※本ページはプロモーションが含まれています。

ミサンガからの名言が熱い「アオのハコ」最終回は先?読むのがつらい理由は?

アオのハコ
「アオのハコ」がお得に読めるサービス


70%OFF×6回使えるクーポンがもらえる
簡単登録無料
無料で試し読み
🏸この記事から「アオのハコ」の何が分かる?
▶あらすじ、好きな先輩と同居する青春ラブストーリーである
▶見どころは愛らしいキャラに、心情がとても丁寧に描かれている
▶テレビアニメ化が決定!現時点で決まっている内容について
▶名言や名シーンが沢山あり、魅力的な要素になっている
▶見ていて「つらい」と言われているのは、色んな意味合いでの事
▶ようやく、大喜と千夏が付き合えたが、まだ最終回ではない事
▶話題のミニキャラステッカーは、Twitter投稿で貰える
▶アオのハコを全巻一気読みするなら電子書籍がオススメ
スポンサーリンク

「アオのハコ」を読むなら、電子書籍がオススメ!

ebookjapan

漫画全巻が安く買える電子書籍は、「ebookjapanです。

ebookjapanは、ヤフー株式会社の電子書籍サービスです。

割引・無料のマンガもたくさんありますし、ebookjapanオリジナル作品もあります。


ebookjapanでは、初めてログインする人を対象に、70%OFF×6回使えるクーポンがもらえるため、お得に安く購入できます。

全巻購入する場合、数回に分けて購入することで、お得に買うことができますね。

eBookJapan公式サイトはこちら

DMMブックス

全ての漫画を2,000円割引で購入できるのが「DMMブックス」です。

安くなる理由としては、DMMブックスでは、初めて有料作品を購入する人を対象に90%OFFクーポン(上限割引額2,000円)を配っているからです。


DMMブックスは、アニメや映画・ドラマの動画配信など、数多くのエンタメ事業を展開する「合同会社DMM.com」が提供する電子書籍アプリです。

DMMブックスの90%OFFクーポンは、新規会員登録することで自動的にもらえます

新規会員登録は、メールアドレスとパスワードを登録するだけなので、あっという間に登録が完了しますので簡単です。

DMM公式サイトはこちら

Amebaマンガ

Amebaマンガ」は初めて会員登録した人に、好きな漫画が100冊まで50%還元になるクーポンを配布しています。

購入した漫画はずっと読み放題、そして嬉しい最新刊・最新話もクーポンの対象です。

全話まとめ買いしたいときに必見のクーポンですね。

100冊までならほかの漫画を組み合わせることも可能なので、大人買いもできちゃいますよ。

ほかにも、Amebaマンガはお得に漫画が買えるキャンペーンをいくつか用意しています。

たとえば月額登録するともらえるマンガコインが最大50%増量します。

お得が盛りだくさんのAmebaマンガは、アメブロでおなじみ株式会社サイバーエージェントが運営する電子書籍サービスで、国内外250社以上、40万冊以上の漫画を配信しています。

毎日4,000冊以上の漫画が全巻無料で読み放題など、お気に入りの漫画を読んだ後も、お得がずっと続くAmebaマンガ。

たくさんの漫画をまとめ買いしたい人はぜひチェックしてみてくださいね。

電子書籍をおすすめしたい人

・読みたいときに読みたい漫画を好きなだけ読みたい
・いろんな種類(出版社)の漫画を1つのアプリで管理したい
・お気に入りの漫画は何度も読み返したい

漫画アプリをおすすめしたい人

・1日1話でもよいので無料で漫画を読みたい
・電車移動など暇つぶしに手軽に漫画を読みたい
・アプリオリジナルの漫画をお得に読みたい

それぞれメリットがあるので、どちらかだけではなく、目的や利用シーンによって使い分けするのがよいでしょう。

私個人的には、読みたい漫画が1つの出版社に限らず、沢山ある方には管理しやすい電子書籍を、少しずつでも良いから無料で読みたい方は漫画アプリをおすすめします。

スポンサーリンク

「アオのハコ」あらすじ

アオのハコ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
バドミントン部に所属する猪股大喜(いのまたたいき)は、女子バスケ部の先輩・鹿野千夏(かのちなつ)に恋をしていた――。自主練を真摯に取り組む姿に心惹かれていたが、思いもよらぬ事実が発覚し…!? 道のりは遠く、想いは近く。青春ラブストーリー、は...

