※本ページはプロモーションが含まれています。

アニメ、ドラマ化間違い無し「ラストカルテ」打ち切りはあり得ない感動の物語

ラストカルテ

引用:浅山わかび様Twitterより

この記事を読んで「ラストカルテ」の分かる事
▶この漫画の読み方と略称、おおよそのあらすじと登場人物
▶漫画の見どころと面白いと納得できる点
▶この漫画のモデルになっている学校や敷地について
▶アニメ化、ドラマ化はいつになりそうか
▶検索に出てくる「キツネのネタバレ」についての見解
▶打ち切りが噂されていた詳細について

現在連載中の『ラストカルテ ─法獣医学者 当麻健匠の記憶─』は、『週刊少年サンデー』において法獣医学をテーマとした作品です。

法獣医学はまだ確立されていない日本の新たな分野であり、物語は高校生の当麻健匠と茨戸爽介が動物の死因を解明する過程に焦点を当てています。

カラス、タヌキ、シマリス、エゾフクロウなど、さまざまな動物が毎回登場し、物いわぬ動物たちの不可解な死に迫る姿が描かれています。

リアルな動物たちの生態や描写、ミステリーの内幕など、引き込まれる要素が豊富に盛り込まれています。

2015年には、『じいさんライフ』において、月例賞で『週刊少年サンデー』を受賞し、その後の2016年には作品『木のヘンタイ』が第78回新人コミック大賞少年部門で佳作を受賞しました。

そして、2022年1月からは同誌で『ラストカルテ ─法獣医学者 当麻健匠の記憶─』を掲載開始しました。

「ラストカルテ」を読むなら、電子書籍がオススメ!

\今なら70%OFFクーポン×6枚をもらえる!/

(↑クリックすると公式サイトへジャンプできます)

今ならクーポンでお得に買えて『各528円➡︎158円』になります!!

★ebookjapanの魅力★

・70%OFFクーポン×6枚をもらえる
・PayPayポイントがザクザク貯まる&使える
・ 日替わりクーポンの割引率がどこよりも高い
・ソフトバンクユーザーは最大35%OFFで買い物できる
・その他ユーザーも最大18%OFFで買い物できる(毎週金曜)

★こんな人にオススメ★

・いつもPayPayを利用している方
・長く愛用したい電子書籍のサイトを探している方
・ソフトバンク、ワイモバイル、Yahoo!プレミアム会員の方

\「ラストカルテ」がお得に読める!/

スポンサーリンク

「ラストカルテ」あらすじ

ラストカルテ -法獣医学者 当麻健匠の記憶-(1) (少年サンデーコミックス)
泣ける 法獣医学ミステリー 高校生の当麻健匠は、 とある事件をきっかけに 『法獣医学』を知る。 同級生で獣医を目指す 茨戸爽介と友となり、 動物たちの感情を想像していく。 これは、動物たちの魂を紡ぐ物語だ。 そこに確かに存在した、魂の“重さ...

北海道美森高校に在籍する当麻健匠は、非凡な記憶力を有する才能ある学生です。

しかし、興味を持たない領域においてはその才能が発揮されず、単なる勉強の成績には恵まれておらず、特に明確な志望分野も存在していませんでした。

ある日、健匠は公園で人だかりに遭遇し、そこで、8羽ものカラスの死体が発見されたとのことでした。

やがて、カラスの死体を回収するために、獣医師である茨戸雷火と彼のクラスメートである茨戸爽介が駆け付けました。

興味を引かれた健匠は、茨戸姉弟と共に美森大学野生動物研究センターへ向かいました。

雷火たちが従事しているのは「法獣医学」と呼ばれる分野で、不審な死を遂げた動物の死因を解明するものです。

解剖の結果、8羽中5羽のカラスの口の中に黄色い物質が存在していたことから、雷火はそれを「シアノホス」という農薬に由来する成分として仮診断しました。

その夜のニュースでは、カラスの死因が「食中毒死」として報道されましたが、翌日以降も不審な死が続き、死体の数は38羽に達しました。

健匠と爽介はカラスの死因に疑問を抱き、公園で毒餌のような黄色い油揚げと、不審な大学生を発見します。

大学生に見覚えがあると話しかけようとしたところ、彼は健匠を突き飛ばし、一目散に逃げ去りました。

しかし、1週間前にその大学生を目撃しており、彼の自転車の防犯登録番号を記憶していました。

異常な記憶力を有する健匠独特の特長です。

その後、カラスを殺害した犯人が逮捕され、その人物は公園にいた大学生であり、防犯登録番号が逮捕の決定的な手がかりとなりました。

このようにして事件は解決し、健匠は「法獣医学」に対する興味を抱き、将来的には獣医師を志すことを決意しました。

参考元:マンガペディア

スポンサーリンク

「ラストカルテ」見どころ面白さ

「ラストカルテ」の卓越性が感じられる点は、その丁寧なシナリオと解説にあります。

医療の世界は一般的に専門的な知識が多く、理解が難しいことが多い中、本作は動物を主軸に据えつつも、複雑なテーマを非常にわかりやすく解説しています。

通常、医療に関する作品は理解しにくい傾向がありますが、当作品は当麻健匠と茨戸爽介のコンビが上手にストーリーを進展させ、読みやすさを提供しています。

彼らは物語を進める中で、煩わしい説明を避けつつも、オチの部分を効果的に簡潔に語り、エピローグを滑らかに進行させることで、読者にとって非常に分かりやすい構成となっています。

