スポンサーリンク

「後宮の烏」どこで読める?raw以外で無料のアプリやサイトはある?

※本ページはプロモーションが含まれています。

「後宮の烏」の魅力に取り憑かれ、どこで無料で読めるかお探しのあなたへ、この物語の虜になった一読者として、私もかつては同じ悩みを抱えていました。

この記事では、rawなどの違法ファイル形式以外で「後宮の烏」を楽しむ方法を共有します。

面白い物語に没頭できる無料のアプリやサイトを見つけることは、まるで宝探しのように色んなサイトを探し巡らないとならず、とても困難で時間を使います。

色んなサイト探し回った結果、「後宮の烏」を無料で読めるかどうかの結論を導き出すことが出来ました。

読者様に満足して頂ける情報を提供し、素敵な物語「後宮の烏」を楽しむ事が出来れば幸いです。

この記事を読んで「後宮の烏」の分かる事

  • ドラマ化、アニメ化についての見解と予測
  • お得に一気に読める、観れるアプリやサイトはあるか
  • 無料で読めるアプリやサイトはあるかどうか
  • zip、rar、pdf、rawなどを絶対に利用を避けるべき理由
  • あらすじや作品の概要、登場人物について
  • 作者・白川紺子、イラスト・香魚子について
  • 作品の見どころ、どんな人におすすめできる作品か
  • 何巻まで出ていて、完結はしているか
  • なろう系で読めるか、感想レビューはどんなものがあるか
  • アニメは原作何巻までか、2期の可能性はあるか
スポンサーリンク

「後宮の烏」どこで読める?漫画化してる?

漫画化はしてない、アニメ化はされている!

後宮の鳥は、本来ライトノベルとして出版された小説作品です。

残念ながら、2024年現在におきましては、その漫画版の発売はしておりません

それにもかかわらず、この作品はアニメ化されており、原作と併せて鑑賞されると、より深い理解と楽しみが得られると思います。

小説も漫画化した後もオススメは【ebookjapan】

そして、結論から言うと「後宮の烏」を全話無料で一気に読めるアプリやサイトはありませんでした。

しかし、どうしても無料で読みたいというのであれば、ebookjapan で1話試し読みをする事ができます。

ebookjapanは「後宮の烏」の正式に取り扱いされている作品なので、安全かつ安心して読む事ができます。

Yahoo!アカウントを持っていればログインも簡単ですし、アプリをダウンロードするだけで簡単に読む事ができます。

安全かつ安心に、一気読みをするとしても有料にはなりますが、ebookjapanがお勧めです。

そして今後、漫画化した場合にもラインナップされる可能性がかなり高いです。

他にも色んなアプリやサイトを使ってみましたが、決め手になった値段の安さ作品数が豊富なebookjapanが一番扱いやすかったです!

★今ならクーポンでお得に買えて「後宮の烏」が1巻当り『各660円➡︎199円』になります!!

  • 70%OFFクーポン×6枚をもらえる
  • PayPayポイントがザクザク貯まる&使える
  • 日替わりクーポンの割引率がどこよりも高い
  • ソフトバンクユーザーは最大35%OFFで買い物できる
  • その他ユーザーも最大18%OFFで買い物できる(毎週金曜)

\「後宮の烏」がお得に読める!/

長期的に漫画アプリを使うなら【コミックシーモア】

安全かつ安心に一気読み、有料になりますが【コミックシーモア】もお勧めいたします。

コミックシーモアの魅力は、何と言っても取り扱い冊数が多いこと。
漫画だけでなくライトノベルやBL作品など、全部合わせると81万冊以上で、さまざまなジャンルの作品を取り扱っています。

漫画の期間限定値引きやセールの開催、ボーナスポイントGETのチャンスがある水曜くじ、毎日もらえる来店ポイントなど、お得に漫画が読めるキャンペーンがたくさんあります。

★今なら初回会員登録でお得に買えて「後宮の烏」が1巻当り『各616円➡︎184円』になります!!

