※本ページはプロモーションが含まれています。

作者・硬梨菜(カタリナ)「シャンフロ」のデュエマコラボ!期待のゲーム化は?

シャングリラ・フロンティア
この記事を読んで「シャングリラ・フロンティア(シャンフロ)」の分かる事
▶この漫画の特徴と、おおよそのあらすじ
▶作者・硬梨菜(カタリナ)はどんな人か
▶アニメ、ゲーム化決定!現時点で決まっている全容
▶話題のデュエル・マスターズコラボの内容
▶つまらないなど、悪評の内容はどんなものなのか
▶電子書籍で漫画を読むとお得な情報が分かる
「シャングリラフロンティア」を読むなら、電子書籍がオススメ!

 

\今なら70%OFFクーポン×6枚をもらえる!/

(↑クリックで公式サイトへジャンプします)

★今ならクーポンでお得に買えて『各528円➡︎158円』になります!!
★ebookjapanの魅力★
70%OFFクーポン×6枚をもらえる
PayPayポイントがザクザク貯まる&使える
日替わりクーポンの割引率が高い
ソフトバンクユーザーは最大35%OFFで買い物できる(毎週金曜)
その他ユーザーも最大18%OFFで買い物できる(毎週金曜)
★こんな人にオススメ★
PayPayを利用している方
長く愛用したいと思える電子書籍のサイトを探している方
ソフトバンク、ワイモバイルユーザー、Yahoo!プレミアム会員の方

\「シャングリラフロンティア」がお得に読める!/
スポンサーリンク

「シャングリラ・フロンティア(シャンフロ)」とは?

シャングリラ・フロンティア ~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~(1) (週刊少年マガジンコミックス)
第47回「講談社漫画賞」少年部門受賞!「小説家になろう」の超人気作が待望のコミカライズ! “クソゲー”をこよなく愛する男・陽務楽郎。彼が次に挑んだのは、総プレイヤー数3000万人の“神ゲー”『シャングリラ・フロンティア』だった! 集う仲間、...

「シャングリラ・フロンティア ~クソゲーハンター、神ゲーに挑む~」は、小説投稿サイト「小説家になろう」で連載中のライトノベルで、その作者は硬梨菜氏です。

物語は近未来のVRMMOゲームを舞台にしており、未だ書籍化されていないにもかかわらず、ファンアートやクソゲーをテーマにした二次創作小説、二次創作動画、そしてクソゲーを基にしたボードゲームなどが制作され、人気を博しています。

記事の概要にもある通り、2023年時点で書籍化はされていませんが、それにもかかわらずコミカライズ化とアニメ化が先行し、これは前代未聞のメディア展開となっています。

実際、書籍化の話があったものの、それが中断し、作者のX(旧Twitter)でその経緯が言及されています。

2019年11月2日からは、「小説家になろう」とは異なる小説投稿サイトである「ハーメルン」の原作カテゴリにも追加され、累計ランキングでは多くの書籍化やコミカライズが進んでいる作品を抑え、二桁順位を獲得しています。

海外では違法な翻訳小説が連載され、人気を博しています。

キャラクター人気投票では、通常の人気投票を超える1000票以上が僅か一日で集まり、2018年にはアニメ化希望のランキングにランクインし、2019年には6位、2020年上半期では2位になるなど、書籍化されていないにもかかわらず注目を集める偉業を達成しています。

