スポンサーリンク

ヒロイン可愛いさがえぐい「ゴブリンスレイヤー」剣の乙女や勇者の強さを紐解く

ゴブリンスレイヤー
※本ページはプロモーションが含まれています。

引用:Pixiv Ken様 AIイラスト

この記事を読んで「ゴブリンスレイヤー」の分かる事
▶この漫画の読み方と略称、おおよそのあらすじと登場人物
▶漫画の見どころと面白いと納得できる点
▶恋愛対象のヒロインのまとめ
▶剣の乙女や勇者の強さはどのくらいか
▶raw・zip・pdf等、違法サイトで読むのは止めたほうがいい理由
▶えぐい、グロい、怖いなどの評価について

ゴブリンスレイヤー』(GOBLIN SLAYER! 〜He does not let anyone roll the dice〜)は、蝸牛くも 氏によるライトノベル作品であり、キャラクター原案は神奈月昇、足立慎吾(※イヤーワン)、lack(※鍔鳴の太刀)によるものです。

この作品は、GA文庫より2016年2月から刊行されており、出版はSBクリエイティブによって行われています。

また、「このライトノベルがすごい! 2017」(宝島社刊)の文庫新作部門で第1位を獲得しています。

ジャンルはハイファンタジーおよびダークファンタジーで、物語は辺境のギルドに所属する冒険者たち、特に「ゴブリンスレイヤー」と呼ばれる男性が、ゴブリン討伐を通じて銀等級(序列三位)に昇り詰め、その仲間達による活躍を描いています

この作品は、雑談の中で生まれたアイディアから始まり、「ドラゴンでもニンジャでもなく、雑魚であるゴブリンを狩り続ける冒険者がいるとすればどんなやつなのか」という考察に基づいています。

伝説や英雄になりきれないキャラクターの苦闘や死闘、生活などが丁寧に描写され、雑魚モンスターであるゴブリンが「一般人では対処できない冷酷かつ狡猾な敵」として再定義され、残酷な描写が際立っています。

また、この作品はファンタジーRPGのような概念(例: HPやMP)を持っておらず、戦闘においては手足が欠損したり、頭を殴られたりすると実際のダメージが生じ、死亡することがあります。

一つの誤りが致命的な結果につながる現実的な描写が特徴であり、一般的なファンタジー作品とは異なるリアルな要素が盛り込まれています。

一方で、原作者が尊敬する作品からの引用やパロディが幅広く取り入れられ、作中ではさまざまなスラングが頻繁に使用されています。

ただし、版権的な問題から名前が言及できない作品については、「名前を言ってはいけない」という扱いをしています。

作風としては、TRPGを意識しているようで、キャラクターが行動や判断をする理由が明確に述べられ、キャラクターの心情を無視した行動や展開は極力避けられています。

スポンサーリンク

「ゴブリンスレイヤー」どこで読める、観れる?

ドコモユーザー以外なら【ebookjapan】


★今ならクーポンでお得に買えて『各528円➡︎158円』になります!!

  • 70%OFFクーポン×6枚をもらえる
  • PayPayポイントがザクザク貯まる&使える
  • 日替わりクーポンの割引率がどこよりも高い
  • ソフトバンクユーザーは最大35%OFFで買い物できる
  • その他ユーザーも最大18%OFFで買い物できる(毎週金曜)

\「ゴブリンスレイヤー」がお得に読める!/

ドコモユーザーなら【dブック】

★今ならクーポンでお得に買えて最大『各528円➡︎71円』になります!!

  • クーポンで一冊あたり71円~と、他の電子書籍サービスと比較してもリーズナブル
  • ドコモポイントがザクザク貯まる&使えるので、ドコモユーザーに嬉しい。
  • 使いやすいインターフェースを備えており、初めての方でも簡単に操作できる。
  • 定期的にセールや割引キャンペーンがあり、お得に購入するチャンスが沢山。
  • 初回50%割引クーポンが利用でき、「dブック毎日くじ」で更にお得に。
\「ゴブリンスレイヤー」がお得に読める!/

アニメを観るなら【dアニメストア】

★今だけ、はじめての方限定で『初月無料』になります!!

