スポンサーリンク

祝!アニメ化!「ラーメン赤猫」放送はいつから?パクリって何の事?

※本ページはプロモーションが含まれています。

この記事を読んで「ラーメン赤猫」の分かる事

  • この漫画の特徴とおおよそのあらすじ
  • アニメの放送開始はいつか、現在の進行状況について
  • パクリと言われているのは本当か、その真相について
  • お得に漫画が読めるかどこか、アニメ放映後はどこで観るのがおすすめか
スポンサーリンク

「ラーメン赤猫」とは?

引用元:pixiv 服部三木 様

作品概要

『ラーメン赤猫』は、アンギャマン氏によって創作された日本の漫画作品であり、ネコが経営するラーメン店を描いたコメディジャンルの作品です。
本作は2021年11月26日より「ジャンプルーキー!」(集英社)にて投稿が開始され、続いて「少年ジャンプ+」(集英社)にて2022年3月14日から10月3日までの期間、インディーズ連載されました。
その後、2022年10月10日より正式な連載に移行し、毎週月曜日に更新されています。2023年11月27日には、アニメ化が発表されました。

ルーキー版

『ジャンプルーキー!』において、2021年11月26日から2022年2月20日まで投稿されたインディーズ版の前身である。
全5話からなり、初の3話は「連載争奪ランキング」にエントリーされ、第4話にはイラストが、第5話にはインディーズ連載開始の告知とイラストが描かれました。
また、この作品は「2021年11月 ジャンプ+連載争奪ランキング」で第1位を獲得し、「少年ジャンプ+」でのインディーズ連載権を得ました。
さらに、2021年11月期のルーキー賞最終候補作にも選出されました。

インディーズ版

2022年3月14日から10月3日まで「少年ジャンプ+」にて連載され、全29話が公開されました。
インディーズ連載では、担当編集者なしで内容を作者の裁量に任せられる一方で、原稿料は公開から3日間の閲覧数に基づいて変動し、広告収入や単行本の発行は保証されませんでした。
その後、インディーズ版の初期3話はルーキー版のそれとほぼ同じ内容でしたが、一部のキャラクターデザインが変更されました。

通常連載版

2022年10月10日より、第30話から通常連載化しました。
インディーズ連載から通常連載への移行は、本作が初めての例で、内容や話数のカウントは継続されているものの、連載ページはインディーズ版とは別に新設されました。

受賞と単行本

本作は「次にくるマンガ大賞2022」のWebマンガ部門で第5位に選出されました。
また、2022年8月から9月にかけて、「猫田びより」と共にゲーム「にゃんばーカードWARS」とのコラボレーションを行いました。
そして、2022年10月4日には、インディーズ連載作品としては2作目となる単行本が発売されました。

スポンサーリンク

「ラーメン赤猫」あらすじ

猫(と虎)のみにより経営される「ラーメン赤猫」において、物語が展開します。

本物語は、人間の女性である社珠子氏が、彼女のおばの推薦により当該店舗でのパートタイムの面接を受ける場面から始まります。

「社さんて猫好き?」

「どっちかというと犬のほうが」

「よし採用」

店長である文蔵氏(猫)は、一問のみにより社氏の採用を決定しました。

この結果、社氏は「ラーメン赤猫」にて勤務を開始する初の人間従業員となりました。

この採用の基準は、従業員が猫を好み過ぎると、多数存在する猫たちとの共働に支障を来す可能性があるためです。

「ラーメン赤猫」における主役は、猫たちに他なりません。

社氏は、顧客が不快感を抱くことなく、猫たちが主役である環境を維持するため、主に裏方としての業務を担当します。

これには、猫たちのブラッシング、清掃、洗浄などが含まれます。

徐々に、彼女は店舗に馴染んでいきました。

しかしながら、猫のみでラーメン屋を経営することは、多大な困難を伴います。

猫の抜け毛に起因する衛生面の問題、猫と人間の味覚の差異、迷惑をかける顧客の存在、法人格の取得に至るまで、多くの障害が存在します。

それでもなお、文蔵氏を含む「ラーメン赤猫」のスタッフは、これらの障害を一つずつ乗り越え、堂々とラーメン屋を経営しているのです。

「ラーメン赤猫」の世界観は、一部の猫や動物が人間の言葉を操り、器用に働いている点を除けば、基本的に現代日本と同様です。

言葉を話す猫や労働する猫は、むしろ少数派であり、極めて珍しい存在として描かれています。

社会全体としては、これら労働する猫たちを完全には受け入れておらず、まだ認知の過程にあるとの印象を受けます。

スポンサーリンク

「ラーメン赤猫」祝アニメ化!放送開始はいつから?