『アオのハコ』は、親の海外転勤をきっかけに2人が通う、中高一貫スポーツ強豪校、栄明学園の好きな先輩と、同居することになる青春ラブストーリーです。

いつも朝練を欠かさない、主人公「猪股 大喜(いのまた たいき)」は、毎朝自分より早く練習に来る、1つ上の先輩「鹿野 千夏(かの ちなつ)」に恋をします。

中学の時に全国に行けずに、翌日に泣きながら練習をしていた千夏を、見たことがきっかけで、大喜は千夏を好きになります。

そして、ある日の朝、体育館が開くのが遅かったことから、二人は接点を持つことになります。

大喜は中学の時に泣きながら練習していた千夏を見ていたことを伝えます。

実は、大喜の親と千夏の親は元バスケ部のチームメイトでした。

それで、たまに連絡を取っているらしく、親は千夏が親の転勤で海外に行くことになることを聞きます。

それを知った大喜は、朝急いで体育館へ向かい、千夏へインターハイを諦めないでくださいと伝えます。

しかし、実は千夏は海外に行かないことになっていて、全国へ行くために、知り合いの家へ住まわせてもらうことになっていたのです。

家族と離れるのは寂しいけど、そう考えるようになったのは、大喜が千夏に中学の時のことを思い出させてくれたからだと伝えます。

そして、次の日の朝に大喜が起きたキッチンには、なぜか制服姿の千夏がいました。

千夏が居候することになっていたのは、大喜の家だったのです。

ここから、大喜と千夏の間で繰り広げられる、熱い青春ラブストーリーが始まります。

スポンサーリンク

「アオのハコ」見どころは?

まず、主人公の「猪股 大喜」は熱く真面目な性格で、超が付く程の好青年。

カッコイイというよりは、母性本能くすぐるカワイイキャラって感じです。

そして、ヒロイン役として登場する、「鹿野 千夏」が可愛いくて、度々カワイイワンショットが登場します。

そして、サブヒロインである「蝶野雛」もまた違った魅力があって可愛いです。

さらに、二人とも性格がとてもいい女の子で、読んでいるだけで癒されます。

おそらく、読み始めた読者の間で、アンケートを取ってみると、人気がきっぱり別れるんではないかっていうぐらい、それぞれ違う魅力を持った女の子達です。

あとは、基本的に絵がとても綺麗で、個人的にはジャンプっぽくないなって感じますが、それが女の子たちの魅力を際立てている1つの要素になっているとも思えます。

設定自体は、居候など王道的なものばかりですが、スポーツ要素もうまく取り入れて、登場人物の心情がとても丁寧に描かれています

そのため、キャラの感情に移入しやすく、読んでいて応援したくなる場面が多く見られます。

王道の青春ラブストーリーで、キュンキュンを楽しみたい方にぴったりの作品だと思います。

スポンサーリンク

「アオのハコ」テレビアニメ化決定!いつから?

TVアニメの制作が確定し、新たにティザービジュアルが公開されたことをお知らせいたします。

2023年11月20日に決定で、更に情報が入り次第、順次更新していきたいと思います。

そのビジュアルでは、早朝の冷たい空気の中で、主人公が尊敬する先輩である鹿野千夏が体育館の前で朝練を待つ瞬間が描かれています。

この美しいビジュアルは、キラキラと輝く朝日が校舎を照らし、物語の始まりを予感させるものとなっています。

同時に、本作のメインキャストも発表されました。

男子バドミントン部の真面目な主人公・猪股大喜は、千葉翔也が演じ、女子バスケットボール部の次期エースである鹿野千夏は上田麗奈が演じます。

また、原作者である三浦糀先生とメインキャスト陣からは、アニメ化に対する歓喜のコメントも寄せられています。

公式サイトもオープンし、今後はアニメに関する様々な情報が順次公開される予定です。

それぞれのキャラクターたちの情熱的で繊細な思いを描いた、青春部活ラブストーリーが幕を開けます。

TVアニメ「アオのハコ」ティザーPVもついに公開。

『 毎朝一番に、会いたい人がいる⎯⎯⎯ 』

TVで観られる『アオのハコ』へのご期待もお寄せいただければ幸いです。

\「アオのハコ」がお得に読める!/
スポンサーリンク

「アオのハコ」ドラマ化はいつか?

