スポンサーリンク

「マッシュル」あざの謎、4本線の存在は?ワンパンマンのキャラパクリって何の事?

マッシュ
※本ページはプロモーションが含まれています。

引用元:pixiv、きぃーろ様

この記事を読んで「マッシュル」の分かる事
☛この漫画の特徴とおおよそのあらすじ
☛漫画の見どころと面白いと納得できる点
☛アニメは何巻の何話までで、3期の可能性はあるのか
☛話題のラップOPテーマ、その他に噂になっているBGMとは何か
☛顏のあざ(線)の意味、4本線は存在するのか
☛パクリ、似てると噂されるワンパンマンやブラッククローバーの共通点
☛一部でつまらない、打ち切りと噂される理由について

「マッシュ・バーンデッド」という名前の魔法の使えない少年が主人公、甲本一先生による作品です。

この作品は、2020年の9号から2023年の31号まで、週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載されました。

全巻数は18巻で、すでに完結となっております。

物語の舞台は、魔法が日常的に使われる世界、すなわち魔法界です。

主人公のマッシュは、家族や友人と過ごす平和な日常を守るため、さまざまな困難を筋肉の力で乗り越えていきます。

この物語は、魔法(物理)を具現化し、筋肉が全てを解決するコンセプトを具現化した、痛快で非常識な魔法ファンタジーと言えるでしょう。

連載開始当初は、ギャグ要素が中心でしたが、徐々にキャラクターの戦闘シーンや成長を描く部分が増えてきました。

それでもギャグシーンは健在で、作品は週刊少年ジャンプの代表作として、何度も巻頭カラーを飾るほどの人気を博しました。

一言で本作を表現するならば、ハリー・ポッターの世界観を基に、ボボボーボ・ボーボボや銀魂の要素を加え、ブラッククローバーの皮を被ったワンパンマンといった感じでしょうか。

なお、作者はボボボーボ・ボーボボと銀魂から大きな影響を受けたと公言しています。

スポンサーリンク

「マッシュル」どこで読める、観れる?

ドコモユーザー以外なら【ebookjapan】

★今ならクーポンでお得に買えて『各528円➡︎158円』になります!!

  • 70%OFFクーポン×6枚をもらえる
  • PayPayポイントがザクザク貯まる&使える
  • 日替わりクーポンの割引率がどこよりも高い
  • ソフトバンクユーザーは最大35%OFFで買い物できる
  • その他ユーザーも最大18%OFFで買い物できる(毎週金曜)

\「マッシュル」がお得に読める!/

ドコモユーザーなら【dブック】

★今ならクーポンでお得に買えて最大『各528円➡︎71円』になります!!

  • クーポンで一冊あたり71円~と、他の電子書籍サービスと比較してもリーズナブル
  • ドコモポイントがザクザク貯まる&使えるので、ドコモユーザーに嬉しい。
  • 使いやすいインターフェースを備えており、初めての方でも簡単に操作できる。
  • 定期的にセールや割引キャンペーンがあり、お得に購入するチャンスが沢山。
  • 初回50%割引クーポンが利用でき、「dブック毎日くじ」で更にお得に。

\「マッシュル」がお得に読める!/

アニメを観るなら【dアニメストア】

★今だけ、はじめての方限定で『初月無料』になります!!

  • 月額550円の料金で、4,200以上のアニメ作品が見放題
  • ドコモポイントがザクザク貯まる&使えるので、ドコモユーザーに嬉しい。
  • 使いやすいインターフェースを備えており、初めての方でも簡単に操作できる。
  • アニソンライブや2.5次元ミュージカルなどのコンテンツも充実
  • 地上波のリアルタイムで放送されている最新作から過去の名作まで視聴可能