  • 月額550円の料金で、4,200以上のアニメ作品が見放題
  • ドコモポイントがザクザク貯まる&使えるので、ドコモユーザーに嬉しい。
  • 使いやすいインターフェースを備えており、初めての方でも簡単に操作できる。
  • アニソンライブや2.5次元ミュージカルなどのコンテンツも充実
  • 地上波のリアルタイムで放送されている最新作から過去の名作まで視聴可能

\「ゴブリンスレイヤー」がお得に観れる!/

スポンサーリンク

「ゴブリンスレイヤー」あらすじ

物語は、最も低いランクのモンスターであるゴブリンを専門に狩る冒険者である「ゴブリンスレイヤー」の活躍を描いた作品です。

この作品に登場するゴブリンは、一般的なファンタジー作品に登場するものとほぼ同様ですが、世界観に基づいて現実的に描かれています。

個々のゴブリンは1〜2匹であれば、力自慢の村人でも倒すことができるほど弱い存在ですが、群れを組んで残忍で狡猾な手段で人間の集落や冒険者たちを襲い、油断すると村を壊滅させる危険性を秘めています。

知恵や統率力に秀でたゴブリンロードや、英雄級の戦闘力を持つゴブリンチャンピオンなどの強力なリーダーが率いる群れは、大きな都市にとっても脅威となり得ます。

特に、ゴブリンに対する冒険者ギルドからの依頼が多い一方で、依頼者の多くが経済的に恵まれていない貧しい村であり、そのため報酬が限られているという状況が見受けられます。

一般的には弱い存在と見なされるゴブリンを討伐しても名声は得られず、このために新米冒険者が依頼を引き受けることが一般的であり、社会的な問題となっています。

しかしながら、熟練した冒険者であっても場合によっては死に至る危険が伴う依頼が存在し、それにもかかわらず新米の冒険者は知識不足や経験不足から油断しやすく、結果としてゴブリンたちの獲物となるケースが見受けられます。

こうした状況下で、男性は殺され、女性は拉致されて陵辱され、最終的にはゴブリンたちの増殖のための孵化場とされてしまいます。

このような過酷な社会において、ゴブリンスレイヤーは決して油断せず、様々な技術や知識を駆使し、冷静にゴブリンだけを狩る存在として描かれています。

スポンサーリンク

「ゴブリンスレイヤー」面白い?見どころは?

『ゴブリンスレイヤー』は、モンスターの中で最も下級に位置するゴブリンを専門に狩る主人公の物語です。

しかしながら、この作品の世界観は緻密に構築され、通常は取り扱いが避けられるゴブリンというキャラクターが実際にどれほどの脅威をもたらし、どのような被害をもたらしているかといった設定が細部にわたって描かれています。

これにより、従来のファンタジー作品では見過ごされがちだったゴブリンというキャラクターに対する視点が変わる可能性があります。

作品では登場人物たちの名前が示されない部分や、主人公が鎧に身を包み素顔を晒さないという謎めいた設定が魅力的に描かれています。

登場人物の名前が公にされていない理由は、読者が自ら名前を創造することで作品をより楽しんでいただきたいという原作者の意図があります。

こうした設定もRPGのゲームを楽しむかのような要素があり、ファンを引き込む一因となっています。

漫画版では美麗な絵柄で描かれ、女性キャラクターも魅力的なビジュアルで表現されています。

一方で、エッチなシーンも登場し、時には人前で見るには抵抗があるような描写も含まれています。

しかしこの作品では、その一方でお色気とは対照的な、強烈な印象を与えるハードな場面も展開されており、物語の面白さを一段と高めています。

例えば、第5巻では主人公が絶体絶命の状況に陥り、読者を緊張感に包まれた展開が待ち受けています。

こうした描写には耐性のない読者にとっては辛い瞬間も含まれるかもしれませんが、そのような緊張感と緩急が作品の魅力を引き立てている要素であると言えるでしょう。

また、『ゴブリンスレイヤー』が注目される理由の一つに、主人公の復讐の要素が挙げられます。

物語はゴブリンを倒すという単純なものではなく、主人公がなぜゴブリンに執着するのかが明確に描かれています。

主人公の過去については詳細な描写はないものの、ハードな展開が見られるため、ゴブリンによる主人公の姉への襲撃とその結果、姉が命を落としてしまったことが予想されます。

『ゴブリンスレイヤー』の外伝では、主人公が冒険者として最初の討伐を行ったエピソードも描かれています。

小説版ではより多くの情報が提供され、心理描写なども含まれているため、未読の方には小説版から入ることが勧められることもあります。

『ゴブリンスレイヤー』を初めて知る人々にとって、アニメの序盤が大きなインパクトを与えたことも特筆されます。

物語の序盤で登場したキャラクターたちがゴブリンに襲われて全滅するという展開は、ゴブリンスレイヤーの登場を前にした重要なプロローグであるにもかかわらず、視聴者にとってはメインキャラクターとして認識していた人物たちが非常に過酷な結末を迎えるという衝撃的な瞬間でした。