「アオのハコ」の週刊少年ジャンプからの実写化がかなりの可能性があると予測されます。

その根拠は、主に以下の2点にあります。

実写化しやすい設定

「アオのハコ」は、週刊ジャンプにおいて王道の青春ラブコメ漫画であり、バドミントン部の男子が一つ上の女子バスケ部の先輩に恋をするというシンプルで実写化しやすい設定が魅力です。

物語が高校生の心情を描いており、スーパー技や奇抜な設定がないため、映画化に適しています。

俳優や女優のキャスティングもしやすいでしょう。

発行部数からの人気の高さ

2021年10月4日時点で発売された2巻でも累計発行部数が35万部を突破しており、初版7万部が即日で10万部の重版となるなど、異例の好調なスタートを切っています。

このような発行部数の伸びが、実写化の成功の可能性を示唆しています。

また、アオのハコを実写化する際に映画化やドラマ化といった選択肢が考えられますが、ジャンプ作品の実写化例を見ると、映画化が主流であり、アオのハコも映画化する可能性が高いと予測されます。

高校生の物語であるため、映画の形式が適していると考えられます。

ジャンプ作品は通常アニメ化され、その後実写化が検討されることが多いです。

アオのハコもアニメ化された後に実写化される可能性が高いと考えられ、実写映画化には最低でも500万部以上の累計発行部数が必要であるため、今後の展開に期待が寄せられるでしょう。

ドラマ化はいつになりそうか?

今現在、「アオのハコ」のドラマ化の情報はまだ出ていません。(2024年1月現在)

そのため、正確に「アオのハコ」のドラマがいつから始まるかはわからないのが現状です。

ただし、一番最近の講談社の漫画「彼女、お借りします」は2017年7月に連載スタートし、約5年後の2022年7月にドラマ化しています。

また、同じく講談社の漫画「マイホームヒーロー」は2017年5月に連載スタートし、約6年後の2023年10月にドラマ化しています。

別の出版社、小学館の漫画「セクシー田中さん」は2017年8月に連載スタートし、約5年後の約2023年10月にドラマ化しています。

ここにある情報は少ないですが、もしこれらの法則が当てはまるなら、「アオのハコ」の連載スタートが2021年4月で、5年後だと2026年以降になる可能性があるかもしれません。

しかし、昨今ではメディアの普及により、昔に比べてドラマの本数もかなり増えてきました。

「アオのハコ」の話題性やストーリー性からしても、ドラマ化不可避な内容になっておりますので期待して待ちましょう。

しかし、様々な例外はありますが、実写化の場合には起用したい俳優やアイドルなどの出演者やスポンサーの都合が前提にあって、その条件に合わせて使いやすい漫画などの原作を探す形です。

多くのものが、大幅に原作から改変されるのも同じ理由で、「この漫画をドラマ(映画)にする」ことが一番の目的では無く、作ろうとしている実写作品に都合の良いものが選定されます。

つまり、法則性は無いので楽しみに待ちましょうという事です。

スポンサーリンク

「アオのハコ」ミサンガからの名言と他名シーン

もうご覧になっている方達の間でも、話題になっているのが、度々登場するキャラクター達の名言や名シーンです。

1話1話、見逃せない頻度で登場する名言や名シーンはアオのハコの魅力の1つになっており、読者の心を熱くします。

ミサンガからの熱い推し名言

IH出場を夢に、トレーニングを始めた大喜。
家で自分がバトミントンをプレイしている動画を見て確認していると、千夏が現れ「見たい!」と言う。
恥ずかしさもあったが、渋々見せると「凄いよね、こんなに速い羽根に反応して」と誉められるが、大喜は「まだまだ遅いです。
これじゃIHなんてー」と言った。
それを聞いた千夏は「IHに行くって言った?ちょっと待ってて!」と何かを取りに行き、「日本に残るって決めた時に作ったの、決意を形にしておこうと思って」と自作のミサンガを大喜に渡した。
憧れの先輩からのプレゼント一生大事にしなければ、と大喜は心で思う。
貰ったミサンガをその場で足につけようとしていた時、千夏が「それじゃ血が止まっちゃうよ」と、大喜の足にミサンガを結んでくれた。
大喜くんもIH行ってください。ほら、お揃い。大切にしちゃダメだよ」と言い残して千夏は部屋を後にした。
残った大喜が、「う゛あ゛!!こんなん、ますます好きになるじゃん、、、」と照れながら喜ぶシーンの言葉。