  • 初回は好きな作品に使える70%OFFクーポンがもらえる
  • 少女漫画、少年漫画、ラノベ、BLなどジャンルが充実
  • 無料&SALEを毎日大量更新される
  • 豊富なレビューからお気に入りの作品を探せる(229万件以上)
  • 会員登録は無料で、支払いはクレジットカード決済、キャリア決済、PayPayなどの電子マネー決済が可能

\「後宮の烏」がお得に読める!/

無料で読めるアプリやサイトはない!

「後宮の鳥」を完全に無料で全話読むことのできるアプリ、サイトは存在しませんが、試し読みやキャンペーンなどの特定の条件を利用することで、一部を無料でお楽しみいただくことは可能です。

継続的に読み進めたい場合、最終的には何らかの形での課金が必要となることがほとんどです。

読者の皆様には、無料で提供されるキャンペーンを賢明に活用しつつ、適切なタイミングで課金することをお勧めいたします。

スポンサーリンク

「後宮の烏」raw・zip・pdf等、違法サイトで読むのはやめよう!

どんな漫画が、zip、rar、pdf、rawなどのファイル形式で海賊版サイトに違法にアップロードされている場合であっても、絶対に利用を避けるべきです。

海賊版の漫画サイトの利用は、単なる著作権の侵害だけでなく、法的に重大な問題を引き起こす可能性があります。

漫画を閲覧するだけでなく、ダウンロードやアクセスすること自体が刑事罰を引き起こす可能性があります。

特に、2021年1月の法改正により、漫画や雑誌なども違法アップロードの対象となりました。

また、海賊版サイトを利用することはデバイスのウイルス感染や、クレジットカード情報の不正取得など、さまざまなリスクを伴います。

安全かつ合法な方法で漫画を楽しむためには、公式なサービスを利用することが重要です。

また、令和3年1月1日以降、インターネット上で明らかに違法にアップロードされたコンテンツを知りながら、それをダウンロードする行為も広範囲にわたり違法となります。

これにより、刑事罰の対象となる可能性もあります。

違法なコンテンツのダウンロードや利用は絶対に避け、法律を順守するよう心がけましょう。

スポンサーリンク

「後宮の烏」とは?

概要

『後宮の烏』(こうきゅうのからす)は、白川紺子氏による日本のライト文芸作品で、イラストは香魚子氏が担当しております。

本作は集英社オレンジ文庫より2018年4月から2022年4月まで刊行されました。

物語は中華風の世界観を舞台に、後宮の奥深くに住む「烏妃」と呼ばれる特別な妃と、彼女の元を訪れる皇帝を中心に描かれたファンタジー小説です。

2022年8月時点でシリーズ累計発行部数は120万部を突破しており、集英社オレンジ文庫におけるファンタジー作品の人気を牽引する存在となっております。

また、本作はメディアミックス展開として、2022年10月から12月にかけてテレビアニメが放送されました。

引用元:Wikipedia

作者「白川紺子(しらかわこうこ)」

日本の小説家。主にライトノベル、ライト文芸を執筆しています。

三重県出身で、同志社大学文学部を卒業されています。

2011年12月には、「サカナ日和」により、第154回Cobalt短編小説新人賞(選考:三浦しをん氏)に入選され、続いて2012年度には「嘘つきな五月女王(メイ・クイーン)」がロマン大賞を受賞しました。

その受賞作を改題・改稿し、「嘘つきなレディ 〜五月祭(メイ・デイ)の求婚〜」として、2013年にコバルト文庫からデビューをしました。

2016年より、引っ越しをされ、「新しい住居からは富士山が美しく見える」と述べられています。

イラスト「香魚子(あゆこ)」

香魚子氏はイラストレーターとして活動しており、白川紺子氏の作品を含む数多くの小説の挿絵を手がけています。

さらに、『別冊マーガレット』および『別冊マーガレット WEBコミック』において、複数の漫画作品を連載しております。これらの作品には、「きみとユリイカ」、「霜月先生の甘くない恋愛講座」、「春と嵐」などが含まれます。