2020年下半期の同ランキングでは、驚異的な支持率30%を記録し、第1位に輝いています。

2019年11月7日には、小説家になろうで人気投票が行われ、2022年5月19日には連載開始から5周年を迎えました。

スポンサーリンク

「シャングリラ・フロンティア(シャンフロ)」あらすじ

クソゲーとして評価される「フェアリア・クロニカル・オンライン」をクリアしたプレイヤー、サンラクは、次にプレイするゲームを選ぶ中で迷っていました。

すでに伝説となるようなクソゲーですら攻略したサンラクは、通いつめているゲーム屋の店員に相談し、次にプレイすべきゲームについてアドバイスを仰ぎました。

店員は、一般のプレイヤーにも高く評価されている「シャングリラ・フロンティア」を勧め、その理由を述べました。

クソゲー以外のジャンルに挑戦するのは久しぶりだったサンラクは、選択可能な多彩なジョブや、スムーズに動作する自分のキャラクターに感動しました。

キャラクターの操作性を確認しつつ、雑魚モンスターを狩り、アイテムを集めながら最初の街であるファスティアを素早く突破し、次なる街を目指します。

セカンディル(第2の街)に到達する前に、最初のエリアボスに遭遇し、サンラクは独自のプレイスキルを駆使してダメージを与え続けます。しかしながら、「初心者向けのボス」だと高をくくっていた油断が招いた初見殺しの毒攻撃により、サンラク自身のHPが制限時間となります。

しかし、様々な理不尽なクソゲーを打破してきた不屈の精神力で、サンラクはボスを撃破し、ギリギリの状態でセカンディルに到着します。

一方で、サイガ-0はサンラクとの再会を望み、そのためにファスティアを訪れています。

初心者向けのエリアにふさわしくない高レベルプレイヤーの出現にも関わらず、周囲のざわめきを気にせずサンラクを捜し求めますが、結局見つけることができません。

サイガ-0は初心者向けのエリアを徹底的に捜索しますが、既にサンラクはエリアボスを撃破し、セカンディルに進んでいたのでした。

【楽天市場】[新品/あす楽]シャングリラ・フロンティア (1-16巻 最新刊) 特装版セット + オリジナル収納BOX付きセット 全巻セット:漫画全巻ドットコム 楽天市場店
シャングリラ・フロンティア (1-16巻 最新刊) 特装版セット + オリジナル収納BOX付きセット 全巻セット

参考元:マンガペディア

スポンサーリンク

「シャングリラ・フロンティア(シャンフロ)」面白い?

如前に述べた通り、本作は「なろう系」とは異なる独自の世界観や設定が特徴的です。

特に、「なろう系」の典型的な主人公が有するチートな能力やステータスが本作には存在せず、「主人公のチート無双にはもう飽きた」と感じている読者にとってはおすすめの作品となります。

加えて、物語中にはシャンフロ以外にも楽郎が愛する様々なクソゲーが登場し、「クソゲーあるある」を楽しむ読者にも魅力的です。

作中では「ユニーク」と名付けられたモンスターやシナリオが登場し、それが作品そのものが独自かつユニークな存在であることを象徴しています。未知の冒険がどのように展開していくのか、予測できないサスペンスとワクワク感が漂います。

物語はファンタジーの冒険という「なろう系」の要素を保ちつつも、独自のアプローチで描かれており、読者はその独創性に引き込まれることでしょう。

主人公はクソゲーで培った卓越したプレイヤースキルを有しており、通常の一般人がパーティーを組まなければ対抗できない強敵にも匹敵以上に対峙できる点が魅力的です。

また、まともな戦いだけでなく、裏ワザのような巧妙な戦術も取り入れ、攻略の鍵となる「ユニークモンスター」の存在も物語に深みを与えています。

「ユニークモンスター」は世界に1匹しか存在せず、数多くのトッププレイヤーが力を合わせても未だに討伐されていない最強の存在です。

主人公が神ゲー「シャングリラ・フロンティア」を攻略できるのか、その行く末にはどんな展開が待っているのか。

興味を引かれた方は、是非本作を一読されることをお勧めいたします。

\「シャングリラ・フロンティア(シャンフロ)」がお得に読める!/
スポンサーリンク

「シャングリラ・フロンティア(シャンフロ)」作者、硬梨菜(カタリナ)とは?