その他、名言&名シーン

名言集を作っている方もちらほらいらっしゃいます。

時々、深く考えさせれる1言も、強く心に残りますね。

漫画に名言を入れることは、読者に対してさまざまな効果をもたらす可能性があります。

・感動と共感

名言はしばしば深い感情や哲学的な洞察を伴っています。
読者がキャラクターの言葉に共感すると、物語に感情移入しやすくなります。
感動的な名言は、読者に強い印象を残すことができます。

・キャラクターの個性強化

キャラクターが印象的で力強い言葉を口にすることで、そのキャラクターの個性が強調されます。
読者はキャラクターをより深く理解し、愛着を感じることができます。

・テーマ性の強化

名言はしばしば物語のテーマ性やテーマを強調するのに役立ちます。
作品の中で何度も繰り返される特定の言葉やフレーズは、物語の中心的なアイデアやメッセージを読者に浸透させる手段となります。

・引用としての普及

一部の名言は、作品から独立して引用され、広く知られることがあります。
これにより、作品自体が文化的な影響を与え、読者以外の人々にも影響を及ぼす可能性があります。

・印象の定着

名言は読者の心に残りやすく、物語全体の印象を形成します。
特に重要なシーンやクライマックスでの名言は、読者に強い印象を与え、作品全体を記憶に残りやすくします。

・読者とのコミュニケーション

名言はしばしば読者とのコミュニケーションの手段となります。
ファン同士が共有し合い、議論のきっかけとなることで、作品が読者コミュニティとの結びつきを強化します。
総じて、名言は物語に深みを与え、読者との結びつきを強化する有力な手法です。

要は名言大事、ですね。

【楽天市場】[1月下旬より発送予定][新品]アオのハコ (1-13巻 最新刊) 全巻セット [入荷予約]:漫画全巻ドットコム 楽天市場店
アオのハコ (1-13巻 最新刊) 全巻セット
スポンサーリンク

「アオのハコ」読むのがつらい?ってつまらない?

SNSやアプリのコメントで、読者の中には、色んな意味合いで「つらい」という意見もありました。

ジャンプ作品の中でも人気の高い作品の1つで、評判も高く、面白いと評価されていますが、一方では1部つまらないとの評判もあるみたいです。

それには、恋愛漫画を読んだ事がない人からすると、面白いのかつまらないのか分からないという感情が絡んでくるものと思われます。

つまらないというのは上記の内容から分かる気もしますが、つらいってどういう事?って思いました。

それについて思い返してみたところで言うと、一番最初に思い浮かんだのが、大喜と雛との切ないやりとりでした。

ちょっとネタバレになってしまうので、まだ読んでいない方は、この先少し飛ばしてください…。

大喜と雛は物語の途中で、少し良い感じになり、遂に雛が告白しますが、大喜の千夏への一途な思いが打ち勝ち、付き合うに至りませんでした。

その時の雛の気持ちを考えると、読者として本当に切なくてつらい思いになりました。

あと、思い浮かぶのが、第92話で千夏が大喜にかけて放った言葉「大喜くんがつらい時は」「隣にいるよ」

つらい
©️三浦糀 出典_アオのハコ
/週刊少年ジャンプ/少年ジャンプ+

この時の言葉で、千夏が大喜を完全に意識しているなと、読者は感じて、大喜と千夏を応援していた方々は、おおいに歓喜したと思います。

その他にも、「アオのハコ青すぎてつらい」「アオのハコの雛ちゃん可愛すぎてつらい」「千夏先輩から距離置かれたのはつらい」「アオのハコがキュンキュンしすぎてつらい」など色んな意味での「つらい」コメントがありました。

しかしながら、やはり大喜が雛の思いに応えられなかったシーンのところが、一番切なくて「つらい」ではないでしょうか。

読者の雛ちゃん愛が伝わってきますね。

\「アオのハコ」がお得に読める!/
スポンサーリンク

「アオのハコ」打ち切りになる!?