本作がなぜ読みやすいのかを考えると、その一因は大きく「オチの部分を妙に溜めず、エピローグをさらっと語る」ことにあります。

通常の漫画では大オチが近づくとストーリーが引き延ばされたり、オチが煽られることがありますが、「ラストカルテ」は起承転結が一定のリズムで進行し、この構成が読みやすさに寄与しています。

また、感動を呼ぶ最終的な展開も、淡々としたリズムの中で物語の起伏を巧みに構築しています。

特筆すべきは、かわいらしい動物たちの描写であり、彼らの表情や心情を緻密に描き出すことで感動を与えています。

「ラストカルテ」は法獣医学をテーマにし、野生動物の謎やミステリーだけでなく、動物を保護し、助ける心温まるストーリーも展開します。

その幅広いテーマに驚かされながら、獣医学や法獣医学に興味を持つ方にとっては特におすすめの作品と言えるでしょう。

\「ラストカルテ」がお得に読める!/

スポンサーリンク

「ラストカルテ」モデルになった場所や建物

物語の舞台は、北海道札幌市に隣接する架空の町である「美森市」であり、作中に描かれる美森大学は江別市に位置する酪農学園大学がモデルとなっていると推察されます。

なお、『ラストカルテ ー法獣医学者 当麻健匠の記憶ー』においては、美森大学獣医学類の描写に関しては酪農学園大学の浅川満彦教授が監修に携わっています。

なお、作品の作者である漫画家・浅山わかび先生は、浅川教授の娘であることが伝えられています。

物語において登場する美森市は架空の町となっており、江別市は設定上の架空の場所となっていますが、隣接する札幌市は現実の名称で登場しています。

作中では、美森大学のキャンパスの風景が描かれており、その様子は酪農学園大学の校門と酷似しているとされています。

美森大学のキャンパスは、単独の私立大学としては日本最大とされ、総面積は135ヘクタールに及びます。

この広大なキャンパスは、国道12号沿いに位置しており、その広さは東京ドーム28個分に相当します。

なお、これらの説明は『ラストカルテ』第36話において登場する「美森大学キャンパス」の紹介文と酷似しています。

スポンサーリンク

「ラストカルテ」アニメ化されている?

本誌掲載でサンデーうぇぶりでも週刊上位人気を誇る「ラストカルテ」。

そこで、気になるのがアニメ化を期待する声ですね。

しかし、残念ながら今現在(2024年2月)でアニメ化の情報は入ってはいません。

そこで、直近のサンデー漫画のアニメ化まで期間を少しまとめてみました。

タイト本誌掲載アニメ放送開始アニメ化までの期間放送局
葬送のフリーレン2020年4月2023年09月~3年5カ月日本テレビ
め組の大吾 救国のオレンジ2020年10月2023年09月~2年11ヵ月読売テレビ
スプリガン1989年2023年07月~09月約35年Netflix/TOKYO MX/BS11
トニカクカワイイ2018年2月2020年10月~2年8カ月TOKYO MX/BS11
ノケモノたちの夜2019年8月2023年01月~04月3年5カ月TOKYO MX/読売テレビ/BSフジ

上記を鑑みて、例外のスプリガンを除き、約3年の期間を考えると、「ラストカルテ」の掲載開始は2022年1月なので、2024年の秋~冬にはアニメ化されるのではないかと予想されます。

また、人気のサンデー漫画作品はアニメ化発表されてから、1年後にアニメ放映開始となります。

そのため、「ラストカルテ」のアニメ化発表は、2024年の冬~2025年の春として放映されるのではないかと予想されます。

アニメ化した漫画の、シーズン1で放映された巻数が大体4巻分ほどなので、現在の単行本数が7巻からみると、タイミング的にはバッチリなのかなと推測されます。

ちなみにもう当てはまらない事ですが、「週刊少年マガジン」にて連載中の『カノジョも彼女』が2021年にTVアニメ化が決定し、連載開始からわずか8ヶ月という異例のスピードでアニメ化された例もあります。

\「ラストカルテ」がお得に読める!/

スポンサーリンク

「ラストカルテ」ドラマ化はいつか?