ドイツ生まれの日本人、カナダとアメリカに渡航歴あります。

名前の由来はグランブルーファンタジーのキャラ「カタリナ」ダークソウルシリーズのキャラ「カタリナの騎士」両方とされているそうです。

そういえば知らない人も増えてきた気がするので解説すると「硬梨菜」の名前の由来はダクソとグラブルでダブルミーニング、カタリナ騎士が好きだったのと、この名前決めた当時はミュルグレスが欲しくてたまらなかったから硬梨菜にしたらしいです。

ただ、現在は漫画版に掲載されている作者の自画像から「カタリナの騎士」の方が要素としては強い模様です。

なお、シャンフロはアメリカに在住していた時に執筆を始めたとのことです。

作者の座右の銘は「ガバ転び八起き」。

設定の矛盾点が発生した時にあれこれ理屈をこねて、盛って新たな設定を作り出して解消してしまうことを指します。

上手くまとまると非常に美しいのですが、たまに失敗して「こまけぇこたぁいいんだよ!(AA略) 困ったときの俺が何とかしてくれる!」

大規模なガバのリカバリに成功した場合、シャンフロ界隈は非常に盛り上がります。

愚虎、尾羽見て満ちる」 作者が作ったことわざです。

逃げる鳥の尾羽を見ただけで、それがもう手に入ったものと思い込み、満足して襲う事を忘れた愚かな虎の意です。

転じて、あと少しで得られる成果を行動せずに、見ているだけで満足してしまった者は愚かである、という意味です。

類義語:取らぬ狸の皮算用。

エムル(人型)

作者は『外道三人』『外道三人組』と書くことが多いが、読者は「外道三人衆」と書くことが多い、トリオを組んだ「陽務 楽郎」「魚臣 慧」「天音 永遠」、彼らのプレイキャラを一纏めにしたときに使われます。

そして、通称「ゲロ」と呼ばれるものがあり、口から吐き出されるもの、つまり作者のネタバレ情報です。

読者からの腹パンによって吐き出されることが多いが、作者自身で喉に手を突っ込んで吐き出すこともあります。

それらをまとめたもの「ゲロまとめ」、小説家になろうの感想欄での返信や、作者Twitterでのシャンフロに関する情報をまとめたものの総称。元々感想欄のゲロをまとめだしたものだが、最近はTwitterが主体です。

本wikiの「感想返しまとめ」ページにまとめられており、最新のものはトップページのMenuBarからアクセスできます。

本wikiの性質上、作品に関係ない質問やただの感想は大部分が省かれているので「シャンフロ界隈の盛り上がりや反応を感じる」という点では各生データに劣ります。

しかしリアルライブラリ諸兄の努力により可読性・検索性が格段に向上し、シャンフロ世界を理解する上での重要な情報源となっています。

なお必要な部分だけ抽出しても2020年冬現在のTwitterまとめはwiki1ページの行数限界を3か月で超えてしまうそうです。

「除夜ゲロ」 作者と読者の煩悩を昇華するため、年末年始に行われる一問一答の恒例行事というものもあります。

「シャングリラ・フロンティア」の戦略的で緻密なストーリーを最新話まで見れる
スポンサーリンク

「シャングリラ・フロンティア(シャンフロ)」ゲーム化はいつ?媒体は?

ネットマーブルはアニメの制作委員会にも参加しており、アニメの放映と同時にゲームをリリースする可能性が高まっています。

この場合、テストプレイヤーの募集が行われない傾向があります。

どのハードでのリリースかについては、発表時に明示されておらず、具体的なハードウェアに関する情報は不足しています。

アニメとゲームの同時展開は、アニメを鑑賞したファン層をそのままゲームに取り込む効果があることから、プロモーションの観点から有利であるとされています。

最近の傾向として、この手法はスマートフォンゲームとの同時リリースが主流となっており、シャングリラ・フロンティアもこのパターンに沿う可能性が高いと見られます。

スマホゲームであるという仮説の裏付けとして、ネットマーブルが開発に着手するというニュースが挙げられます。

ネットマーブルは過去に『セブンナイツ』や『俺だけレベルアップの件』など、数々のヒット作を手がけた経歴を持っており、スマホゲーム開発において高いクオリティが期待されます。

現時点ではゲームのシステムに関する情報は一切公開されておらず、詳細な内容については今後の発表を期待するばかりです。

ネットマーブルの経験から高品質な3Dグラフィックスが期待され、キャラクターのガチャや編成による戦闘が考えられるとされています。

個人的な期待としては、シャングリラ・フロンティアの世界を舞台にしたMMORPGの形態も興味深い可能性として浮かび上がっています。

将来のアップデートや公式発表を注視しながら、ゲームに関する詳細情報が明らかになることを期待しています。

『シャングリラ・フロンティア』プロジェクトPV|TVアニメ化&ゲーム決定!!