\「マッシュル」がお得に観れる!/

スポンサーリンク

「マッシュル」あらすじ

物語の背景

物語は、魔法が日常的に使われ、全ての人々が魔法を扱うことが当たり前とされる世界「魔法界」を舞台に展開します。

この社会は魔法局という卓越した魔法使いたちによって管理され、魔法の能力が高い者は社会の上層に位置する一方、能力が低い者は社会から落ちこぼれと見なされます。

さらに、魔法が全く使えない魔法不全者は、殺処分されるという厳格な社会制度が存在します。

主人公の紹介

主人公である魔法の使えない少年、マッシュ・バーンデッドは、養父のレグロ・バーンデッドによって秘密裏に育てられ、日々筋肉トレーニングに励んでいました。

しかしある日、マッシュの存在が魔法警察に発覚し、警官ブラッド・コールマンが襲撃を仕掛けます。

しかしマッシュは、長年の訓練で得た卓越した筋力とパワーを駆使し、強力な魔法使いであるブラッドを打ち負かします。

ブラッドは降参し、バーンデッド父子を見逃す代わりに、マッシュに対し魔法学校への入学と「神覚者」の称号取得を提案します。

この称号は、莫大な助成金や特権を付与するものです。

家族との平穏な生活を維持するためには世界を変える必要があると悟ったマッシュは、ブラッドの提案を受け入れ、エリート魔法使いを育成する名門魔法学校イーストン校に入学することを決定します。

主人公の目標

魔法のエリートたちが集う魔法学校で、魔法の力を持たないマッシュは、自身の超人的な肉体を唯一の武器として「神覚者」を目指すこととなります。

スポンサーリンク

「マッシュル」面白い?見どころは?

勝敗の展開

物理攻撃のみを用いるマッシュが、多種多様な魔法を操る敵と戦う展開は、その勝敗が予測不能であり、読者にとって非常に面白いものとなっています。

マッシュがどのように敵に打ち勝つのかは常に未知数で、その解決法は我々の予想を遥かに超えるものばかりです。

物理手段による解決が非常に強力であり、読者に大きな笑いを提供します。

バトル漫画の構図と絵柄の優れたギャップが、作品の魅力を一層引き立てています。

安心感と爽快感の提供

作者自身が、「主人公最強系なので悩ませないし暗くならないようにしています。どんなシリアスな状況でもカラッとドライな態度だと読んでる方も安心できる気がするので。」(2022年23号)

と述べているように、マッシュのクールでドライな性格は、どのような状況でも読者に安心感を提供します。

また、敵を一撃で倒す爽快感があり、マッシュの言葉による敵への挑発も秀逸で、読者をスカッとさせます。

ギャグと王道少年漫画の融合

作品は、シンプルなギャグによる展開が中心で、バトルの進行も迅速です。

それにより、どんな時でも気軽に読むことができます。

しかしながら、ギャグの中にも熱い少年漫画的展開があり、友情や努力の価値を描いています。

これらの要素が組み合わさった作品は、読者にポジティブな感情と元気にしてくれます。

単行本の付録の魅力

本誌だけでなく、単行本にも質問コーナーやおまけ漫画など、さまざまな付録が掲載されています。

これらは、作品の設定やキャラクターの新たな一面を描き出すもので、本誌の内容をより深く理解するための手助けとなります。

また、本誌では不明瞭だった部分の修正も行われるため、単行本を読むことは、作品をより深く理解するためにも推奨されます。

【楽天市場】マッシュル MASHLE ぬいぐるみマスコットvol.2 全3種セット ランス ドット シュー子ちゃん 【即納品】 マッシュル グッズ ぬいぐるみ マスコット シュー子 マッシュ 人形 キーホルダー:天天ストア 楽天市場店
マッシュル ぬいぐるみ。マッシュル MASHLE ぬいぐるみマスコットvol.2 全3種セット ランス ドット シュー子ちゃん 【即納品】 マッシュル グッズ ぬいぐるみ マスコット シュー子 マッシュ 人形 キーホルダー
スポンサーリンク

「マッシュル」アニメは何巻の何話まで?

第1期は5巻39話の途中まで

アニメ版『マッシュル』の全12話の放送は、2023年7月1日に完結いたしました。

アニメの第2シーズンの放送を待つことなく、物語の続きを追いたいとお考えの方は、漫画版『マッシュル』の第5巻、第39話からご覧いただけます。

第2期は9巻77話まで

「マッシュル」第2シーズンの情報

公式サイトにて掲載されているBlu-ray&DVDの情報を参照すると、「マッシュル」第2シーズンは全12話の放送と予想されます。

円盤となるBlu-ray&DVDは全4巻で、収録されるエピソードは第13話から24話までとなっております。

ただし、今後の情報追加により2クールの放送となる可能性も否定できません。

また、第2シーズンのサブタイトルが「神覚者候補選抜試験編」とされていることから、1クール12話の放送が適切と考えられます。

原作との関連性

アニメ第1シーズンでは、原作漫画第5巻の第39話途中までが描かれましたので、第2シーズンはその続きから開始されされました。

また、「神覚者候補選抜試験編」の範囲と、第1シーズンの原作ボリュームを考慮に入れると、第2シーズンでは原作漫画の第5巻第39話から第9巻第77話までを描くと推測されます。