両者は特に『後宮の鳥』における共同作業で高い注目を集めており、白川紺子氏の豊かな物語世界と香魚子氏の鮮やかなイラストが融合し、広範な読者層を魅了し続けています。

あらすじ

後宮の奥深くには、妃でありながらも夜伽を行わない特別な妃、「烏妃」と呼ばれる存在が住んでいます。

彼女の姿を見た者の中には、老婆であったと語る者もいれば、少女であったと語る者もいます。

烏妃は不思議な術を使い、呪殺から失せ物探しまで、あらゆる依頼を引き受けるとされています。

時の皇帝である高峻は、ある依頼を果たすために烏妃の許を訪れます。

この出会いが、やがて歴史を覆す禁忌となることを知らぬままに…。

主要登場人物

登場人物には、主人公の烏妃・柳寿雪、無表情な帝・夏高峻(かこうしゅん)、寿雪に仕える侍女・九九(じうじう)、寿雪の護衛を務める宦官・温螢(おんけい)、そして神秘的な存在・烏漣娘娘(うれんにゃんにゃん)などが含まれ、寿雪の周囲には次第に登場人物が増え、彼女の孤独な心に変化が訪れます。

柳寿雪(りゅうじゅせつ)

後宮における烏の中心的人物であり、現在の烏妃として16歳で活躍している。
夜明宮に居住し、他者との接触を避ける生活を送りつつ、呪いの解除から迷い物の探索に至るまで、多岐にわたる超自然的な任務を遂行していることで知られている。
外見は銀色の髪と青い瞳を持つ美少女であるが、一部には彼女を老婦人であると噂する者もいる。
毎月の新月の際には、未明の原因による強い痛みに襲われるが、その詳細は謎に包まれている。彼女が好む食物は、蓮の実餡を含む包子である。

物語が展開するにつれ、新たに即位したばかりの皇帝、高峻からの依頼を受け、彼との関係を深めていく。
寿雪は次第に高峻に心惹かれるものの、自身が前王朝の欒家の最後の生き残りであり、本来は彼と敵対する立場にあることを自覚する。
それでも、出自と運命に苦悩しながらも、彼と共に歴史を塗り替える決意を固める。

夏高峻(かこうしゅん)

24歳で新しく即位した皇帝であり、かつて廃太子とされた経緯を持つ。
皇太后の策略により母親と親友を失ったことから、復讐を誓う。
普段は冷静であるが、本質的には明るく誠実かつ真面目な性格をして、側近の暗殺事件以後、表情を硬くしていたが、烏妃である寿雪との出会いを通じて徐々に以前の温かさを取り戻していく。
寿雪に強く惹かれ、彼女に接近することを選択する。
彼女の神秘的な能力や美しさに魅了される一方で、敵対勢力の末裔であることを知り、その事実と向き合う。それでも彼は寿雪を敵とみなさず、信頼し、味方として接し、二人は皇太后の陰謀を暴き、国を平和に導くために協力する。

衛青(えいせい)

22歳で若き皇帝高峻に仕える忠実な宦官である。
見た目も声も美しいため、多くの女性に愛されている。
当初、衛青は高峻が寿雪と密接に関わることに反対しており、寿雪に対して冷たい態度を取っていた。
しかし、寿雪が高峻の利益のために危険を顧みず行動するのを見て、彼女を徐々に認め始める。
衛青は高峻の母親の弟でもあり、高峻にとっては叔父に当たる。

九九(じうじう)

15歳で飛燕宮出身の元宮女である。素直で面倒見が良い性格をしており、現在は烏妃である寿雪の侍女を務めている。
寿雪に対して深い敬愛の情を抱き、「娘々(ニャンニャン)」という愛称で呼ぶことを親愛の証としている。

その他にも、温螢(おんけい)、淡海(たんかい)、衣斯哈(いしは)、雲花娘(うんかじょう)など、多くの宮廷関係者や、烏妃と関わる特別な存在が物語を彩ります。それぞれが独自の背景を持ち、複雑に絡み合う物語を展開していきます。