ゲームのPVを初公開

ネットマーブルは、2023年7月7日(金)、講談社の人気漫画「シャングリラ・フロンティア」を基にした新作ゲームのプロモーションビデオ(PV)を初公開いたしました。

「シャングリラ・フロンティア」は、硬梨菜氏が原作を手がけ、不二涼介氏が漫画を描いたコミック作品であり、物語は普段は人気のないバグだらけのクソゲーに没頭する高校生の主人公が、「シャングリ・ラ・フロンティア」と評価される最高のゲームをプレイして体験する冒険を描いています。

今回初公開されたゲーム動画では、原作の世界観を忠実に再現したイントロから始まり、陽務楽郎、斎賀玲、魚臣慧などのキャラクターたちが繰り広げる戦闘アクションが、華麗なスキル演出で構成されています。

『シャングリラ・フロンティア』ゲームPV初公開!

ゲーム媒体はやっぱりスマホか?

「シャングリラ・フロンティア」のゲームについて、どのハードプラットフォームで展開されるかという疑問が一部で浮上しています。

公式発表においては、ゲーム化の発表のみであり、ハードウェアに関する言及は行われていません

一般的に、メディアミックス展開においては、アニメの放送に合わせてスマートフォンゲームを同時リリースする手法が一般的です。

これは、アニメを通じて興味を引かれた視聴者をゲームに誘導する有効な手段であり、広告費用を抑える利点もあります。

したがって、今回の「シャングリラ・フロンティア」も同様の手法を取る可能性が高いと考えられましたが、アニメ化が先行する形となってしまいました。

また、スマートフォンゲームである可能性を示唆する要因として、開発を手掛けるネットマーブルの発表が挙げられます。

ネットマーブルは過去に数々のヒット作をスマートフォン向けに開発しており、今回のプロジェクトもその流れを踏襲するものと予想されます。

ゲームの具体的なシステムについては、現時点で公表されておらず不明です。

しかし、ネットマーブルの実績から考えると、高品質な3Dグラフィックスを備えたゲームである可能性が高く、ガチャ要素やキャラクターの編成を活かした戦闘アクションが予想されます。

MMORPGの形態になる可能性もあり、ファンが期待する要素を取り入れつつ、ネットマーブルならではの新しい要素が盛り込まれることでしょう。

具体的な詳細については、公式発表がある際に随時報告いたします。

\「シャングリラ・フロンティア(シャンフロ)」がお得に読める!/
スポンサーリンク

「シャングリラ・フロンティア(シャンフロ)」話題のデュエル・マスターズコラボ

9月16日(土)発売のアビス・レボリューション第3弾「魔覇革命」に、不二先生イラスト、硬梨菜先生フレーバーテキスト担当のコラボカード《フェアリー・Re:ライフ》を収録。

デュエル・マスターズ TCG DM23-RP3 アビス・レボリューション 第3弾 「魔覇革命」とは?

2023年度デュエル・マスターズの通常拡張パックの第3弾。
強力大人気ギミックの復活。
人気のツインパクトカードも継続。

・新シリーズの基本弾となる拡張パック。「斬札ウィン」が使うアビス戦略もより強化!
・複数の文明を持つ多色カードを多数収録!
・最高レアリティ「オーバーレア」収録!
・人気のレアリティ「シークレット」「トレジャー」も継続!
・人気のアーティストコラボ企画も継続!