第2シーズンの予想されるストーリー

第2シーズンでは、主人公マッシュ・バーンデッドが魔法が使えないことが学園に露見し、裁判にかけられる場面や、魔法界の上層部である神覚者の登場が描かれることが予想されます。

また、マッシュが魔法が使えないことが明らかになるシーンや、マッシュとセル・ウォーとの戦いの後の展開、マカロンとの高速戦闘なども期待されています。

そのため、アニメ第2シーズンの続きを読むためには、原作の第10巻から開始することを推奨いたします。

第3期の可能性

「マッシュル」のアニメ第3シーズンについての公式からの発表は現時点でまだ存在しません。

しかしながら、複数の要素を考慮すると、第3シーズンの制作可能性は高いと言えます。

アニメの続編制作について

アニメの続編制作には、売上や話題性が必要です。

原作「マッシュル」は第18巻まで刊行され、既に完結しています。

第2シーズンは原作の第9巻までを描いているため、まだ原作のストックが十分に存在します。

また、動画配信サービスにおける再生数も、アニメの続編制作の判断基準となります。

「マッシュル」は配信サイトで中位の再生数を記録し、「dアニメストア」では毎週10位以内にランクインしていました。

海外での評価

「マッシュル」は海外での放送も行われ、高い評価を受けています。

海外での評価を測る指標として、「Anime Trending」および「Anime Corner」のランキングが参考になります。

「マッシュル」はこれらのサイトで高いランクを記録しており、特に「Anime Trending」では初週で5位に、また「Anime Corner」では1話放送時点で6位にランクインしていました。

原作の売上

原作の売上については、2024年1月時点でシリーズ累計発行部数600万部を突破しています。

アニメ放送により、発行部数は100万部増加しました。

その他の要素

さらに、「マッシュル」は様々な企業とのコラボレーションも行っており、アニメや原作以外での売上も見込まれています。

また、「マッシュル」の公式Twitterアカウントのフォロワー数は、第2シーズン開始時点で約22.4万人となっており、これは放送中の作品の中でも多い方です。

結論

これらの要素を考慮すると、「マッシュル」のアニメ第3シーズンの制作可能性は高いと言えます。

しかし、配信サイトでの人気や海外での人気が十分でない場合、また第2シーズンが綺麗に終わったことを考えると、続編の制作には時間がかかる可能性があります。

仮に第3シーズンが制作・放送されるとすれば、早くとも2027年頃と予想されます。

第1シーズンの放送終了後に第2シーズンがすぐに発表されましたが、第3シーズンについては放送間隔が少々長くなると考えられます。

おそらく、放送までには約3年程度の時間が必要となるでしょう。

\「マッシュル」がお得に読める!/

スポンサーリンク

「マッシュル」話題のbgm、ラップ曲とは?

引用元:pixiv、Nanasi様

第2期OPテーマ

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント
¥3,600 (2024/04/18 20:09:52時点 Amazon調べ-詳細)

Creepy Nutsが1月7日にリリースした新曲「Bling-Bang-Bang-Born」が、ビルボードの「Global Japan Songs Excl. Japan」ランキングで8位に初登場しました。

この曲は、TVアニメ『マッシュル-MASHLE-神覚者候補選抜試験編』のオープニングテーマとして作成され、主人公マッシュの物語とCreepy Nuts自身の経験を重ねて表現された楽曲です。

DJ松永の創造的なトラックとR-指定の「Bling-Bang-Bang-Born」のリリックが印象的なこの曲は、リスナーに強く印象付ける一曲となっています。

現在、TikTokではこの曲を使ったダンスチャレンジが流行しています。

また、アメリカ、フランス、イギリス、南アフリカの4ヵ国でトップ10入りを果たし、全世界でのストリーミング再生回数は1000万回を超えています。

これらの結果から、Creepy Nutsの新曲「Bling-Bang-Bang-Born」は国内外で高い評価を得ていることがわかります。

洋楽風挿入BGM

アニメ「マッシュル」のエピソード中に流れるヒップホップ風の音楽についてのお問い合わせがあり、その音楽がどの楽曲に該当するかという質問に対して、私の見解をお伝えいたします。