このような印象的な開始があったことから、その後の展開に興味を持ち、アニメの視聴を続けるファンも多かったことでしょう。

近年のアニメ作品では予測不可能な要素が増えていますが、『ゴブリンスレイヤー』もその中で注目される作品の一つと言えるでしょう。

\「ゴブリンスレイヤー」がお得に読める!/
スポンサーリンク

「ゴブリンスレイヤー」登場人物

ゴブリンスレイヤー

辺境の都市におり、特異な性格を持つ冒険者が活躍しています。
単にゴブリン討伐だけでなく、その活動によって銀等級のランクに到達した稀有な存在であります。
彼は常に鉄兜をかぶり、寡黙な青年として知られています。
幼少期に故郷の村がゴブリンに襲撃された経験から、ゴブリンの殲滅に対して強い執着を抱くようになりました。
精緻な戦いぶりは、その幼少期の経験に根ざしていることがうかがえます。
牛飼いの娘とは幼少期からの友人であり、彼女の叔父が経営する牧場に下宿しています。
彼の素顔は、戦士としての威厳を備えた良い顔つきをしており、予想外にも美男子であると評されています。

女神官

地母神に仕える神官が、ゴブリンスレイヤーとの冒険に同行しております。
この神聖な使命を果たす少女は心優しく、ゴブリンスレイヤーの無謀な行動に振り回される日々を送っております。
彼女は1日に3回だけ奇跡を行使することができ、その中には小癒(ヒール)、聖光(ホーリーライト)、聖壁(プロテクション)、浄化(ピュアリファイ)、沈黙(サイレンス)の5つの異なる神聖な力が含まれております。
ランクは、白磁等級から黒曜等級へと進み、最終的には鋼鉄等級へと昇進いたします。
この神官は、神聖な使命への献身と共に、ゴブリンスレイヤーとの冒険を通じて成長し続けております。

妖精弓手(ハイエルフ)

ゴブリンスレイヤーと共に冒険を繰り広げる上森人(ハイエルフ)の少女がおります。彼女は花冠の森の姫である森姫の妹にあたります。
冒険者パーティーにおいては野伏(レンジャー)として活動し、その優れた弓術によって知られております。
彼女はゴブリンスレイヤーに対して「オルクボルグ」と呼びかけており、これは特有の愛称として使用されています。
エルフらしい外見で、細身かつ胸が小さいといった特徴を有しておりますが、これに関する揶揄を鉱人導士から受けるたびに口論が勃発しております。
彼女の冒険者としてのランクは銀等級に位置しており、その優れた弓技とエルフの優雅な風格は、仲間たちと共に冒険の中で輝きを放っております。

鉱人導士(ドワーフ)

ゴブリンスレイヤーと共に冒険するパーティーに加わっているのは、ドワーフの術士です。彼はゴブリンスレイヤーを「かみきり丸」と愛称で呼ぶことがあります。
日常的に様々な触媒を駆使し、1日に4~5回ほど呪文を使用することが可能です。
典型的なドワーフの特徴である背が低く、恰幅のある体型を有しており、その風貌について妖精弓手と頻繁に口論を交わしております。
冒険者としてのランクは銀等級に位置し、術士としてのスキルは冒険パーティーにおいて重要な存在です。

蜥蜴僧侶(リザードマン)

蜥蜴人(リザードマン)の僧侶で、ゴブリンスレイヤーを「小鬼殺し殿」と尊称しております。
性格は非常に丁寧かつ紳士的であり、仲間たちとの協力を大切にし、冷静沈着な態度で冒険に臨んでます。
彼は1日に4回まで奇跡を使用でき、その中には竜牙兵(ドラゴントゥースウォリアー)、竜牙刀(シャープクロー)、治療(リフレッシュ)、擬竜(パーシャルドラゴン)の4つの異なる神聖な力が含まれております。
これらの力を使いこなし、仲間たちを効果的に支援しております。
冒険者としてのランクは銀等級に位置しており、彼のタンクなどをこなす、僧兵としての技量は冒険パーティーにおいて不可欠な存在です。