スポンサーリンク

「後宮の烏」見どころ

『後宮の烏』は、中華ファンタジーの魅力を余すところなく詰め込んだ作品です。

主人公・寿雪が金色の鳥に導かれ、烏妃となる物語は、読者の好奇心を強く刺激します。

寿雪に人々が惹きつけられるのは、彼女の優しさと面倒見の良さによるものです。

また、皇帝・高峻との微妙な関係性も、読者の心を捉えます。

ファンタジー要素幽鬼や魔術などのファンタジー要素が豊富に含まれており、物語が進むにつれ新しいキャラクターが次々と登場します。
これらのキャラクターは一人ひとりが個性的で、特に幽鬼たちの背景にはヒューマンドラマが描かれ、深い物語の層を形成しています。
情景描写と世界観情景の描写と世界観の構築には特に細心の注意が払われており、美しい言葉によって描かれるストーリーは、まるで中国の山水画を観賞しているかのような感覚を提供します。
衣装や風景の描写も鮮やかで、読者に強い臨場感を与えます。
展開と結末物語は最終巻に至るまで自然な展開を見せ、寿雪と高峻の関係の行方について、読者はハラハラドキドキしながらページをめくることになります。

未読の方は、是非この作品を手に取ってみることをお勧めします。

美しい中華ファンタジーの世界に、あなたもきっと魅了されることでしょう。

どんな人におすすめか

  1. 中華ファンタジーが好きな人: 中華風の美しい世界観や文化に興味がある人にとって、豊かな情景描写と細部にわたる世界観の構築は大きな魅力です。
  2. キャラクターの成長や人間関係に興味がある人: 主人公・寿雪と皇帝・高峻の関係性や、個性的なキャラクターたちの背景に描かれるヒューマンドラマに引き込まれることでしょう。
  3. ファンタジー要素を楽しみたい人: 幽鬼や魔術などの非現実的な要素が物語を彩り、次々と登場する新キャラクターが物語に深みを与えます。
  4. 詳細な情景描写を楽しみたい人: 中国の山水画を彷彿とさせる美しい言葉で描かれる風景や衣装の描写は、読者に強い臨場感と視覚的な楽しみを提供します。
  5. 自然な物語の展開と結末が好きな人: 物語が自然な流れで進行し、最終巻に至るまでの展開が読者を引き込みます。寿雪と高峻の関係の行方にハラハラドキドキしたい人にぴったりです。

これらの要素が好きな人にとって、『後宮の烏』は非常に魅力的な作品となるでしょう。

スポンサーリンク

「後宮の烏」何巻まで?完結している?

created by Rinker
¥4,686 (2024/06/13 10:48:57時点 Amazon調べ-詳細)

『後宮の烏』は、7巻にわたって完結するシリーズであり、2018年4月から2022年4月までの期間に、集英社オレンジ文庫より刊行されました。

集英社オレンジ文庫は、集英社により展開されているライトノベルのレーベルで、若い女性読者を主要な対象としています。

このレーベルでは、恋愛小説、ファンタジー、異世界転生ものといった、多岐にわたるジャンルの作品が発行されております。

該当シリーズの最終巻である第7巻『後宮の鳥』は、2022年4月21日に発売され、この巻にて物語はその結末を迎えました。

なろう系で読める?

なお、『後宮の烏』は独自に書き下ろされた作品であり、オンライン上での無料配信は行われておらず、「小説家になろう」での公開もされていない点にご留意ください。

主に、集英社オレンジ文庫からの出版を通じて読者に提供されています。

スポンサーリンク

「後宮の烏」感想レビュー

『後宮の烏』に対する読者の感想やレビューは、本作の多様な魅力を際立たせています。

各読者が異なる視点で物語を解釈し、キャラクターに対する共感や、物語展開に対する驚きを表現することが、新規読者の関心を引く原因となっています。

特に、物語の心理描写の深さや予期せぬ展開、詳細に作り込まれた世界観への評価が高いことが顕著です。

また、烏妃と皇帝との関係性や、各キャラクターが持つ秘密に焦点を当てたレビューは、読了後の感想を豊かにし、読者間の交流を促進します。

これらの感想やレビューを通じて、『後宮の烏』の複合的な魅力が新規読者に伝わり、より広い読者層への拡大に貢献しています。

読者様の声

華流の歴史ドラマにはまって、そういう世界の物がないか探していて、見つけました。
後宮の奥深く、夜伽はしない特殊な妃「烏妃」が住んでいる。
漆黒の宮には仕える者も少なく、ひそやかに訪れる人影は占いや呪いを願い出る…
ある日、若き皇帝の夏高峻が訪れ、近づこうとするが、それは歴史を覆すほどのことだった…!
老婆とも永遠の命を持つ少女とも噂される烏妃の正体は、代替わりして間もない少女・寿雪。
黒い衣に身を包み、結った髪には不思議な赤い花。
世の中を知らず、孤独にならざるを得ない過去を持ち、人を寄せ付けないが、根は優しい。
冷たい態度の神秘的な少女に、ひょうひょうとした皇帝も困惑するが、その特異な能力を頼りにするように。
そして、無邪気な一面にも惹かれていくのだが…烏妃という運命的な設定と、麗しい宮廷の様子、孤独な心の細やかな描写。
とても素敵で、すぐ読み返しました。
心に染み入りました。