まず、「マッシュル」のエピソードを彩る音楽は、そのドラマチックなストーリーテリングを一層引き立て、視聴者に深い感銘を与える重要な役割を果たしています。

その中でも特に印象的なのが、ヒップホップ風の音楽です。

それはエピソードの進行に合わせて流れ、視聴者をその物語世界に引き込む力を持っています。

その楽曲について考えてみると、日本の著名な作曲家である横山克氏による「Block Walk Talk」が一番近いと思われます。

横山氏は幅広いジャンルの音楽を手掛けており、その中でも彼のヒップホップ風の作品は特に評価が高いです。

「Block Walk Talk」がその楽曲であるかどうかは、確証はありません。

しかし、横山氏の作風や「マッシュル」の音楽の特徴を考慮に入れると、それが最も適合する可能性が高いと思われます。

スポンサーリンク

「マッシュル」顏のあざ何?4本線は存在するのか

引用元:pixiv、ぽぺこ様

「マッシュル」の設定

「マッシュル」の設定において、キャラクターの顔に描かれた線状の印は魔法の使用能力を示す象徴となっています。

この世界では魔法の使用は常識であり、それは人間が立って歩くのと同様に自然な行為とされています。

また、その魔法は神から与えられるものとされており、それを受け取ることは当然と考えられています。

この魔法が絶対的な価値を持つ世界において、顔に線がない人々は魔法が使えないとみなされ、その結果、処分の対象となります。

その原因は明確ではありませんが、魔法が使えないという事実には変わりありません。

それゆえに、彼らは魔法不全者と呼ばれ、不必要とされてしまいます。

それは魔法が使えないとあらゆる仕事に就くことが出来ないためでもあります。

主人公・マッシュの設定

主人公であるマッシュの左頬にも線がありますが、それは偽物です。

マッシュは魔法が使えない魔法不全者であり、彼が持っているのは長年鍛え上げた筋肉だけです。

彼の育ての親であるレグロ・バーンデッドは彼にトレーニングをさせつつも、森の中から外に出さないようにしていました。

しかし、マッシュがシュークリームを買いに出かけてしまい、警察官のブラッド・コールマンに見つかってしまいます。

それにより、レグロとマッシュは追われ、最終的にマッシュはイーストン校に入学することになります。

イーストン校の設定

イーストン校では、線がない人間は確実に捕まってしまいます。

そこでブラッドは偽物の線を用意し、マッシュを一本線の人間として学校に潜入させました。

マッシュの魔法不全が発覚することはありませんでしたが、校長のウォールバーグ・バイガンは早い段階で彼の秘密を察知していました。

それでも彼はマッシュの性格と能力を評価し、彼が自身の力で問題を乗り越えられると判断し、見逃すことを選びました。

「マッシュル」の世界設定における、顔に描かれる線(あざ)の数は、キャラクターの魔法の使用能力を示しています。

3本線とは?

線の数により一線魔導師、二線魔導師、三線魔導師と分類されます。

一線魔導師

一本の線を持つ人々で、大多数の人間がこれに該当します。

魔法の力は個々の努力や訓練により強化することが可能ですが、一部にはどれだけ努力しても上達しないケースも存在します。

二線魔導師

二本の線を持つ人々で、一線魔導師よりも希少であり、約10万人に1人の割合で存在します。

二線魔導師の魔法の出力は一線魔導師を大きく上回ります。

その代表例として、ランス・クラウンや七魔牙(マギア・ルプス)、マーガレット・マカロン、レイン・エイムズなどのキャラクターが挙げられます。

三線魔導師

三本の線を持つ人々で、これは「神に選ばれた才能」を持つと評される非常に稀な存在です。

三線魔導師の魔法の出力は二線魔導師をさらに上回ります。

さらに、これらの魔導師は赤魔導師と白魔導師という二つのカテゴリーにも分類されます。

赤魔導師は戦闘に特化した魔法を扱い、一方、白魔導師はサポートに特化した魔法を扱います。

作中では、赤魔導師の方が多く描かれており、白魔導師はあまり登場しません。

4本線は存在する?

「マッシュル」の世界設定において、2023年3月時点で4本の線を持つキャラクターは存在しておりません。

三線魔導師は「神に選ばれた才能」を持つ者とされており、もし4本線が存在するとしたら、それは生まれながらの天才、または神そのものでなければ手に入れられないでしょう。

仮に4本線の存在があると仮定した場合、その資格を持つ可能性があるキャラクターとしては、イノセント・ゼロが考えられます。

彼は自己の利益のために力を追求し、その過程で他者や部下、さらには自身の息子たちを道具として利用するという行為を行います。

その手段には問題があるとはいえ、力を追求する姿勢は一定の評価を受けることができ、4本線を持つ可能性があると考えられます。

スポンサーリンク

「マッシュル」ワンパンマン!ブラッククローバー!?キャラとかパクリなの…?

