スポンサーリンク

最強の発酵食品「味噌」食べ過ぎても大丈夫?太る?健康に悪い?

MISO
※本ページはプロモーションが含まれています。
この記事を読んで「味噌」の分かる事
▶発酵食品「味噌」は食べ過ぎても大丈夫なのか
▶発酵食品「味噌」インスタントは体に悪いのか
▶発酵食品「味噌」は食材として太りやすいものなのか
▶発酵食品「味噌」にダイエット効果があるのか
▶発酵食品「味噌」の栄養成分と効果効能について
▶発酵食品「味噌」の持つ『美容効果』について

筆者おすすめの発酵食品「四十麴みそ」

created by Rinker
わが街とくさんネット
¥4,562 (2024/04/17 00:06:46時点 Amazon調べ-詳細)

ふくよかな味が癖になって毎日食べていられる優しい味
100年続く歴史あるお店が作り出すこだわりの品質
地元では知らない人がいない程の人気があるお味噌
どこを探しても他には無いくらいに麹をたっぷり使っていること

スポンサーリンク

発酵食品「味噌」食べ過ぎがもたらす影響

味噌の過剰摂取は、塩分の摂取過多につながります。

また、味噌の過剰摂取による下痢の可能性については事実です。

味噌には食物繊維や善玉菌が含まれ、腸内環境を整える効果がありますが、適量を守らないと腸内環境を悪化させる可能性があります。

特に食物繊維の摂取過多は腸を刺激し、下痢を引き起こす可能性が高まります。

味噌は一般的に味噌汁として摂取されることが多いですが、1日に摂取する量は1杯半程度が適切です。

この量を守ることで、下痢を引き起こすことなく味噌の効果を享受できます。

最近の研究では、「味噌の塩分は高血圧の原因にはならない」とされています。

これは、味噌に含まれる塩分と一般的な食塩(ナトリウム)との違いによるものです。

味噌の塩分には血圧を下げる作用があることが示唆されており、特に色の濃い熟成度が高い味噌には「メラノイジン」という成分が含まれています。

また、味噌汁の摂取時には、野菜や海藻類に含まれるカリウムや食物繊維の作用によって、塩分が体外に排出されることも考慮されます。

したがって、高血圧抑制効果が期待される「メラノイジン」を摂取するためにも、熟成度の高い色の濃い味噌を選ぶことが望ましいです。

スポンサーリンク

発酵食品「味噌」インスタントの味噌汁は体に悪い?

便利なインスタント味噌汁は、手作りの味噌汁と比較して塩分量が多くなる傾向があるため、注意が必要です。

また、インスタント味噌汁には野菜や海藻などの具材が少ないことも考慮すべき点です。

しかしながら、忙しい時に手作りの味噌汁を作るのが困難な場合もあるでしょう。

インスタント味噌汁の塩分量は、一食あたり約2.0g前後であり、日本高血圧学会の推奨量である1日の塩分摂取量の1/3に相当します。

塩分の過剰摂取による症状には以下のようなものがあります。

まず、のどの渇きが生じ、塩分の過剰摂取によって体内の水分バランスが崩れることが原因です。

また、腎臓への負担によりむくみが生じることもあります。さらに、体内のナトリウム濃度が高まると、下痢や嘔吐などの症状が現れる場合があります。

味噌は一般的に健康的なイメージがありますが、一部の製品には化学調味料が使用されていることもあります。

種類によっては過剰摂取による健康への影響が報告されているため、原材料を確認することが重要です。

1日1杯を適量とし、他の食事で塩分控えめの料理を摂取することでバランスの良い食生活を心掛けましょう。

スポンサーリンク

発酵食品「味噌」は太りやすい食材?

味噌のカロリーおよび糖質含有量について考察してみましょう。

高カロリーの食品は体重増加の一因となり得るため、摂取カロリーを把握し、食事計画に適切に取り入れることが重要です。

市販されている米味噌のカロリーは、約100gあたり約200kcalと、調味料の中ではやや高めです。

また、味噌はインスタントのみそを除いて、カロリー量はほぼ一定です。ただし、糖質は味噌の種類によって異なるため、注意が必要です。

同じ米味噌であっても、辛味噌よりも甘味噌の方が糖質が多い傾向にあります。

したがって、糖質制限や体重管理に気を配る場合は、辛味噌を選択することが適切です。

味噌はマヨネーズやハチミツなどの調味料と比較して低カロリーですが、醤油やポン酢などの和風調味料と比較するとやや高めです。

さらに、味噌は和風調味料やマヨネーズよりも糖質含有量が高く、体重増加のリスクも考慮すべき点です。

味噌はカロリーおよび糖質がやや高めの調味料ですが、通常の使用量は少量であるため、通常の範囲内であれば使用しても問題ありません。

スポンサーリンク

発酵食品「味噌」のダイエット効果は?