なろう系の小説でも中華後宮の物語が多くなってきているように、恋や政治にひとひねり加えた要素は面白いですよね!

なんというか、一巻よりさらに良かった。
特にラストの数ページには感動した。
前巻で寿雪と高俊の関係に一つの安定を得て、今巻では話の軸は二人の関係から、新たに登場した烏妃の天敵との対決に移ったように見えた。でも本当は……今巻では烏妃のさらなる秘密が明らかになってくるのだけど、運命はどこまでも彼女に優しくないのだな。
後半のじゃく妃の悲惨な事件から梟との対決までのクライマックスには手に汗握った。
でも個人的ハイライトは、ラストで高峻が烏妃の心遣いを知って涙する場面。
二人の仲がさらに深まった瞬間だ。
いいよね、これ。
不穏な影を残しつつ、二人の関係がどうなっていくのか。次巻が待ち遠しい。

具体的に1巻よりも良いと言い切れるのは素晴らしいですね!!
後宮系でも異世界転生系でも、最近は序盤ですでに読者の気持ちが離れていく作品も多いようですので…。

シリーズ5冊目。読メでのレビューが販促チラシに掲載された、思い出深い1冊。
正直、最後のところで『え??そこで終わっちゃうの??』とお預けを食らった感じ。しかし、物語の中での最大の分岐点だったと思う。
冒頭からなかなかに皮肉なものいいから始まり、私自身も『抜かりない』と思った、まさかの二人の懐妊・・・。ま、皇帝だから、世継ぎを作ることが仕事とはいえ、やることやっているんだな~って思った。笑
それにしても。
高俊と寿雪の想いが悲しい。特に寿雪の、新たな感情への気付きが、危うくもあり、切なくもあり、何とも形容しがたい胸の痛みを覚える。そして呪詛がすごかった・・・麗娘との再会、そしてむごい最期に、涙が出た。
そして、まさかの烏の降臨・・・。もう続きが気になって仕方がない!時間が待ち遠しくてたまらない。

続きが気になってしょうがなくなる作品ってなかなか巡り合えるものじゃないですよね!
高俊と寿雪の糸のような拙い関係性はドキドキでもあり、ハラハラもしちゃいますね!

総じて物語の展開や描写を悪く言うようなレビューやコメントは無く、「次が楽しみ」「待ち遠しい」などの前向きなものが多く、この作品の面白さが如実に伝わってくる内容がほとんどでした。

引用元:eBookJapan
スポンサーリンク

「後宮の烏」完結、ネタバレを含む結末について

※これから物語を読む、観る方はこの項目を飛ばしてください。

完結、ネタバレ①主人公の正体は前王朝欒一族の生き残り

物語の中心にいるのは柳寿雪です。
彼女は、かつての栄光を失った欒一族の最後の末裔であり、一族は銀髪という顕著な特徴を持っていました。
しかし、悲劇が彼女を待ち受けていました。

「欒一族捕殺令」という暗い影が寿雪の生活を覆っており、彼女の母は幼い頃に名簿から外され、一命を取り留めます。
その後、特徴的な銀髪を黒く染め、命を懸けて寿雪を育てましたが、残酷な運命は彼女を見逃しませんでした。
ある日、密告により母は捕まり、命を落としてしまいます。

悲しみにくれる寿雪でしたが、母の犠牲により生き延びることができました。
『後宮の烏』では、この悲しい過去が寿雪の強さの源となっており、一族の運命を背負いながらも前向きに生きる姿が描かれています。