牛飼娘

ゴブリンスレイヤーの幼馴染かつ、彼が居候している牧場にて労働に従事している若女性がおります。
彼女は牧場主の姪であり、その陽気で忠実な性格が特徴です。
日々の仕事に励みつつ、ゴブリンスレイヤーのゴブリン退治からの帰還を心待ちにしております。
その優れた発育を象徴するように、彼女は豊かな胸をお持ちでございます。
これは彼女が成長している証とも言えるでしょう。
彼女の元気な姿勢と期待に満ちた心は、牧場での日々を明るく彩っております。

受付嬢

冒険者ギルドにおいて受付業務に従事する女性。
彼女はゴブリンスレイヤーの担当を務め、通常の高ランク冒険者が躊躇するゴブリン退治の依頼に積極的に応じるゴブリンスレイヤーに深い感謝の念を抱いております。
その容姿は美意識が高く、洗練されたスタイルとオシャレな装いが特徴です。
冒険者ギルドの受付嬢として、仕事においては専念とプロフェッショナリズムを発揮しつつ、ゴブリンスレイヤーに対しては特に感謝の気持ちを抱いています。

剣の乙女

彼女は「六人の英雄」として知られ、10年前に魔人王を打倒した中で、神官階層のトップに位置しています。
彼女は極めて丁寧な言葉遣いを持ち、どんな罪であれ包み込んでくれるかのような女神のような風格を持っています。
また、その目隠しは彼女に闇を抱えたミステリアスな雰囲気を与えており、これらの要素から文句なしの絶世の美女と評されています。
さらに、彼女はゴブリンスレイヤーよりも上位の金等級冒険者であるため、その実力についても気になる点ですが、正直に言ってそれは現在の焦点ではありません。
彼女はゴブリンスレイヤーに対して熱烈な恋のアタックを仕掛け、その行動から彼女は「剣の乙女」から「恋の乙女」へと変貌したかのようです。
また、その抜群のプロポーションは「剣の乙女」のセクシーな魅力を余すことなく表現しています。

スポンサーリンク

「ゴブリンスレイヤー」恋愛対象のヒロインまとめ

牛飼娘はゴブリンスレイヤーとともに幼少期から隣り合わせの幼馴染であり、彼の夢や彼の姉から受け継いだシチューの作り方についても把握しています。

さらに、村の中で二人だけが生き残ったという境遇から、ゴブリンスレイヤーと牛飼娘は特別な絆を築いており、他のヒロインたちとは基盤が異なる関係にあります。

実際、ゴブリンスレイヤーが11話で牛飼娘に避難を促す場面では、ゴブリンスレイヤーが特攻し、死ぬ覚悟を固めていることが看破され、牛飼娘は避難を拒否します。

彼女は暗に「君が死ぬなら私も一緒だよ」と述べ、ゴブリンスレイヤーは困惑します。

結果的には、死なせるわけにいかないという思いから、彼女が姉の復讐や村を全滅させられた復讐のために自殺的な特攻をする方針を撤回せざるを得なくなりました。

牛飼娘を死なせないため(自分が死んで悲しませないため)に、最後まで諦めず最善を尽くすというのが11話の根幹です。

ゴブリンスレイヤーは彼女(牛飼娘)を二度と泣かせたくないという想いから、「行動」を起こし、最後まで諦めず前に進む決意をしました。

牧場主からの「泣かせるな」という言葉は、つまり死んで悲しませるな=死ぬな、という意味も込められています。

海外では単独ヒロインとしては女神官(PRIESTESS)、妖精弓手(HIGH ELF ARCHER)、受付嬢(Guild Girl)などが人気ですが、ゴブリンスレイヤーとのカップリングにおいてはなぜか牛飼娘との組み合わせ(Goblin Slayer x Cow Girl)が安定して人気を集めています。

他のカップリングも時折ランクインしますが、継続的にゴブリンスレイヤー関連で安定してランクインしている人気カップルは牛飼娘とのものだけだと作者によって報告されています。

このことから、ゴブリンスレイヤーのヒロイン競争では牛飼娘が独走しているとのことです。

疑問が生じるかもしれませんが、女神官は作品を代表するヒロインであり、牛飼娘はあくまでゴブリンスレイヤーのプライベートヒロインであると理解されます。

最後に、ネタバレとして女神官が最終話で重要な役割を果たすことが予告されており、多くの見せ場が期待されています。

\「ゴブリンスレイヤー」がお得に読める!/
スポンサーリンク

「ゴブリンスレイヤー」剣の乙女や勇者の強さは描かれている?