「マッシュル」の作者・甲本一先生と「ワンパンマン」の作者・ONE先生は同一人物?

「マッシュル」の作者である甲本一先生と「ワンパンマン」および「モブサイコ100」の作者であるONE先生は、異なる個人であると確認されています。

甲本一先生の作風は「ワンパンマン」や「モブサイコ100」に類似している部分があり、また「甲本一」という名前も「ONE」を連想させる可能性がありますが、両者の経歴を比較すると、明確に異なることが確認できます。

甲本一先生の経歴

甲本一先生は、2018年に開催された第89回赤塚賞で「爆裂面接試験」を柏崎康一名義で投稿し、佳作を受賞しています。

その後、ジャンプGIGA 2019WINTER vol.1で「リベラル風紀委員山田太郎」、ジャンプGIGA SUMMER 2019 vol.1で「破壊神シヴァ崎くん」を発表しています。

ONE先生の経歴

一方、ONE先生は2009年7月にウェブコミック投稿サイトの新都社で「ワンパンマン」の読み切りを投稿したことがきっかけで、漫画家としての活動を開始しました。

「ワンパンマン」はその後連載化され、2012年4月には小学館の裏サンデーで「モブサイコ100」の連載を開始しました。

これらの経歴を比較すると、ONE先生の方が甲本一先生よりも早く漫画家としての活動を開始しています。

また、甲本一先生が小学生時代に「ボーボボ」や「銀魂」に傾倒していたことからも、両者が同一人物である可能性は低いと考えられます。

甲本一先生は自身の作品において、「パワーMAX!! マンガ作りのコツを教えマッシュル!!」で、自身が「ワンパンマン」のウェブ版を非常に好きで影響を受けていることを明らかにしています。

そのため、「マッシュル」の作風が「ワンパンマン」に似ていると感じられるのは、ONE先生の作風に影響を受けている部分があるからでしょう。

甲本一先生とONE先生の年齢

また、甲本一先生の年齢については、2018年7月の第89回赤塚賞での佳作受賞時に「柏崎康一(23) 滋賀」と記載されていたこと、またジャンプGIGAでの読み切り掲載時の作者プロフィールに「6月25日」と記載されていたことから、生年月日は1995年6月25日と推測されます。

そのため、2023年9月20日現在では28歳と考えられます。

これに対して、ONE先生の生年月日は1986年10月29日であり、年齢的にも両者は異なっています。

したがって、甲本一先生とONE先生は異なる個人であると結論付けられます。

しかし、甲本一先生がONE先生の作風に影響を受けているという事実から、作風の類似性が見受けられるのは自然なことと言えるでしょう。

「マッシュル」と「ブラッククローバー」の共通点

・戦闘シーン中にユーモラスな要素が含まれていること
・同じ出版社から発行されていること
・魔法をテーマにしていること

魔法をテーマにしていること

まず、「マッシュル」と「ブラッククローバー」はどちらも魔法を主題としています。

前者は魔法学校をストーリーの舞台としており、後者は魔法騎士を中心に展開します。

これらの作品では、主人公が魔法学校や魔法騎士団に参加後、多くの戦闘を経験するという共通点が見られます。

戦闘シーン中にユーモラスな要素が含まれていること

次に、両作品ともに戦闘の最中にもユーモラスな要素が挿入されます。

「マッシュル」では、主人公が魔法を使えないために、空中を飛ぶ際に魔法ではなく足を振り動かすシーンや、筋肉トレーニングの本を読みながら空中を浮かぶシーンなど、ユーモラスな描写が多く見受けられます。