完結、ネタバレ②柳寿雪の不思議な力

『後宮の烏』において、柳寿雪の神秘的な力が描かれています。
彼女が持つ能力は、烏連娘々(うれんにゃんにゃん)に選ばれた特別な妃だけが授かるもので、その力には呪殺や祈祷、失せ物探しなど、幅広い範囲が含まれます。

ただし、この力には代償が伴います。
柳寿雪は烏連娘々に宿ることでこの力を得ますが、その代償として新月の夜に大きな苦しみを経験します。
これは、力には必ず代償が伴うという人生の教訓を反映しており、私たちが日常で何かを成し遂げるたび、何かを犠牲にしていることを思い出させます。

完結、ネタバレ③後宮から解放される

物語のクライマックスでは、柳寿雪の運命がついに決まります。彼女は初代烏妃・香薔によって作られた結界の中で生きており、この結界は彼女を外の世界から隔てています。
外に出ようとすれば命を落とす恐れがあります。

結界を破るためには二つの条件がありました。
一つは烏連娘々の半身を見つけること。もう一つは、自分の身体から烏連娘々を解放することです。
この難題をクリアするため、寿雪は数々の試練を乗り越えてきました。
そして物語の最後で、彼女はこれらの条件を満たし、晴れて後宮から解放されました。

完結、ネタバレ④ 柳寿雪のその後

物語の最終章では、柳寿雪が海商として新たな人生を歩むことが明らかになります。
海船を使った海上貿易は彼女にとって未知の世界ですが、勇敢にもこの挑戦を受け入れます。
彼女の決意は、物語の中で描かれる強さと自立心の象徴です。

柳寿雪が雲花娘、衛青、夏高峻との別れを選んだのは、彼女の成長を示す大きな転機です。
愛する人々との別れは辛いものでしたが、自分の道を歩むためには必要な決断だったと思います。
一方で、九九、温螢、淡海との関係は変わらず続いていくのが心強いですね。彼らとの絆は、柳寿雪の冒険に欠かせない支えとなります。

完結、ネタバレ⑤柳寿雪と夏高峻の関係

柳寿雪と夏高峻の運命について深い興味を持たれていることでしょう。
驚きの展開が待っています。柳寿雪は夏高峻の妃にはなりません。
彼の皇后に選ばれるのは雲花娘です。この選択には柳寿雪への深い思いやりが込められています。
雲花娘は全事情を知り、あえて皇后の座を選びます。これにより、身体の関係がないことを柳寿雪に示しています。

この結末は、恋愛だけがすべてではないというメッセージを私たちに投げかけています。
作品の中で恋愛関係が結ばれなくても、深い絆や理解が育まれることがあり、それが『後宮の烏』の魅力の一つです。
柳寿雪と夏高峻の関係は、読者それぞれの心に異なる感動を与えるでしょう。
そして、この物語は恋愛だけでなく、人間関係の深さを教えてくれるのです。

スポンサーリンク

「後宮の烏」アニメは何巻まで?どこで観れる?

『後宮の烏』アニメ第1期は、原作小説第2巻「想夫香」までの内容が放送され、第2巻の最後までが描かれています。

アニメ第1期は原作小説に忠実にエピソードが進行し、最終エピソードは「想夫香」です。

このエピソードでは、鵲妃と封宵月の話が中心で、封宵月は鵲妃をそそのかし、一人の宮女を死に追いやります。

これを受けて、高峻は衛青に対し、宵月の正体や彼が宦官として後宮に入った理由を調査するよう命じます。

しかし、鵲妃もまた封宵月が作った泥人形によって命を落とします。

アニメ最終回となる第13話では、封宵月を手引きしたのが薛魚泳であることが明らかになり、その一方で、寿雪は亡くなった鵲妃を弔い、絲羽を焚きます。

そして、高峻は寿雪を何とかして救い出したいと考えるようになります。

第13話の最後には、高峻と寿雪の恋愛をほのめかすような描写も見られました。

『後宮の烏』アニメ第1期は原作小説第2巻までの内容を描いておりますので、続きは小説第3巻から読み進めることができます。

第3巻は泊鶴宮での怪異の話から始まり、物語が進むにつれて烏妃たちの過去が少しずつ明らかになっていきます。

烏妃と高峻の関係がどのように展開していくのか、今後も目が離せません。

★今だけ、はじめての方限定で『初月無料』になります!!