「アオのハコ」の打ち切りに関する噂については、いくつかの理由が挙げられます。

まず、Google検索のサジェスト機能が「アオのハコ」を検索する際に「打ち切り」や「完結」「最終回」といった関連ワードを提示していることが一因です。

実際に「打ち切り」に関する検索が毎月約4000件あるため、これがサジェストに表示されることで噂が広まりやすくなっていると考えられます。

また、作品の背景には作者である三浦糀さんの以前の作品である「先生、好きです。」が少年マガジンでの連載から人気を得られず、マガジンポケットに移転して1年未満で完結した経緯があります。

この短編の連載経験から、「アオのハコ」も短命に終わるのではないかとの憶測が生まれている可能性が考えられます。

「アオのハコ」は10巻以上にわたり連載されており、2021年から約3年間にわたり週刊連載が続いています。

しかし、この長期連載から生じる不安感が、ファンの間で「いつまで続くのだろう?」といった疑念を呼び起こし、連載打ち切りの噂が拡散されていると考えられます。

最後に、漫画の打ち切りに関する噂は一般的に検索されることが多いものの、その根拠が不確かな場合が少なくありません。

したがって、このような噂が事実となるかどうかを検証する際には注意が必要です。

スポンサーリンク

「アオのハコ」千夏と付き合えたけど、最終回はまだ先?

え、ぇ、この表紙ってアオのハコ最終話?って思うような雰囲気で、ファンは少しびっくりたのではないでしょうか。

つい最近まで、アオのハコの最新話を見ていたはずなのにと、少し焦りました。

ただ、物語の展開とか、ここに来るまでの道のりを考えると、この告白の時点で最終話は近いのかなと感じていました。

「大喜と千夏がようやく付き合えた」「時間はかかったけど、良かった」と一番熱いシーンで完結するのは、アオのハコをずっと見て来た読者は、一番良いかなという意見もありました。

私個人としても、色んな漫画を見てきて、2ndシーズンなどになり、グダグダ感が出てくる作品が多い事を考えると、正直ここで終わって貰ってもいいかなーとか思ったりしました。

ですが、現時点での最新話、第122話まで見てきた感想としましては、大喜は2年生で千夏は3年生へ進級し、千夏卒業までの1年間の物語が始まったばかりで、新入生「兵藤あかり」の大喜との恋愛絡みの展開などを、また面白い展開になってきています。

この感じだと、最終回はまだ当分無いかなという見方でいます。

あとは、大喜と千夏の2人のちょっとしたラブラブ(イチャイチャ?)シーンなんかも、最近では気になるところの1つですね。

それと、もう一つ気になる点として、「猪股大喜」「鹿野千夏」「蝶野雛」の苗字の頭文字が「猪鹿蝶」と1セットとなっているので、雛は大喜と切ない1シーンがありましたが、また雛が大喜と千夏のところに、絡んで来るのではないかなという期待はあります。

1度、切ないところがあったので、今度は雛の幸せな笑顔も見たいですね。

しかし、ドラマなどのよくある展開で、この状況で雛が絡むのなら、大喜と千夏に何かがあって一緒にいられなくなる展開などを想像してしまいます。

色々と書いておいてなんですが、最後はハッピーエンドになると良いですね。

「アオのハコ」の名言や切ないシーンが見れる

DMMブックスで無料試し読みをする!▶

スポンサーリンク

「アオのハコ」ついにキスシーンが!!

65話のキスシーン!?

劇中のハプニング

演劇中に予期せぬハプニングが発生し、観客席は一時騒然となりました。
大喜と雛の唇が接したかのように見えたため、観客はその様子を楽しんでいました。
2人の間に交際の噂があったこともあり、この出来事はその噂をさらに広める結果となりました。
しかし、大喜はクラスメイトたちの度を越した反応に対し、静止を求める真剣な表情を見せました。
その様子にクラスメイトたちは一同静まり返りました。

雛と大喜のやり取り

大喜が一人で去ろうとする姿に対し、雛は彼に詫びの言葉を述べました。
しかし、雛には何の落ち度もなかったことを理解していた大喜は、むしろ演劇を順調に進行させられなかったことを詫びました。
雛は大喜の努力を称賛し、必要であれば千夏にキスがなかったことを説明すると提案しました。
雛は大喜が千夏との誤解を避けたいと考えていると思い込んでおり、理由が違っていたとしても、大喜は否定する暇もなく、雛は去っていきました。

匡との対話

その後、大喜は演劇中の一件について、同じく劇に参加していた匡に対して、観客が演劇よりもキスに反応していたことに対する不満を吐露しました。
また、雛の誤解も含めて不満を述べました。
大喜が怒っていたのは、千夏に誤解されることよりも、自身と雛の曖昧な関係が周囲から詮索されることでした。
匡はその大喜に対し、雛を本当に好きになってはいないかと問いかけ、自分自身の感情について深く考えるよう助言しました。

文化祭の終わり

そうして、文化祭は幕を閉じました。
同時に、千夏も大喜の家に戻ることになりました。
大喜と雛が最終的にキスをしていなかったことに、千夏は安堵しました。もし2人がキスをしていたとしたら、その関係は変わっていたであろうと推測します。
大喜もまた、千夏のことを思う心から、罪悪感のような気持ちが生じてしまう可能性があったため、結果としては良かったと考えられます。

111話以降ネタバレ!キスシーンの可能性・・・?