「ブラッククローバー」でも、主人公が試験で箒に乗れないシーンや、ヒロインのナンパを断る台詞など、独特のユーモラスな要素が散りばめられています。

同じ出版社から発行されていること

加えて、「マッシュル」と「ブラッククローバー」は同じ少年ジャンプから2015年に連載が開始されました。

これらの作品の主人公、マッシュとアスタは共に、魔法の存在する世界で生まれながらも魔法を使えないという設定が共通しています。

これらの類似点から、両作品が同時期に魔法をテーマにした作品として連載開始したことに何か関連性があるのかもしれません。

ただし、ここで注意すべきは、「ブラッククローバー」が他作品を模倣しているという指摘もあるという事実です。

例えば、主人公の設定が「NARUTO -ナルト-」と似ているとか、アスタの性格が「ONEPIECE」のルフィに似ているという意見があります。

しかし、これらの指摘は必ずしも否定的なものではなく、他作品から良い部分を学ぶことは決して悪いことではありせん。

結論

以上のような共通点を持つ「マッシュル」と「ブラッククローバー」ですが、それぞれの作品には独自の魅力があります。

共通点が多くある一方で、それぞれの作品が持つ個性やエンターテイメント性を楽しむことが大切だと考えます。

\「マッシュル」がお得に読める!/

スポンサーリンク

「マッシュル」つまらない?打ち切りは?

人気の高さから、打ち切りは無く、漫画版は完結しています。

また、前述にもある通り、アニメの方も順調で打ち切りは無いと思われます。

「マッシュル」に対する評価の低さについての分析

人気漫画「マッシュル」は、その独自の設定と物語により、一部の読者からは低評価を受けています。

以下にその主な理由を5つに分けて説明します。

主人公の筋肉頼みの戦闘スタイル

「マッシュル」の主人公、マッシュが筋肉だけで戦闘を勝ち抜くという設定は、物語が進行するにつれて無理が生じてきているとの意見があります。

魔法を駆使する敵に対して、物理攻撃のみで勝利を収めるマッシュの行動は、一部の読者から「非現実的」や「ご都合主義」であると評価されています。

敵の倒し方が単調

物語が進行するにつれて、マッシュの敵を倒す方法が単調であるとの意見があります。

マッシュは魔法が使用できず、自身の肉体のみを頼りに戦います。

しかし、これが繰り返されることで、読者は新鮮さを感じなくなり、物語に飽きる可能性があります。

主人公の長期間の眠り

物語の後半部分で、主人公のマッシュが長期間眠ってしまうという展開は、読者の関心を失わせる可能性があります。

実際、30話近くにわたって主人公が物語に参加しないという状況は、一部の読者から不満の声を引き起こしています。

主人公の成長が見られない

「マッシュル」の主人公マッシュは物語の初めから超人的な肉体を持っています。

しかし、そのために物語では「主人公の成長」という要素が欠けており、これが物語の魅力を損なっているとの意見があります。

ギャグの品質

一部の読者からは、「マッシュル」のギャグが面白くないと評価されています。

「筋肉だけで魔法に打ち勝つ」というギャグシーンは一部の読者には受け入れられていますが、他の読者からは「シュールすぎる」、「子供だましのギャグである」との批判が寄せられています。

また、ギャグがシリアスな雰囲気を壊すという意見もあります。

以上の5つの理由から、「マッシュル」は一部の読者から低評価を受けています。

それぞれの意見は個々の読者の感じ方に依存するため、全体的な評価を下げるには至っていませんが、一部の読者からは厳しい意見が寄せられていることは確かです。

スポンサーリンク

まとめと一言

この記事で分かった事

  • この漫画の特徴とおおよそのあらすじ
  • 漫画の見どころと面白いと納得できる点
  • アニメは何巻の何話までで、3期の可能性はあるのか
  • 話題のラップOPテーマ、その他に噂になっているBGMとは何か
  • 顏のあざ(線)の意味、4本線は存在するのか
  • パクリ、似てると噂されるワンパンマンやブラッククローバーの共通点
  • 一部でつまらない、打ち切りと噂される理由について

「マッシェル」は小学生から中学生の間の読者を対象にした作品と推察されます。

ジャンプ連載の物語は、古来からのパターンが存在しており、それは読者や視聴者を満足させるための手法であると考えられます。

これは水戸黄門やジャッキー・チェンに見られるようなものです。

これらの要素を適切に活用しており、読者は安心して楽しむことができます。

また、ギャグのセンスは特に小学生の男子が好むと思われます。

音楽面においては、一般的なファンタジー作品とは異なり、ハードロックやヒップホップが使用されているのもいいですね。

これは一般的な少年マンガの熱血さがなく、戦闘シーンにもユーモラスな要素が取り入れられているため、特定の人気作品が苦手な読者にもおすすめできます。

\「マッシュル」がお得に読める!/

マッシュルが好きな人は下記の記事もおすすめ▼

タイトルとURLをコピーしました