剣の乙女の強さ分析

神の奇跡と武技を併せ持つ神官戦士、剣の乙女は、ゴブリンといった脅威が介在しなければ、間違いなく世界トップクラスの英雄とされます。

卓越した神の奇跡と天秤剣を巧みに使いこなす超一流の神官戦士であり、奇跡による魔法や司教としての鑑定能力も備え、その多才ぶりから「万能キャラ」と称されます。

戦闘能力は原作者によれば、銀等級冒険者4人を擁するゴブリンスレイヤー一行でも、比較的容易にソロで倒せるとされるほどの高いレベルを有しています。

彼女は「蘇生」「聖撃」「聖壁」「沈黙」といった高度な奇跡を習得し、切り札としては強力な沼竜(アリゲイタ)の使徒(奇跡による使い魔の一種)をも操ります。

金等級冒険者である「六人の英雄(オールスターズ)」の一員である剣の乙女は、冒険者の等級で序列2位に位置する金等級冒険者です。

10年前には魔神王の一柱を倒し、伝説的なパーティ「六人の英雄」の一員として名を馳せました。

白金等級は勇者専用の等級であるため、金等級は事実上人類の最上位に位置し、国家規模の危機への対処を要求される冒険者たちの中でも、剣の乙女たちの実力は傑出しています。

六人の英雄が打倒した魔神王はレベル「15」であり、レベル「10」以下の存在を即死させる特殊能力を持つ恐るべき存在でした。

彼らがこの化け物に立ち向かい、撃破した事実は、特殊な対策を講じつつの戦いであったにせよ、その卓越性を如実に示しています。

勇者の強さ分析

勇者は赤髪(絵によっては黒髪)で笑顔が眩しい小柄な少女で、年齢は15歳です。

彼女は一人称を「ボク」とし、四方世界において最強とされる英雄の一人です。

天真爛漫な性格を持ちながらも、自制心があり、苦難にも果敢に立ち向かう強さを有しています。

しかしながら、孤児院出身であるため天涯孤独という悲しい過去も抱えています。

勇者であるがゆえに、世界の危機に対応する大きな事件にしばしば挑戦しています。

そのため、一般の冒険者に対する憧れも感じており、普段は勇者として目立つことなく、新人の冒険者として行動している様子が見受けられます。

通常は聖剣を使用しますが、新人冒険者として活動する際には鉄の槍を使用する姿勢も徹底的です。

ゴブリンスレイヤーに登場するキャラクターたちは、生物的なレベルアップが行われない一方で、勇者はRPGゲームのようにレベルアップに応じて能力が向上します。

通常のキャラクターが数回しか使用できないような魔法を5~6回も使用可能であり、HPが0になっても覚醒し、即座に復活する能力を有しています。

この異例の強さは、「白金等級」の冒険者としての存在に起因しています。

一般の人間が到達するのは「金等級」であり、その上位に位置する「白金等級」は勇者専用の等級です。

勇者は歴史上10人目の白金等級の冒険者であり、その強さは圧倒的です。

冒険者としての概念が生まれたのは神代の頃で、鎖帷子の戦士がその初代勇者とされました。

勇者は強さだけでなく、人格も優れていることが条件とされ、「白磁等級」に昇格するには性格も重要とされます。

同様の強さを持っていても、性格に問題があれば「白磁等級」のまま昇格は難しいとされています。

ネタバレを含めて勇者の強さについて紹介しましたが、これまでの功績にも注目が集まることでしょう。

次に、勇者のこれまでの活動や仲間たちについて、ネタバレも交えながら順に紹介いたします。

初めての冒険では、ゴブリン討伐を目指していたところ、偶然にも魔神将と遭遇しました。
それをゴブリンの親玉だと勘違いし、近くに刺さっていた聖剣を使って魔神将を討ち果たしてしまったのです。