千夏の誕生日プランとその詳細

冒頭に触れておくと、千夏の誕生日プランの一部として、彼女が望んだ髪を乾かすという行為が行われました。
自分で行うとは異なり、他者による髪の乾かし方は驚くほど心地良いものでした。
千夏が接触を求めていたとも考えられますが、その願望も叶えられたため、一石二鳥と言えるでしょう。
その他にどのようなプランがあったのかは不明で、その詳細は彼女の両親が帰宅したため描かれませんでした。

千夏の恋愛観

千夏は、恋愛においては現実から目をそらさないという立場を保っていますが、一方で彼女が最も恋愛について考え、楽しんでいるように見えます。
インターハイという制約がなくなったとき、2人の関係がどう変わるかは注目すべきポイントです。
我慢した分だけ、その後の解放感が大きいことが予想されます。

キスのシーンとその後の展開

彼らが互いに視線を交わし、キスの合図を出したと思われるシーンがありました。
もし彼女の両親が帰宅しなければ、その続きが描かれたことでしょう。
ただし、よりロマンティックな場面でその瞬間を描きたいという意図があったのかもしれません。
誕生日のエピソードで多くの出来事が描かれましたが、すべてを描き尽くしてしまうと、楽しみが減ってしまい、キスの後の展開を描くのが困難になるからです。

次の展開について

次に、キスの展開がいつ描かれるのか、それがインターハイに関連するのか、学校の行事である卒業式の場面なのか、それとも千夏の誕生日なのか、それが気になるところです。
インターハイも夏であり、千夏の誕生日も8月26日と夏なので、そこで物語が進行する可能性が考えられます。
この度のおもてなしを受けて、大喜も色々な準備をすることでしょう。
千夏の誕生日プランにも期待が寄せられます。
千夏にとって最後の大会となるわけですから、その場面は最適でしょう。

スポンサーリンク

「アオのハコ」ミニキャラステッカーがめっちゃかわいい…

物語とあまり関係ありませんが、アオのハコの公式で青春エピソードを投稿する企画で貰えるステッカーが可愛すぎてやばいです…。

爽やかな青春の記憶がない私には、敷居の高い投稿ですが、スペシャルステッカーが欲しい方は絶対に投稿するべきだと思います。

只今、Twitterで第5回 「#アオハルなんでもリサーチバコ」 採用投稿紹介!をやっていますので、第6回の投稿でもステッカーが貰えると良いですね。

こちらはガチャのミニキャラですが、ステッカーの雰囲気とまた違いがあってカワイイですね。

名言ではないですが、推しキャラの1言が嬉しいですね。

これは、アニメ化が待ち遠しくなります。

スポンサーリンク

最期に一言

「アオのハコ」はジャンプで連載中で、アニメ化やドラマ化などをきっかけに、今後も絶対に伸びる可能性を秘めた人気漫画です。

恋愛漫画よりではあると同時に、ちょっとしたスポ魂要素もあったりと回を重ねる度に面白くなっていきます。

大喜と千夏の物語にどんな人達や展開が待ち受けているのか、今後も楽しみで目が離せませんね。

この記事を読んで「アオのハコ」を読み始めた、と言われる方が増えてくれたら幸いと思っております。

\「アオのハコ」がお得に読める!/

 

▼「アオのハコ」が好きな人は下記の記事もおすすめ▼

「薫る花は凛と咲く」相関図と登場人物の読み方まとめ!ドラマ、アニメ化は?
相関図と登場人物の名前の読み方をまとめてみましたが、こうしてみるとキャラクターの設定が、しっかり表現されていることが分かりますね。あと、結論から言うと、薫る花は凛と咲くのドラマ、アニメ化の情報はまだ出ていません。(2023年11月現在)
タイトルとURLをコピーしました