  • 月額550円の料金で、4,200以上のアニメ作品が見放題
  • ドコモポイントがザクザク貯まる&使えるので、ドコモユーザーに嬉しい。
  • 使いやすいインターフェースを備えており、初めての方でも簡単に操作できる。
  • アニソンライブや2.5次元ミュージカルなどのコンテンツも充実
  • 地上波のリアルタイムで放送されている最新作から過去の名作まで視聴可能

\「全てのアニメ」がお得に観れる!/

アニメ第2期の可能性を徹底考察

「後宮の烏」は原作小説が7巻まで発売され、第1期は原作小説2巻までの内容が放送されました。

原作ストックは十分にあると言えます。

第2期制作の可能性について、以下の視点から考察します。

原作の売り上げから考察

「後宮の烏」の原作小説シリーズ累計発行部数は120万部に達しています。

ベストセラーとされる作品が10万部以上とされる中、この発行部数は圧倒的な人気を示しています。

独特な言葉遣いや表現が特徴的で、コアな本好きに支持されている作品です。

円盤の売り上げから考察

アニメ第2期制作において、円盤の売り上げは重要な要素です。

現在放送中のため具体的な数値は不明ですが、アニメ第2期に必要な円盤売り上げの基準について考察します。

円盤は高単価で収益性が高いため、製作段階での売り上げが重要です。

一般的に、採算ラインは3000枚、2期制作のためには最低5000枚の売り上げが必要とされています。

配信サイトの増加により、必要な円盤売り上げの数値は低下する傾向にあると考えられます。

グッズ販売から考察

グッズ販売も第2期制作における重要な要素です。

専門店で購入可能なグッズとして、クリアファイル、バッジ、スタンドポップ、アクリルスタンド、缶バッチなどがあります。

人気キャラの登場により、グッズの売り上げが大幅に増加する可能性があります。

アニメ放送が進むにつれ、認知度が上がり、グッズの売り上げも増加することが期待されます。最新情報を追うことが重要です。

考察まとめ

「後宮の烏」アニメ第2期制作の可能性は、原作の売り上げ、円盤の売り上げ、グッズ販売の各要素を総合的に考慮する必要があります。

現時点でのデータと今後の展開次第で、第2期制作の可能性は十分にあると言えるでしょう。

スポンサーリンク

「後宮の烏」どこで読める?raw以外で無料のアプリやサイトはある?【まとめ】

この記事のまとめ

  • 漫画化はしていない、アニメ化はしていて現状1期まで
  • 無料で読めるサイト、アプリは無く、読めるオススメのアプリ、サイトは【ebookjapan】
  • rawなどを避けるべき理由はデバイスのウイルス感染や刑事罰に当たるため
  • 見どころは、ファンタジー要素、衣装や風景の描写も鮮やかで、寿雪と高峻の関係の行方はハラハラドキドキ
  • 中華ファンタジーが好きな人やキャラクターの成長や人間関係に興味がある人におすすめ
  • 『後宮の烏』は、7巻にわたって完結するシリーズで、「小説家になろう」での公開もされていない
  • 悪く言うようなレビューやコメントは無く、「次が楽しみ」「待ち遠しい」などの前向きなものが多い
  • アニメは原作2巻まで、2期は可能性あり、を観る際は【dアニメストア】

『後宮の烏』は、白川紺子によって生み出された中華風の幻想譚であり、特別な妃「烏妃」と時の皇帝・高峻との運命的な出会いを描いています。

本作品には漫画版は存在せず、「小説家になろう」などのウェブサイトでも読むことはできません。

ライトノベル作品として、オンライン書店や電子書籍サービスで楽しむことができます。

特に、電子書籍版はebookjapanでお得に購入することができ、試し読みや70%OFFクーポンなどを利用することで、全巻を手頃な価格で読むことが可能です。

無料やお得に読める方法を活用しながら、『後宮の烏』の世界に飛び込んで、その魅力をぜひ体験してみてください。

最後まで御読了ありがとうございました。

▼「後宮の烏」が好きな人は下記の記事もおすすめ▼

タイトルとURLをコピーしました