TVアニメ『ラーメン赤猫』作品情報

2024年7月4日木曜日、午後11時56分より、TBS系列28局において全国同時放送が開始される予定です。

これに先立ち、6月14日金曜日より、新宿バルト9を含む全国の映画館にて、2週間限定での先行上映が行われることが決定いたしました。

原作
「ラーメン赤猫」(アンギャマン)(集英社「少年ジャンプ+」連載)

STAFF
監督:清水久敏
副監督:青島昂希
シリーズ構成・脚本:久保亨
キャラクターデザイン・総作画監督:千葉道徳
3D監督:菅友彦
美術監督:ヤン・ルガル
色彩設計:鎌田千賀子
撮影監督:五十嵐慎一
編集:柳圭介
音響監督:前田茜
音響効果:宅間麻姫
音響制作:東北新社
音楽:マツオカヒロタカ
主題歌:「赤猫」水曜日のカンパネラ
プロデュース:E&H production・グッドスマイルカンパニー
アニメーション制作:E&H production

CAST
文蔵役:津田健次郎
佐々木役:杉山紀彰
サブ役:村瀬迪与
ハナ役:釘宮理恵
クリシュナ役:早見沙織
社 珠子役:折原くるみ

本PV公開&ゲーム化決定&ねんどろいど発売決定

『ラーメン赤猫』はTBS系列にて、2024年7月4日から毎週木曜日の23時56分に放送され、放送開始に先立ち、6月14日から2週間限定で、全国の映画館にて先行上映されることが決定しております。

声優キャストにつきましては、以前に「ラーメン赤猫」の店長・文蔵役として津田健次郎氏の起用が公表されておりましたが、この度、追加キャストとして「ラーメン赤猫」の従業員たちが発表されました。

接客、レジ、経理を担当する佐々木役に杉山紀彰氏、サイドメニューの調理及びラーメンの盛り付けを担当する黒猫サブ役に村瀬迪与氏、接客を担当する白猫ハナ役に釘宮理恵氏、製麺を担当するトラのクリシュナ役に早見沙織氏、従業員で唯一の「人間」である社珠子役に折原くるみ氏がそれぞれ配役されました。

公開されたプロモーションビデオ(PV)は、人間の珠子が「ラーメン赤猫」で面接を受けるシーンから始まり、猫たちのキャラクター紹介を交えながら、愛らしさを前面に出した内容となっております。

PVには、主題歌として水曜日のカンパネラの新曲「赤猫」が使用されています。

この楽曲は、6月5日にリリースされる第3弾EP「POP DELIVERY」に収録されます。

キービジュアルには、「ラーメン赤猫」の店長・文蔵と従業員たちが集結した姿が描かれています。

さらに、本作のゲーム化が決定し、その情報はこれから出て来る模様。

ラーメン赤猫のコンセプトが「接客一番、味二番」だから接客するゲーム…なのかな?

また、グッドスマイルカンパニーより発売予定の「ねんどろいど 文蔵」の原型画像が公開されました。

このフィギュアは、「AnimeJapan 2024」におけるグッドスマイルカンパニーブースで展示されます。

「ねんどろいど」シリーズは、アニメ、ゲーム、漫画、映画などの多岐にわたる作品から、実在の人物に至るまでを、手のひらサイズの2.5頭身でデフォルメして表現した可動フィギュアシリーズです。

スポンサーリンク

「ラーメン赤猫」がパクリと言われた理由

アニメ化が決定し、ジャンプ+でも日別ランキング上位に位置する人気漫画ですが、SNSなどではとある漫画のパクリではないかと言われています。

恐らくその噂の経緯の裏では、検索などで「ラーメン赤猫」を入力すると必ず「パクリ」などとキーワードにでてくる事も背景にはあるのではないかと思います。

パクリと言われた漫画「猫ラーメン」とは?

『猫ラーメン』は、そにしけんじ氏による四コマ漫画作品であり、またそれを原作とするアニメーション作品でもあります。

当初は『コミックブレイドMASAMUNE』(マッグガーデン社刊)にて連載されておりましたが、同誌の休刊に伴い『月刊コミックブレイド』へと移籍しました。

『猫ラーメンの猫カレー』と題された連載も、引き続き同誌にて展開されています。

また、四コマ漫画ではない「ショートコミックスペシャル」が数回、併せて掲載されたことがあります。

2017年3月号の『月刊コミックガーデン』より、『新装開店!猫ラーメン』として連載が再開されました。

この連載は、毎月30日に更新され、ウェブコミックサイト『MAGCOMI』においても遅れて無償で公開されています。

スピンオフ作品としては、「猫ラーメン物語 子猫のトーマス」があり、これは店主である「大将」の過去を描いたもので、2011年7月22日からマッグガーデン社の無料ウェブコミック誌『EDEN』にて連載が開始されました。

