※本ページはプロモーションが含まれています。

英語が流暢でかっこいい「野田洋次郎」五月の蠅は吉高由里子の曲?復縁は?

野田洋次郎
この記事を読んで「野田洋次郎」の分かる事
▶「五月の蠅」は吉高由里子に向けて作った楽曲なのか
▶吉高由里子との復縁の噂は本当か、今後復縁はあるのか
▶吉高由里子との破局の理由についての詳細
▶歴代の彼女はどんな人、そして今の彼女は誰なのか
▶歴代の彼女は美女ばかり、なぜこんなにもモテるのか

映画「君の名は」の主題歌「前前前世」によって国民的なロックバンドとして知られるRADWIMPSのボーカルである野田洋次郎氏について、ご存知の方も多いかと存じます。

また、野田洋次郎氏と女優の吉高由里子氏の関係に焦点を当てた楽曲「五月の蝿」について、関心が寄せられています。

RADWIMPSの楽曲の中には、「五月の蝿」という曲がありますが、この曲が実は吉高由里子氏のものとされていることが知られています。

2人の関係はかつて熱愛が報道されたこともあり、その背景にある関係が「五月の蝿」にどのように反映されているのかが注目されています。

スポンサーリンク

「野田洋次郎」五月の蠅は吉高由里子の曲?

五月の蝿 / ラストバージン
アルバムに向けて、曲を作っています。 4人は、強固な信頼関係で結び付き、新曲がガンガン溢れています。 聴いてもらいたい曲がたくさんあるから、両A面のように打ち出そう。と、この形へ。 究極の、ラブ・ソングが2曲。 ジャケットは「ドリーマーズ・...

話題となっている、野田洋次郎と吉高由里子の楽曲「五月の蝿」に絞り、その内容について検証を行いたいと考えます。

2013年10月にRADWIMPSが発表した「五月の蝿」という楽曲が、両氏の破局後に注目を集めたという事実があります。

一部のファンの間では、野田洋次郎氏が楽曲制作時に自身の恋愛経験をもとにしていることが知られており、この曲が吉高由里子に関するものであるという憶測が広まりました。

「五月の蝿」という楽曲は、「五月蝿い(うるさい)」という解釈もあり、極めて挑発的な歌詞が特徴であり、「怨念ソング」と呼ばれることもあります。

この曲が制作された背景には、野田洋次郎と吉高由里子の間で大喧嘩が報道されたとされています。

そのため、歌詞には不穏な内容が含まれていますが、これが実際に両者の関係からインスピレーションを得て制作されたものかについては明確な情報はありません。

例えば、「僕は君を許さないよ 何があっても許さないよ」「通り魔に刺され」「死体になった君を見たい」といった、フレーズが楽曲中に見受けられますが、これらが吉高由里子との関係を直接反映しているかは不明です。

野田洋次郎氏自身は、この楽曲が吉高由里子氏との関係に依拠しているという主張を否定しています。

『この曲は彼女と何かトラブルがあって作った訳ではないし、何か悲しい出来事がきっかけで作った訳ではない。ただ、心の中に確かに存在している感情を歌にしただけだ。』

と名言しており、この楽曲の歌詞が実際の出来事に基づくものかどうかは、確証を避ける必要があります。

スポンサーリンク

「野田洋次郎」吉高由里子との復縁はある?

2017年、吉高由里子はTwitter上でRADの「会心の一撃」の歌詞を引用し、「心に足が生えたような感覚で 生きていきたい 身体を追い越してっちゃうような 心で動きたい なっ」と投稿しました。

さらに、「冬晴れの中の春の匂い 時間は常に動いてる 今日が1回しかないのなんて 当たり前なのにね なんだか5、6年前にぴゅいんと戻れそうな気持ちになるのは なんなんだろうね 戻れるわけないのにね ひしひしと感じております さっ❤︎10時から 今日も あなたの1時間私にください」とRADの「前前前世」の歌詞を引用した投稿を続けました。

数日後、野田洋次郎が彼女が出演するドラマ「タラレバ娘」で吉高がロールキャベツを食べるシーンに関連して、「ロールキャベツって素敵 あらゆる角度から素敵」と投稿しました。

このような間接的なラブラブなやり取りにより、ファンは「もしかして復縁してるの?」と期待を寄せましたが、その後、ふたりが密会したり一緒にマンションに入ったりするような報道はなく、復縁の実現はありませんでした。

その後も、稀に間接的なアンサーのやり取りが見られ、ある時期には野田洋次郎が「楽しかったよね」とのひと言を添えた投稿を行いました。

この投稿により、多くのファンがほっこりと感動し、リツイートを行いました。

関係には様々な出来事がありましたが、現在では互いに良い思い出として捉え、ハッピーエンドを迎えたと言えます。

スポンサーリンク

「野田洋次郎」吉高由里子との破局理由について

2015年2月に、光文社の雑誌「FLASH」にて、野田洋次郎と吉高由里子の破局が報じられました。

報道によれば、野田からの別れを告げる形での破局であり、その後、吉高の親友であるハリセンボンの近藤春菜らが「吉高を慰める女子会」を開催したとされています。

2013年に報じられた前回の破局時には、日常的な喧嘩が原因とされていました。

さらに、同年秋にはNHK連続テレビ小説『花子とアン』のヒロインに抜擢されたことで吉高がプレッシャーに押しつぶされ、野田に強く当たったことから、一時的に別れることとなりました。

