker
エイベックス・ピクチャーズ
¥12,581 (2024/04/19 14:49:21時点 Amazon調べ-詳細)

海外での評価

アニメの海外での人気も重要で、「実は俺、最強でした?」の海外での評価はそれほど高くありません。

「Anime Trending」や「Anime Corner」といった海外のアニメ評価サイトでのランキングもそれほど高くないことから、海外での評価は高くないと言えます。

原作の売上

一方で、原作の売上は2022年9月時点でシリーズ累計発行部数が138万部を突破しており、ライトノベル原作としては大成功と言えます。

総評

総じて、「実は俺、最強でした?」のアニメ第二シーズンの可能性は存在しますが、配信サイトでの再生数のみが良い状況であり、確実に第二シーズンが制作されるとは断言できません。

また、異世界なろう系の作品は海外からの評価が高い傾向にあるのですが、「実は俺、最強でした?」はその評価があまり高くないため、苦しい状況にあります。

もし第二シーズンが制作されるとなると、その放送はおそらく2025年頃になると予想されます。アニメ第一シーズンでは原作小説の3巻までが描かれましたので、第二シーズンでは4〜6巻までが描かれると予想されます。

「実は俺、最強でした?」のアニメ第二シーズンの可能性についての分析を行いましたが、その可能性はあるもののそれほど高いとは言えません。国内の配信サイトでの人気維持が重要なポイントとなるでしょう。

スポンサーリンク

「実は俺、最強でした」イリスは何者?正体は?

イリスの概要

イリスは、王立グランフェルト特級魔法学院に通う平民出身の女性学生です。
彼女は銀髪のポニーテールが特徴で、自身を「僕」と称し、巨乳であることが知られています。
彼女の魔法レベルは最大で35に達する可能性があり、四大元素に加え、光、闇、混沌属性といった規格外の属性を持つ素質を持っています。
そのため、学科試験ではトップ入学を果たしましたが、魔法レベルが5で成長が止まっているため、実技試験の成績は極めて低いです。

背景と経歴

イリスは赤ん坊の頃から前世の記憶を持ち、そのために産みの親に捨てられ、その後も複数回にわたり捨てられる経験をしました。
最終的には修道院に引き取られました。彼女は一般常識や社会的な空気を読む能力に欠けるとされています。

学院での出来事

学院では、入学早々にシュナイダルという学生から因縁をつけられ、ハルトとシュナイダルの決闘のきっかけを作ってしまいます。
シュナイダルに謝罪を試みた際、全裸になることを強要されるという屈辱を受けますが、遠隔視聴していたハルトが駆け付けて彼女を救出しました。

正体

イリスの真の正体は、ギーゼロッテに倒された魔王の転生体です。
転生後も名前を変えずに「イリス」と呼ばれ続けており、ハルトが魔王の転生体であると誤解されている一方で、イリス自身の真の正体には誰も気づいていません。

スポンサーリンク

「実は俺、最強でした」コードギアスゼロ似てる…

「実は俺、最強でした?」の主人公ハルトが変装した姿のシヴァについてのその特徴的な服装は、アニメ「コードギアス」のルルーシュがゼロと名乗っている時の装束と酷似しています。

加えて、ハルトが通う学校の制服も「コードギアス」のアッシュフォード学園の制服と酷似しており、これには驚きました。

「コードギアス」のファンがどの程度存在するのかは定かではありませんが、該当する視聴者にとっては明らかな類似点であると考えられます。

シヴァの姿については、マントの形状から仮面まで「コードギアス」のゼロと同一であり、一見してその類似性を認識できます。

これほど明らかな類似性については、著作権の観点から許可を取得しているか、あるいはその程度の類似性が許容されるかが疑問に思われます。

また、シヴァの姿でいる間はボイスチェンジャーを使用し、声にモザイクをかける演出が行われましたが、これは視聴者にとって聞き取りにくいという問題がありました。

これは一部で放送事故レベルとも評されるほどでした。

幸いにも、5話からはボイスチェンジャーの上から声優の本来の声を重ねることで、聞き取りやすい演出に変更されました。

ただし、アニメの制作は事前に行われ、アフレコは直前に行われるものではないため、3~4話も同様に修正して納品すべきであったと感じています。

\「実は俺、最強でした」がお得に読める!/

スポンサーリンク

「実は俺、最強でした」エビフライって何のこと?

引用元:pixiv にゃー様

アニメ「実は俺、最強でした?」におけるエンディング映像の一部として、視聴者の心を掴むキャラクター、シャルロッテがエビフライの衣装を身に纏っている理由については、ある特別な連載企画から生まれました。

この企画は「どのような衣装がシャルロッテに一番似合うか」という視覚的な要素に焦点を当て、その選択肢を読者たちに委ねるというものでした。

その中に「エビフライ」というユニークな提案が読者から寄せられ、その一風変わったアイデアが採用されるきっかけとなりました。

このエビフライの衣装提案を受け、アニメのスタッフはシャルロッテをエビフライの衣装で描く試みを行いました。

その結果、描かれたイラストは非常に高い評価を受け、それが「シャルロッテ=エビフライ」のコンセプトの誕生につながりました。

この衣装のコンセプトは、彼女のキャラクターイメージを強く定義付け、視聴者に強い印象を与えました。

この新たなコンセプトは、アニメ化の際にも継続されることとなり、その結果、シャルロッテの人気は急上昇しました。

また、アニメでは主人公のハルトもエビフライの衣装を身に纏うようになり、作品全体にエビフライ要素が散りばめられていることから、「エビフライアニメ」という愛称で親しまれるようになりました。

声優の種﨑敦美さんが演じるシャルロッテは、作品の中で6歳から11歳までの成長を遂げる美少女キャラクターで、エビフライの衣装を着るなどの可愛らしい一面が描かれています。

シャルロッテのキャラクターは、そのユニークな衣装とともに視聴者の心をつかみ、作品全体の魅力を一層引き立てています。

created by Rinker
エイベックス・ピクチャーズ
¥14,159 (2024/04/19 14:49:22時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

最期に一言

「実は俺、最強でした?」は、主人公の能力が非常に高く、それにより他のキャラクターを圧倒する物語です。

しかし、その圧倒的な力に奢ることなく、主人公は「魔物は悪」と決めつけず、相手を思いやるという姿勢を保ち続けます。

このような主人公の優しさが多くの人々に存在すれば、世の中の争いが減るのではないかと考えながら、物語を読むことができます。

主人公は、悪意を持って行動する者に対しては適切な制裁を行い、困っている人々に対しては必要な対応を行い、問題を解決してくれます。

また、シャルロッテというキャラクターの頼み事に対しても、彼女の夢を壊さないように配慮し、積極的に協力する姿勢が描かれています。

このような描写は物語に暖かさをもたらし、非常に楽しい作品となっています。

\「実は俺、最強でした」がお得に読める!/

実は俺、最強でしたが好きな人は下記の記事もおすすめ▼

タイトルとURLをコピーしました