本作は、ある日ラーメン店を訪れたサラリーマン、田中氏が体験する出来事を描いています。

その店では、猫が「猫ラーメン」と称してラーメンを提供しており、人間の言葉を話す店主の猫「大将」と田中氏との間で、風変わりな交流が繰り広げられます。

見解

主軸になる猫がラーメンを提供し、人間の言葉を話すという面では確かに似ているというよりは「同じ」内容がベースにあるように見受けられます。

しかし、作風だったりテーマだったりと、内側を覗いて見れば全くと言っていいほどの違う漫画です。

作者自身も「某漫画」のパクリと言われて頭を悩ませていた時期があったとも述べられています。

週刊文春オンライン

漫画という長い歴史のある文化の中で、どこかしら似る事は仕方のない事と考えます。

大事なのは、その似ている部分を作者がリスペクトした上で昇華し、素晴らしい作品になっていくことだと思います。

先入観でパクリと思い、この面白い漫画を罵り読まないのは、絶対に損だと思います。

スポンサーリンク

「ラーメン赤猫」どこで読める、観れる?試し読みは?

created by Rinker
¥659 (2024/05/25 07:32:18時点 Amazon調べ-詳細)

無料で読むなら【ジャンプ+】

人気オリジナル連載が全話無料!の最強WEBマンガ誌「少年ジャンプ+」アプリの紹介
アプリなら『SPY×FAMILY』『チェンソーマン』『怪獣8号』などオリジナル連載が初回全話無料で読める!人気マンガを毎日無料で更新中「少年ジャンプ+」。
  • 初回全話無料なので、スマホで読むならこれで決まり
  • 2回目以降もポイントを毎日貯める事で無料で読める
  • rawなどの違法アップロードじゃない公式だから安心して読む事ができる
  • アプリが少し重いのと、ストリーミングに時間がかかるのでWiFiを推奨

ドコモユーザー以外なら【ebookjapan】

★今ならクーポンでお得に買えて『各528円➡︎158円』になります!!

  • 70%OFFクーポン×6枚をもらえる
  • PayPayポイントがザクザク貯まる&使える
  • 日替わりクーポンの割引率がどこよりも高い
  • ソフトバンクユーザーは最大35%OFFで買い物できる
  • その他ユーザーも最大18%OFFで買い物できる(毎週金曜)

\「ラーメン赤猫」がお得に読める!/

ドコモユーザーなら【dブック】

★今ならクーポンでお得に買えて最大『各528円➡︎71円』になります!!

  • クーポンで一冊あたり71円~と、他の電子書籍サービスと比較してもリーズナブル
  • ドコモポイントがザクザク貯まる&使えるので、ドコモユーザーに嬉しい。
  • 使いやすいインターフェースを備えており、初めての方でも簡単に操作できる。
  • 定期的にセールや割引キャンペーンがあり、お得に購入するチャンスが沢山。
  • 初回50%割引クーポンが利用でき、「dブック毎日くじ」で更にお得に。

\「ラーメン赤猫」がお得に読める!/

アニメを観るなら【dアニメストア】

※ラーメン赤猫のアニメはまだ放映されていません。

★今だけ、はじめての方限定で『初月無料』になります!!

  • 月額550円の料金で、4,200以上のアニメ作品が見放題
  • ドコモポイントがザクザク貯まる&使えるので、ドコモユーザーに嬉しい。
  • 使いやすいインターフェースを備えており、初めての方でも簡単に操作できる。
  • アニソンライブや2.5次元ミュージカルなどのコンテンツも充実
  • 地上波のリアルタイムで放送されている最新作から過去の名作まで視聴可能

\「ラーメン赤猫」がお得に観れる!/

スポンサーリンク

祝!アニメ化!「ラーメン赤猫」放送はいつから?パクリって何の事?まとめ

「ラーメン赤猫」まとめ

  • アニメ放送開始は2024年7月4日木曜日、午後11時56分より、TBS系列28局
  • 漫画「猫ラーメン」とベースは似てるが完全に別物
  • 漫画はebookjapan、放映後のアニメ鑑賞はdアニメストアがオススメ

初見では奇抜な印象を受けるが、内容は精緻に練り込まれています。

以前よりその存在は認識していたが、サムネイルやタイトルが奇抜であったため、『ラーメン赤猫』を避けていました。

しかし、連載が長期間続いていることから、その内容に興味を持ち閲読したところ、設定が非常に緻密であり、興味深い作品であることが判明しました。

猫がラーメン店を経営するという困難さを、煩わしくない程度に、丁寧に描写しており、読み応えがありました。

特に印象的だったのは『ラーメン赤猫』の注意書きに記載されている「接客を最優先、味はそれに次ぐ」という部分です。

来店客が最も求めているのは、味以上に猫たちによる愛らしい接客です。

猫が調理するため、人間の味覚に完全に合わせることはできないが、それでも「猫のラーメン店」としての専門性を感じさせる要素がありました。

読者の感想を拝見すると、「面白い」と評価する声が多い一方で、合わないと感じる方も一定数存在するようです。

なお、「猫ラーメン」との類似点を指摘する意見も見受けられたが、猫がラーメン店を営むというテーマは共通しているものの、内容においては全く異なる作品です。

個人的には、実際に労働経験を持つ成人に適した内容ではないかと考えます。

各話が基本的に独立しており、忙しい方でも容易に読み進められる作品です。

ラーメン赤猫が好きな人は下記の記事もおすすめ▼

タイトルとURLをコピーしました