2015年の破局の理由については、野田が2014年2月22日に出版した書籍の日記に示された心境から考察されています。

日記には、当時から別れを意識した言及が見られ、

『終わりなら終わりってわかりたい。力を注いでいいなら注ぎたい。全力で。誰のためにも、誰の幸せにもならないことに、このただでさえ小さな、俺の全力は使えない。』

と述べられています。また、2015年6月10日の日記には、吉高への熱烈な想いが綴られています。

報道によれば、破局の理由は基本的に吉高由里子の不安定な内情に起因しているとされています。

彼女の精神状態が大きな影響を及ぼし、特に彼女が担当していたマネージャーの退社が重要な要因とされています。

それまでにも喧嘩が多かったふたりでしたが、吉高の精神的な不安定さがさらに増し、破局の結末を迎えることとなりました。

スポンサーリンク

「野田洋次郎」歴代の彼女と今の彼女は?

歴代彼女まとめ

?~2006年6月、2006年8月~2008年7月一般人 マキ
2011年臼田あさ美
2011年~2015年吉高由里子
2014年波瑠
2017年1月前田敦子
2017年3月長澤まさみ
2019年上白石萌音
2022年5月馬場ふみか
2022年8月弘中綾香似の美女

現在の彼女は弘中綾香アナ似の美女

2022年8月26日に発表された「女性セブン」の記事によれば、野田洋次郎が合コンでの美女との関係が報じられました。

記事によれば、野田は仕事関係者の誕生日を祝った後、合コンに参加し、朝5時頃までカラオケを楽しんだと伝えられています。

この合コンには男女6人ほどが参加し、野田の親友である松田龍平の妹である松田ゆう姫も含まれていたとのことです。

合コンの後、野田は弘中綾香アナウンサーに似た美女と共にタクシーに乗り込み、自宅に向かいました。

野田が先に帰宅し、その後、女性はタクシーで周辺を回った後、時間差で野田の自宅に入ったと報じられています。

さらに、路上で手を握ったり見つめ合う様子が激写され、親密な関係が推察されました。

また、野田が最近結婚願望が強くなっているとも報じられており、今後の二人の関係に注目が集まっています。

スポンサーリンク

「野田洋次郎」ネックレスに帽子、そして流暢でかっこいい英語がモテる理由?

FOREVER DAZE 15th Anniversary Box (初回限定盤 CD+Blu-ray+64p PHOTOBOOK)
RADWIMPS | 2021年11月23日発売

野田洋次郎の魅力は、容姿ではなく、そのアーティストとしての才能やトータルな人間性にあると考えられます。

以下では、野田の経歴を振り返りながら、彼がイケメンでかっこいいとされる理由について考察していきます。

野田氏は1985年7月5日生まれの31歳で、東京都出身です。

幼少期にはアメリカのテネシー州やカリフォルニア州に住んでおり、その経験から英語が流暢であるとされます。

中学校卒業後に再度日本に戻り、慶應義塾大学に進学しましたが、バンド活動に専念するために中退しています。

彼はRADWIMPSのボーカルとギターを担当していますが、その他にもベース、ドラム、ヴァイオリン、ピアノ、キーボード、シンセサイザーなど、多彩な楽器を演奏できる才能を持っています。

また、彼の音楽に対する影響を受けたアーティストとして、英国出身のロックバンドであるオアシスのノエル・ギャラガーを挙げています。

RADWIMPSは2001年に結成され、その後の活躍は多くの人に知られています。

彼らの経歴を振り返ると、一般的な大衆アーティストの基準である紅白歌合戦への出場も果たしています。

野田は歌唱力が高く、楽器演奏の技術も優れています。

また、高身長でファッションセンスもあり、私服のセンスも抜群です。

これらの特徴から、彼は多くの人から魅力的な存在と見なされています。

彼はアーティストとしての活動に留まらず、俳優としても活動しています。

2017年にはドラマ「100万円の女たち」で初主演を果たし、その他の映画作品でも主演を務めています。

特に映画「トイレのピエタ」では、第39回日本アカデミー賞・新人俳優賞や第70回毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞を受賞するなど、その演技力が高く評価されています。

また、彼の出演作品には、共演者の大竹しのぶさんや宮沢りえさんが出演した映画「トイレのピエタ」のオファーに関しても、野田自身の脚本への興味やRADWIMPSのファンであることが影響したとされています。

以上のように、野田は音楽性や演技力などのアーティストとしての才能が優れており、彼の魅力は容姿だけでなく、そのトータルな人間性によるものと言えます。

野田洋次郎の記事が好きだった人は下記の記事もおすすめ▼

タイトルとURLをコピーしました