【楽天市場】[新品]ラストカルテ -法獣医学者 当麻健匠の記憶- (1-7巻 最新刊) 全巻セット:漫画全巻ドットコム 楽天市場店
ラストカルテ -法獣医学者 当麻健匠の記憶- (1-7巻 最新刊) 全巻セット

こちらもアニメ化同様、「ラストカルテ」のドラマ化の情報はまだ出ていません。(2023年11月現在)

そのため、正確に「ラストカルテ」のドラマがいつから始まるかはわからないのが現状です。

ただし、一番最近の講談社の漫画「彼女、お借りします」は2017年7月に連載スタートし、約5年後の2022年7月にドラマ化しています。

また、同じく講談社の漫画「マイホームヒーロー」は2017年5月に連載スタートし、約6年後の2023年10月にドラマ化しています。

同じ出版社、小学館の漫画「セクシー田中さん」は2017年8月に連載スタートし、約5年後の約2023年10月にドラマ化しています。

ここにある情報は少ないですが、もしこれらの法則が当てはまるなら、「ラストカルテ」の連載スタートが2022年1月で、5年後だと2027年以降になる可能性があるかもしれません。

しかし、昨今ではメディアの普及により、昔に比べてドラマの本数もかなり増えてきました。

「ラストカルテ」の話題性やストーリー性からしても、ドラマ化不可避な内容になっておりますので期待して待ちましょう。

しかし、様々な例外はありますが、実写化の場合には起用したい俳優やアイドルなどの出演者やスポンサーの都合が前提にあって、その条件に合わせて使いやすい漫画などの原作を探す形です。

多くのものが、大幅に原作から改変されるのも同じ理由で、「この漫画をドラマ(映画)にする」ことが一番の目的では無く、作ろうとしている実写作品に都合の良いものが選定されます。

つまり、法則性は無いので楽しみに待ちましょうという事です。

スポンサーリンク

「ラストカルテ」検索に出てくるキツネのネタバレとは

ネタバレというよりは、恐らくはキツネ回(第22話 キタキツネ)が面白く、いたく感動したために検索として調べる人が多かったと推測されます。

実際、この回には人として野生動物との境遇をどう捉えるかを、作者から訴えられているような思いが伝わってきます。

野生動物との遭遇について学ぶことは、地域によって異なるかもしれませんが、現在は小学校でその知識を習得する機会があることが考えられます。

例えば、キツネが生息するなど野生動物が身近に存在する環境では、これに対処する多くの知識が必要です。

通常触れ合うことのない、または考えることのない動物について深く理解することは、非常に興味深い経験です。

特に、キツネが関与した出来事が原因だけでなく、人間の育て方に不備があったことも理解すると、生き物を育てる上で正しい知識が不可欠であることが示唆されます。

例えば、キツネの畑荒らしによって生じた問題や、病気感染によって農家の人が動物に恨みを抱き、毒を仕掛けた結果クマに被害が出たといった事例は、現実の世界で経験していない者には想像が及ばない状況です。

こうした事象を考察することで、動物たちが直面する様々な困難や問題について深く理解することができます。

また、命には格差が存在し、平等ではないという現実もあります。

この事実は暗黙のルールとされており、誰もが口に出すことが難しいものとされています。

しかし、実際に多くの動物の死に関与してきた経験を持つ者が、ヒグマの死がニュースに取り上げられ、一方でキツネの死が報道されない現実を目の当たりにし、その実感を言葉にしたものです。

例えば、ラストカルテと呼ばれる法獣医学の漫画が発表されて以来、死んだ野鳥やキツネからの感染が原因で鳥インフルエンザが発生したというニュースに対する認識が向上しました。

このような出来事を通じて、鳥インフルエンザが高い致死率を持つ病気であることや、その犠牲者が苦しんでいた可能性について、より詳細に理解できるようになりました。

キタキツネ回はそういった関心を、世間に一般的になるように広げて欲しい、そんな思いを感じさせてくれる素晴らしいお話です。

\「ラストカルテ」がお得に読める!/

スポンサーリンク

「ラストカルテ」打ち切りの噂…?

単行本が未刊行の段階では、判断は必然的にアンケートの順位に依拠します。

アンケートの結果が著しく不振であれば、単行本の第1巻が刊行された時点で終了の可能性があり、さらには売り上げ見通しが不確定であれば、単行本の刊行自体が行われないこともあります。

すでに単行本が発行されている作品については、雑誌内のアンケート結果と単行本の販売部数(部数×実売率)の双方から判断が行われますが、一般的には単行本の部数が重視される傾向があります。

ただし、各作品のアンケート順位や単行本の販売部数だけでなく、雑誌全体のコンセプト、作家の評価、メディアミックス展開の可能性、作家や作品の将来性などの要因も考慮し、編集長は戦略的に雑誌の編成を決定します。

従って、打ち切りの判断が必ずしも数値通りに行われるわけではありません。

ちなみに「ラストカルテ」の単行本は7巻まで発売されており、累計発行部数は600万部を突破している(2022年6月現在)ので大丈夫だと信じています。

スポンサーリンク

最期に一言

今まで数々の漫画を読んできて、こんなに瞬発的に泣ける漫画は初めてでした。

動物の描写が愛らしいところもそうですが、動物目線の感情を伝えられたら、もう胸にグッとくるものがあり、最近の漫画の中でもかなり影響を受けた作品になります。

今後アニメ、ドラマ化して更に有名になったアカツキには、作品を観て動物に対する心境も変わる人が続出しそうですね。

この美しい物語がずっと続いて欲しいと、心から思っております。

\「ラストカルテ」がお得に読める!/

ラストカルテが好きな人は下記の記事もおすすめ▼

タイトルとURLをコピーしました