■製品仕様
【1BOX】30パック入り
【1パック】5枚入り

作者の硬梨菜さんかなり熱望していた様子、願いが叶って良かったですね。

かなり大きなポスター、目立ちますね。

デュエル・マスターズをプレイしていない方でもシャンフロが好きな方、今後シャンフロの人気が更に加速して、かなり価値が上がる前に、コレクションとしてどうでしょうか。

【楽天市場】デュエル・マスターズ TCG DM23-RP3 アビス・レボリューション 第3弾 「魔覇革命」 DP-BOX タカラトミー(TAKARA TOMY):サーバ屋 楽天市場店
新品・国内正規品。デュエル・マスターズ TCG DM23-RP3 アビス・レボリューション 第3弾 「魔覇革命」 DP-BOX タカラトミー(TAKARA TOMY)
スポンサーリンク

「シャングリラ・フロンティア(シャンフロ)」はつまらない?炎上してる?

シャンフロがつまらないのは「現在の章」

シャングリラ・フロンティアの魅力不足に関する意見は、物語の現在進行中の章が魅力を欠いているという点に端を発しています。

本作は主人公であるサンラクがクソゲーから神ゲーまでさまざまなゲームを行き来するという物語展開が特徴です。

特に神ゲーである「シャングリラ・フロンティア」において、手ごわいボスや苦難に遭遇すると、一時的にシャングリラ・フロンティアを離れ、クソゲーに戻ります。

そして、気力が回復した際に再びシャングリラ・フロンティアに戻るという流れが繰り広げられます。

このため、作品のつまらなさとは異なり、読者が現在の章を読んでいる際に魅力を感じにくいという印象が生じていると言えます。

ゲームに興味がない人は世界観が分からない

「シャングリラ・フロンティア」は、クソゲー愛好者であるサンラクが神ゲーに挑戦し、その攻略を描いたストーリーです。

物語は冒頭からゲームの要素が中心となりますが、初めからゲームに興味を持たない読者にとっては魅力的に感じられないことがあります。

これは単純にゲームに対する関心がないためです。

説明が一定程度行われているとはいえ、ゲームに特有の「用語」などは都度検索しないと理解が難しいと感じられることがあります。

これにより、読者が疲れてしまい、作品が面白くない・つまらないと感じることがあります。

「面白くない」は「面白くない?」

検索窓に現れる「面白くない」を調査した結果、「面白くない⤴?」という表現は、実際には「面白くないの? というめちゃくちゃ面白いじゃんね!という共感を求める」意味合いを持っていることが分かりました。

具体的な作品に対する「面白くない・つまらない」といった否定的な意味合いは見受けられず、むしろ作品は面白く、読者たちが盛り上がっている印象が強調されています。

続きを早く読みたいといった期待感も感じられます。

つまらない、面白くないというコメントを探すのは、難しいと感じるぐらい見かけませんでした。

上述したように、ゲームに興味がない人や、「現在の章」が面白くないという感じで、どの漫画にもあるような内容でした。

その他はさすがに数々の偉業を達成しているとあって、応援するコメントや、褒めるようなコメントが多いのはさすがだなと思いました。

スポンサーリンク

最期に一言

私のようにオンラインゲームなどに触れてきたものにとっては、「シャングリラ・フロンティア」の世界観は、楽しめるものとなっているのではないでしょうか。

それに加えて、作画の綺麗さや、物語の展開の上手さ、物語の視野の広さなど、人気になる要素が沢山あって、今後も期待の持てる作品です。

現在はなぜか格ゲーの世界に移行していますが、今後ゲーム化も果たし更なる飛躍をする事間違い無しなので、応援していきたいですね。

\「シャングリラ・フロンティア(シャンフロ)」がお得に読める!/

「シャングリラ・フロンティア(シャンフロ)」が好きな人は下記の記事もおすすめ▼

「ダンダダン」祝アニメ化!でも怖い、気持ち悪い、パクリ…面白さの裏側を探る
2024年、10月に『ダンダダン』(作者:龍幸伸)が、少年ジャンプ+にて連載中の漫画として、テレビアニメ化が決定。若山詩音がモモ(綾瀬桃)役、花江夏樹がオカルン(高倉健)役、田中真弓がターボババア役、そして中井和哉がセルポ星人役を演じることが決定しました。
タイトルとURLをコピーしました