発酵食品である調味料である味噌は、多くの人々に健康的なイメージがあります。

しかしながら、味噌は健康面だけでなく、ダイエットにも有益な食品であることが指摘されています。

まず、味噌がダイエットに有益である理由について解説します。

味噌をダイエットに活用する際には、味噌を主成分とする味噌汁を食事に取り入れることが推奨されます。

味噌汁を摂取することで、味噌自体が含む栄養だけでなく、味噌汁に加えられる具材の栄養や効能も享受することが可能です。

味噌汁に期待できるダイエット効果には、以下のようなものが挙げられます。

腸内環境の調整

味噌は、発酵過程を経て生成される際に、麹菌、乳酸菌、および酵母菌などの微生物が豊富に含まれます。

味噌汁を摂取することにより、これらの微生物は腸内に到達し、腸内環境の調整を支援します。

また、味噌の原料である大豆には大豆オリゴ糖が含まれており、これにも注目すべきです。

大豆オリゴ糖は腸内細菌の栄養源となり、腸内の有益な細菌の増殖を促進します。

さらに、味噌汁には野菜を加えることが一般的であり、これにより食物繊維を摂取することが可能です。

食物繊維は腸内で水分を吸収し膨張し、腸を刺激して排便を促進し、腸内環境の正常化を助けます。

腸内環境が整い、活性化された有益な細菌は短鎖脂肪酸を生成します。

これらの短鎖脂肪酸は、全身に運ばれる際に脂肪細胞の脂肪蓄積を抑制する効果があります。

腸内環境が整い有益な細菌が増加すると、肥満の予防に役立つ脂肪の蓄積が抑制されます。

代謝の向上

近年、低体温の個体が増加し、一年を通じて冷え性に悩む人々も珍しくありません。

低体温状態では、基礎代謝が低下します。

基礎代謝とは、生命維持に必要な最低限のエネルギー消費、すなわち安静時におけるエネルギーの消費を指します。

基礎代謝の増加により、日常生活におけるエネルギー消費が増加し、体重管理が容易になると言えます。

味噌汁などの温かい食事を摂取することで、体内が温められ、低下していた体温が上昇します。

体温の上昇に伴い、基礎代謝も増加し、日常生活でのエネルギー消費が増えるため、体重管理がしやすくなります。

低カロリーでありながら満足感が得られる

味噌汁は水分が多く、胃腸において満足感をもたらす特性があります。

このため、高い満足度を享受することができます。

それにもかかわらず、味噌汁は摂取エネルギーを抑制することが可能です。

味噌汁の具材は、主に野菜や海藻、豆腐などの低エネルギー食材で構成されており、これらを豊富に加えても摂取エネルギーが過度に増加することはまれです。

このように、味噌汁はダイエットに適した食品であると言えます。

スポンサーリンク

発酵食品「味噌」の栄養成分と効果効能について

調味料でありながら、味噌に関する知識が不足している方も少なくないかもしれません。

まず、味噌が豊富に含む栄養素とその効果効能についてご紹介いたします。

・タンパク質

味噌には、100グラムあたり12.5グラムのタンパク質が含まれています。

タンパク質は、人体の構成要素である三大栄養素の一つであり、不足すると免疫力や筋肉の低下につながります。

味噌の原料である大豆には、人体で生成できない「必須アミノ酸」を含む20種類のアミノ酸が含まれています。

大豆を発酵させることで、体内での消化吸収がより効率的に行われ、バランスの取れたアミノ酸摂取が可能となります。

・食物繊維

味噌には多くの食物繊維が含まれています。

食物繊維は、腸の健康維持や正常な排便を促し、血糖値や血圧の上昇を抑制する働きがあります。

・レシチン

大豆に豊富に含まれるレシチンは、コレステロールの吸収を抑制し、免疫力の低下や動脈硬化を予防する効果があります。

また、アセチルコリンの原料となるため、自律神経の低下予防や記憶力・認知力の向上にも効果が期待されます。

・イソフラボン

イソフラボンは、ポリフェノールの一種であり、強力な抗酸化作用を持ちます。

老化による肌のトラブルや疲労感などを軽減し、更年期障害などにも効果があります。

以上の他にも、味噌にはビタミンEやビタミンB群、リノール酸、鉄分など、さまざまな栄養素が含まれており、身体にとって有益な栄養源となっています。

スポンサーリンク

発酵食品「味噌」の『食べる美容液』としての美容効果

先述の通り、味噌には健康に対する様々な効果がありますが、今回特に強調したいのはその「美容効果」です。

研究によれば、味噌には肌のハリを与え、ふっくらとした美肌を保つための「ヒアルロン酸」を増やす効果があると考えられています。

また、味噌中に含まれる「メラノイジン」や「ペプチド」は、特に抗酸化力が高く、老化の予防や美肌効果をもたらすとされています。

さらに、高い割合で米麹が使用された味噌汁の摂取により、シミの原因となるメラニンの生成が抑制されることが確認されています。

加えて、味噌を野菜と共に味噌汁として摂取することで、酸化の原因となる活性酸素を排除する能力が高まることも報告されています。

さらに、腸内環境の調整が美肌につながることから、味噌はまさに「食べる美容液」と表現できます。

高価な美容製品を購入することも有効ですが、手軽に身体の内側から美しさを追求するためには、味噌汁の摂取も一考の余地があります。

参考文献はこちら

▼発酵食品が好きな人は下記の記事もおすすめ▼

タイトルとURLをコピーしました