その後、魔神王や邪教団、闇人や死人占い師といった多くの強敵と戦い、これまでに世界の危機を救ってきました。

これらの相手は国家レベルの英雄でさえ手がつけられない存在であり、その戦いぶりは非常に印象的です。

なお、物語の焦点がゴブリンスレイヤーにあるため、勇者の活躍には詳細が描かれていない面もあります。

スポンサーリンク

「ゴブリンスレイヤー」グロい、えぐい、やばい、つまらないなどの悪評について

「ゴブリンスレイヤー」は確かにグロくてえぐいシーンが多々あり、時折過激で危険な表現も見受けられます。

特に、ゴブリンによる残虐行為や人間の犠牲が描かれる場面が散見され、そのため苦手な方には注意が必要です。

作品は一般的なアメコミ風のイメージとは異なり、伝統的な日本のファンタジーの雰囲気を持っており、意外性があります。

剣と魔法のファンタジー世界を非常にリアルに描写しているため、その過激な描写が物語全体に強い印象を与えています。

物語冒頭から登場する残虐なシーンでは、女魔術師が愛用していた杖が無慈悲にも破壊され怒る場面が描かれます。

蹴り飛ばされ、怒ったゴブリンは短剣で女魔術師の腹を突き刺すのでした…非常に残虐です。

そして、主人公が子供ゴブリンを殲滅していく中で、その数を数えつつ行動し、その一方で女神官は善良なゴブリンも存在する可能性を訴えます。

主人公のゴブリンに対する複雑な思いが垣間見えるシーンが展開されます。

物語はゴブリンの探索、追跡、戦闘、殲滅という一貫した流れを持ち、主人公はその過程で次々と新たなアイデアを考え出し、実行していきます。

彼のゴブリンに対する戦いに対する情熱が、時には楽しさとして現れると共に、成功や失敗によって変化していく様子が描かれています。

ならば次はどう殺そうか、どう殺せばよいかに何ヶ月と考え続けます。

機会があれば思いついたアイデアを片っ端から試していき、そうしているうちに楽しくなってくると語る狡猾なゴブリンスレイヤー。

ゴブリンはもちろんの事、主人公のゴブリンスレイヤーもグロい、えぐいに相当する描写があるので、抵抗を感じる人もいるとは思います。

リアリティを追求する人にとっては、逆にそこが良いと言う人もいるので、賛否両論ですね。

created by Rinker
ブシロード(BUSHIROAD)
¥4,040 (2024/06/13 12:27:20時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

「ゴブリンスレイヤー」raw・zip・pdf等、違法サイトで読むのはやめよう

漫画が、zip、rar、pdf、rawなどのファイル形式で海賊版サイトに違法にアップロードされている場合であっても、絶対に利用を避けるべきです。

海賊版の漫画サイトの利用は、単なる著作権の侵害だけでなく、法的に重大な問題を引き起こす可能性があります。

漫画を閲覧するだけでなく、ダウンロードやアクセスすること自体が刑事罰を引き起こす可能性があります。

特に、2021年1月の法改正により、漫画や雑誌なども違法アップロードの対象となりました。

また、海賊版サイトを利用することはデバイスのウイルス感染や、クレジットカード情報の不正取得など、さまざまなリスクを伴います。

安全かつ合法な方法で漫画を楽しむためには、公式なサービスを利用することが重要です。

また、令和3年1月1日以降、インターネット上で明らかに違法にアップロードされたコンテンツを知りながら、それをダウンロードする行為も広範囲にわたり違法となります。

これにより、刑事罰の対象となる可能性もあります。

違法なコンテンツのダウンロードや利用は絶対に避け、法律を順守するよう心がけましょう。

スポンサーリンク

最期にまとめ

『ゴブリンスレイヤー』は、ダークファンタジーの要素を取り入れ、冒険者やモンスターとの過酷な戦いを描いた作品です。

独自の雰囲気を持ち、ダークファンタジーの愛好者にとっては興味深い作品となっています。

ただし、その表現やテーマが視聴者の好みによるものであるため、一概に全てにおいて好評とは言い切れません。

ですが、物語の中で主人公や周りのキャラクターの心境の変化や優しい思いやりなど、ダークファンタジーに反する「温かさ」があり、読者もそれを感じる事ができるでしょう。

この記事を読んで「ゴブリンスレイヤー」が読みたくなった、更に好きになったと思って頂けたら幸いです。

\「ゴブリンスレイヤー」がお得に読める!/

「ゴブリンスレイヤー」が好きな人は下記の記事もおすすめ▼

「葬送のフリーレン」どこで読める?おすすめ漫画アプリはいつまで全話無料?
ebookjapanは「葬送のフリーレン」の正式に取り扱いされている作品なので、安全かつ安心して読む事ができます。Yahoo!アカウントを持っている方であればログインも簡単ですし、アプリをダウンロードするだけで簡単に読む事ができます。
タイトルとURLをコピーしました